Admin New entry Up load All archives

    Tsuruki Jun<鶴木遵>の原風景 《絶対零度》

    鶴木遵の本、新しい挑戦、趣味である競馬、将棋の駒、男の手料理、めだかやミジンコ飼育、犬猫のよもやま話、など四季折々に感じたことを発信していきます。

    5月5日こどもの日、大内9段と ~at kagurazaka 

    DSCN2446.jpg

    5月5日こどもの日。
    山を下りると、町なかには朝早くからどこから集うのか観光客が溢れていた。さほど広くはない道々では12月の夜祭り以外にはあり得ないほどの車が渋滞模様になっている。都内近郊から荒川の上流に、美味しい空気や花々に溢れる景色や清流の景観を身近に楽しむには、さほど遠くはないからいつもこの季節は賑わうのだ。でも観光に無関係な生活者とすると、うっとおしい渋滞でもある。

    そんな中、私は観光客らとは敢えて逆方向に、東京神楽坂に向かった。
    昼過ぎに、確かJC以来久し振りに大内9段と会ったのである。

    前夜から少し体調を崩されていて、あまり食欲もない体調だったのに、それでも以前からの約束を守っていただいて、ありがたく好意に甘えてしまった次第だ。
    それでも、いざ話し始めると、いつもの江戸っ子気質の大内9段だったのでひと安心。
    その後約2時間。いろんな話をした。

    私の同行者は私以外に一人。まあ、謎の人物としておこう。その彼に参考資料として預け放しにしておいた初代竹風作の彫り駒が、久し振りに戻って来た。ついでに盛り上げ駒しか作ってはいない作者の「大内怒涛流」の彫り駒の根付と、駒師蜂須賀作(これも以前にご本人から送っていただいたものだ)の「菱湖」雛駒サイズの玉将の根付も戻ってきた。久し振りに手元に戻ってきた蜂須賀作の根付を改めて見直すと、「彫りの蜂須賀」がこだわる字母世界が浮き上がってくる。流れるような線の勢い。ときに細く、時には大胆に太く。筆のタメと撥ねの勢いが、小さな根付であっても伝わってくる。この字母には、木地師杉亨治が所有する傑作の影水「菱湖」を土台にして「彫りの蜂須賀」が彼流に施した手法が込められている。現時点で人気も高い完成した字母ともいえるのだ。完成するまでのプロセスでは、おそらく書に詳しい荒川晃石も参加していたのではないだろうか。
                                   DSCN2445.jpg

    ともあれアイスコーヒーを飲み、タバコを吸いながらの楽しい2時間。
    将棋界にまつわる話題では、大内9段は言った。
    「いや、これからはちゃんとマネージメントできる外部の方のお力を借りなければいけません。外部の方たちと親交がある理事でなければ、そんなお力を借りることもできません」
    御蔵島の黄楊も話題となった。
    「いやその昔に大山先生に御蔵島に行こうと誘われたんですよ。でも行かなかった。で、この歳になっても残念ながらまだ御蔵島には行けてないんです。心残りですねぇ」
    このとき大内9段は、板木地から駒の1個単位に加工されて更なる乾燥と仕上げの加工を待っている駒木地たちの箱を覗いて匂いを嗅いだ。
    「木はね、匂いを嗅ぐと乾燥の度合いも測れるんですよ」
    いや、この仕草は経験がなければできないものだと、感心せざるを得なかった。

    この場を締めたのも大内9段だった。3組の彫り駒の作品を見ながら言った。
    「棋士の棋譜にも、こうした手造りの作品にも、作る人の人間性はきちんと表れるんですよ。棋譜だと、その瞬間に相手のミスを期待していたなら、その何処か卑しい心持ちまでずっと残ってしまうんです。作品というのは怖いもんですよね・・・」
    私たちはそっと頷いていた。

    そう言えばこの私も数年前に、高邁な文化を語りながらも、その実態は?という人種に出会って、心がいっきに冷めたことがある。
    「一途で人が良いだけだと、人物判断を誤りますよ」
    そう諭してくれたのも大内9段だった。
    かつて10年ほど密に取材を重ねた敬愛する伊藤雄二元調教師にも心に残る教えを受けたことがある。これも忘れられない言葉である。
    「何か事が起こった場合、おおかた感情を高ぶらせる側にね、何か後ろめたい部分があるんです。何もなければ普通にしていればいいんですから・・・」

    こんな人生の先輩方の経験に富んだ言葉は重く響いてくる。

    同行者と別れて、帰宅したのは夜8時前だった。その時間にはさすがに観光客の姿はなかったが、近くの国道の渋滞は依然として続いていた。





    category: 日々流動

    CM: 2 TB: 0   

    いやはや、春の雪 

    DSCN2398.jpg
    昨夜、午前0時を過ぎた頃に、GC(グリーンチャンネル)のライブでドバイワールドCデイを見始めた。
    UAEダービーでルメール騎乗のエピカリスが、ゴール直前に差し切られて惜しまれる2着だったのは、録画中継だったが、ドバイターフ(芝1800m)から、ドバイシーマクラシック(芝2410m)、1着賞金600万US$のドバイワールドC(ダート2000m)まで、馬券は買わなかったが楽しんで、アッという間に時間が過ぎていった。

    ドバイターフは、モレイラ騎乗の日本の4歳牝馬ヴィブロス(去年の秋華賞馬だ)が、外から差し切って勝利した。後方に控えて直線でアウトに導き外から差し切ったのだから、モレイラの自在な騎乗は特筆ものだった。

    だが何といっても圧巻だったのは、ドバイワールドCのマイク・スミス騎乗のアロゲート。スタートで出遅れて最後方。そこから終わってみれば圧勝なのだから、馬の強さは圧倒的だった。このレースには日本馬4頭が出走していたが、辛うじて武豊騎乗のアウォーディーが5着となったのが精一杯で、世界の壁の厚さを再認識する結末だった。

    午前2時前に横になって、今度は以前に録画しておいた銀河戦の真田vs青島戦を眺めながらウトウトし始めて、ついにはそのまま寝入ってしまった。

    で、朝目覚めて外を見ると、何と3月後半の春の雪。山は一面の雪景色で、白い化粧をしていた。

    いやはや、何としたことか、予想もしていなかっただけに言葉も出なかった。

    昨日とはうって変わって寒さを感じるが、風邪に気をつけて、午後3時40分の中京・高松宮記念を観守ることにしよう。
    それにしても、まだドバイの興奮が冷めやらぬから、何となく変な気分なのだが・・・。

                            DSCN2399.jpg







    category: 日々流動

    CM: 0 TB: 0   

    春・花いっぱいの始まり 

    啓蟄の日を過ぎると、春の足音が加速してくるようだ。
    今朝、庭に出ると、水仙がもう蕾を膨らませていた。

    DSCN2394.jpg

    水仙はたいしたものだと、この季節になるといつも感じ入る。私などは、ものぐさで普段から手入れなどはしていないのだが、地中でしっかりと根を張って、毎年決まって花を咲かせてくれるのだ。近くには、小さな子孫まで増やして、それはもう花を開かせてもいた。
                           DSCN2395.jpg

    標高550m(スカイツリーのてっぺん辺りか)の山暮らしは、まず、この水仙の開花から、冬眠から目覚めた蛙の産卵、平地より遅れて梅が花開き、すぐに桜へと続いて春の盛りを迎えて行く。外の景色は、緑一色に向かって、まだそれほど気温は高くはなっていないのに、確実に変化(ヘンゲ)しているのだ。ワンダフル‼というしかない。

    外とは違い、居間はさほどに季節感はないのが不思議だ。

    というのは、     DSCN2396.jpg 
    生育環境がたまたま適しているのか、こんな花たちが1年中(冬の間さえも)咲き続けているからだ。こんなこともある。ならば、ミツバチの巣箱でも置いて蜂蜜でもと考えるが、まだ実行には至ってはいない。

    昨年秋に300円ほどで購入したシクラメンも。少し大きめの鉢に植え替えてみたら、元気いっぱいで成長している。もう4か月花を咲かし続けている。           DSCN2397.jpg

    そろそろ私も冬眠状態から醒めなけりゃなと思い始めた今朝早く、オンデマンドで「藤井聡太・炎の7番勝負」の初戦、対増田康宏4段(若手の注目株的存在である)戦を好奇心で見てみたが、なるほどと感嘆させられる97玉から、数手後には1筋からの読み切りの寄せ。容赦のない勝負の切れ味を見せつけてくれた。噂通りの新しい才能を実感させられた心地よい衝撃に、寒さに怠けた冬眠気分も、いっきにどこかへ飛んで行ったようだ。

    囲碁の大西龍平と将棋の藤井聡太。やはり大きく育って、絶えず花咲き誇らせて欲しい逸材である。








    category: 日々流動

    CM: 0 TB: 0   

    久し振りの中野「廣」の会 

    JT

    2月は、とにかく風邪をひかないように(脊髄を病んで以来、いちど患うと尾を引いて大変なことになるのは判っている)、ひたすら静かに、おとなしく、こっそりと過ごしていた。

    そんな暮らしでも、例えばこの時期に最高においしくなるほうれん草を食して楽しんだり、毎朝決まって訪ねてくるヒヨドリや小鳥たちに食パンをやったりして、何とか時の過ぎるのを待っていたということだ。

    でも昨2月28日夜、久し振りに中野「廣」の会が催されることになり、午後から東京に出た。
    池袋から高田馬場、東西線に乗り換えて2つ目の駅が中野である。新宿周りではなく、このルートなら意外に近いのだ。

    会は6時から。いつものように2Fのソファールームのテーブルには、ママさん手作りの各種大皿料理が並び、生ビールから日本酒、焼酎まで飲み放題。優駿4代目編集長だった故福田喜久男を知る競馬会OBや、現「優駿」担当責任者のYさんまで、それにいつもの優駿招待メンバーが揃って、合計10人ほどの会となった。出世の階段を昇るTさんも私用が早くに終わって駆けつけてくれた。

    それからのことは、話すまでもない。和気あいあいの雰囲気の中で、互いの会話も酒量も弾み、皆が赤ら顔で楽しく過ごした。

    ついでに次は7月下旬に開催と性懲りもなく話が決まった8時45分ごろ、私は池袋発9時半のレッドアローに乗るために後ろ髪を引かれるようにひとり先に店を出た。10時半のレッドアローでも帰り着くのだが、これは直通ではなく飯能止まりで、そこから各駅に乗り換えねばならず、念のため風邪をひかないように自制心を発揮せざるを得なかったのだ。

    まあ、しょうがない。この季節、朝まで東京の裏町を放蕩する元気もないし、2日前の中山記念ではデムーロ・ネオリアリズムではなくルメール・アンビシャスから流して余分な小遣いも失くしていたのだから。フェブラリーSをデムーロが勝ったのだから、今度はルメールの番だと思い込んだのが失敗だった。せっかくアンビシャスに乗らない横山典には少しだけ着目していたのだが、それも後の祭りで・・・。でも、美味しい雰囲気と料理だったからヤケ酒ではありませんでした、ハイ。

    11時には家に帰り着いて、改めて皆さんの楽しい笑顔を想い出しながら、ベッドに入ったが、何故かなかなか寝付けなかったのは、どうしてなのかは判らない。判らないから考えていると、余計に寝付けなくなって、結局、空が明るくなるまで寝返りを繰り返していた。
    これもまた今日を生きるということなのだろう。





    category: 日々流動

    CM: 0 TB: 0   

    ペインクリニック~医師小沢みどりのこと 

    s322205_1.gifHOSPEX Japan 2015 HPより

    1962年東大医学部麻酔科に、若杉文吉医師の手によって初めて創設されたのが、ペインクリニックという医療ジャンルだった。

    ペインクリニックというのは、簡略に言うと、「肉体に痛みがある場合、局所麻酔薬によって必要な部位で神経回路をブロックして、神経レヴェルでの痛みの循環を断つことで、炎症を抑え血行を良くして、人間の自然治癒力を効果的に促進させようとする治療である」

    レントゲン透視をしながら、麻酔剤を打ち、次に神経部位に達するように見るからに太く長い注射を施すから、一度でも効果を実感しないと思わず恐怖感すら抱いてしまう。施術後には、麻酔が効いているからベッド上で2,3時間は安静にする必要もある。

    若杉医師は、その後関東逓信病院ペインクリニック科部長を経て、慈恵医大の教授に迎えられ、その教えは、新潟大医学部出身の慈恵医大教授湯田康正医師に継がれ、この二人が日本のペインクリニック治療の第1世代を担った。

    東大医学部出身の小沢みどりは、この二人の先駆者から学んだ第2世代のトップ医師となり、慈恵医大から、小岩の病院を経て、本郷に自らのペインクリニック診療所を立ち上げ、毎日数十人の患者に精力的に治療を行っていた。

    私自身も、小沢みどりが作家山野浩一のつれ合いとなってから運良く出会いを得て、言わば「患者としての追っかけ」を務めてもいたのである。第7胸椎の異常を手術してくれたのが、日本の整形外科学会に君臨する東大医学部出身で当時虎の門病院にいた立花新太郎医師であり、この立花医師がかつては同輩が経営していた小岩の病院で週末の土曜だけ診療を担当していたのだが、そこに小沢みどり自身もいた縁もあって、整形外科的治療を終えて以後、まだまだ様々な身体の異常に悩んでいた私を、ペインクリニック患者として引き受けてくれたのである。

    筋肉の麻痺や痙攣、知覚異常・・・挙げればきりがないほどの症状を抱えた私に、今があるのも、14時間の外科的手術によって相当程度の改善を施してくれた立花医師と、それでも残った症状の緩和に努力してくれたのが小沢みどりだったということである。

    その小沢みどりが、久々の休暇を取ってオーストラリア旅行をする寸前の10年前の夏、ひとり自分の診療所に向かう途中の吉祥寺駅で倒れたのである。このとき小沢みどりの脳には血栓によって酸素を供給することができなくなっていた。救急車で運ばれた病院では、実はもうほとんど処置ができないと判断されもした。

    しかし山野浩一の看病や看護に関わる多くの人たちのケアを受けながら、何とか自力で食べ物を飲み込めるまでになり、その後10年の間、脳の破壊はあっても、生き延びてきたのである。

    小沢みどりの本郷の診療所は、学生時代の麻雀友達だった今や著名の弁護士永沢徹が、後見して後始末を引き受けてくれたことも幸いした。診療所には、高額なリース契約による医療機器が取り揃えられていて、契約解除することも、永沢徹弁護士の手腕がなかったらできない相談だったのである。

    昨日2月12日。住まい近くの八王子京王プラザ4Fで、晴れて生き残った小沢みどりの還暦を祝う会が催された。

    集ったのはおよそ50人。永沢徹弁護士もいたし、元患者であったJRA前理事長や社台RHの吉田晴哉追分ファーム代表もいた。
    同じテーブルで隣り合わせたローマ史の東大名誉教授本村凌二も元患者だった。

    宴の終わり頃、私は車いすの小沢みどりに近寄って、
    「みどり先生、鶴木ですよ。お久しぶりです」
    と肩に手を置いて声を掛けた。そのとき小沢みどりは、かつてはペインクリニックの神の手でもあり、今は細く小さくなった手で、そっと手を握り返してくれた。
    あれと思って思わず顔を覗き込んだが、その後は目を伏せるような表情で、小さく顎を揺すったままだった。

    どうしたんだろうと横を見ると、ケアをしている女性が、「それはどこかで判っているという反応なんです」と説明してくれた。

    その言葉こそ、今日、生まれて初めて八高線に乗って、ここに来て良かったと、心の底からそう思えた瞬間となった。






    category: 日々流動

    CM: 0 TB: 0