Admin New entry Up load All archives

    Tsuruki Jun<鶴木遵>の原風景 《絶対零度》

    鶴木遵の本、新しい挑戦、趣味である競馬、将棋の駒、男の手料理、めだかやミジンコ飼育、犬猫のよもやま話、など四季折々に感じたことを発信していきます。

    久し振りの中野「廣」の会 

    JT

    2月は、とにかく風邪をひかないように(脊髄を病んで以来、いちど患うと尾を引いて大変なことになるのは判っている)、ひたすら静かに、おとなしく、こっそりと過ごしていた。

    そんな暮らしでも、例えばこの時期に最高においしくなるほうれん草を食して楽しんだり、毎朝決まって訪ねてくるヒヨドリや小鳥たちに食パンをやったりして、何とか時の過ぎるのを待っていたということだ。

    でも昨2月28日夜、久し振りに中野「廣」の会が催されることになり、午後から東京に出た。
    池袋から高田馬場、東西線に乗り換えて2つ目の駅が中野である。新宿周りではなく、このルートなら意外に近いのだ。

    会は6時から。いつものように2Fのソファールームのテーブルには、ママさん手作りの各種大皿料理が並び、生ビールから日本酒、焼酎まで飲み放題。優駿4代目編集長だった故福田喜久男を知る競馬会OBや、現「優駿」担当責任者のYさんまで、それにいつもの優駿招待メンバーが揃って、合計10人ほどの会となった。出世の階段を昇るTさんも私用が早くに終わって駆けつけてくれた。

    それからのことは、話すまでもない。和気あいあいの雰囲気の中で、互いの会話も酒量も弾み、皆が赤ら顔で楽しく過ごした。

    ついでに次は7月下旬に開催と性懲りもなく話が決まった8時45分ごろ、私は池袋発9時半のレッドアローに乗るために後ろ髪を引かれるようにひとり先に店を出た。10時半のレッドアローでも帰り着くのだが、これは直通ではなく飯能止まりで、そこから各駅に乗り換えねばならず、念のため風邪をひかないように自制心を発揮せざるを得なかったのだ。

    まあ、しょうがない。この季節、朝まで東京の裏町を放蕩する元気もないし、2日前の中山記念ではデムーロ・ネオリアリズムではなくルメール・アンビシャスから流して余分な小遣いも失くしていたのだから。フェブラリーSをデムーロが勝ったのだから、今度はルメールの番だと思い込んだのが失敗だった。せっかくアンビシャスに乗らない横山典には少しだけ着目していたのだが、それも後の祭りで・・・。でも、美味しい雰囲気と料理だったからヤケ酒ではありませんでした、ハイ。

    11時には家に帰り着いて、改めて皆さんの楽しい笑顔を想い出しながら、ベッドに入ったが、何故かなかなか寝付けなかったのは、どうしてなのかは判らない。判らないから考えていると、余計に寝付けなくなって、結局、空が明るくなるまで寝返りを繰り返していた。
    これもまた今日を生きるということなのだろう。





    category: 日々流動

    CM: 0 TB: 0   

    ペインクリニック~医師小沢みどりのこと 

    s322205_1.gifHOSPEX Japan 2015 HPより

    1962年東大医学部麻酔科に、若杉文吉医師の手によって初めて創設されたのが、ペインクリニックという医療ジャンルだった。

    ペインクリニックというのは、簡略に言うと、「肉体に痛みがある場合、局所麻酔薬によって必要な部位で神経回路をブロックして、神経レヴェルでの痛みの循環を断つことで、炎症を抑え血行を良くして、人間の自然治癒力を効果的に促進させようとする治療である」

    レントゲン透視をしながら、麻酔剤を打ち、次に神経部位に達するように見るからに太く長い注射を施すから、一度でも効果を実感しないと思わず恐怖感すら抱いてしまう。施術後には、麻酔が効いているからベッド上で2,3時間は安静にする必要もある。

    若杉医師は、その後関東逓信病院ペインクリニック科部長を経て、慈恵医大の教授に迎えられ、その教えは、新潟大医学部出身の慈恵医大教授湯田康正医師に継がれ、この二人が日本のペインクリニック治療の第1世代を担った。

    東大医学部出身の小沢みどりは、この二人の先駆者から学んだ第2世代のトップ医師となり、慈恵医大から、小岩の病院を経て、本郷に自らのペインクリニック診療所を立ち上げ、毎日数十人の患者に精力的に治療を行っていた。

    私自身も、小沢みどりが作家山野浩一のつれ合いとなってから運良く出会いを得て、言わば「患者としての追っかけ」を務めてもいたのである。第7胸椎の異常を手術してくれたのが、日本の整形外科学会に君臨する東大医学部出身で当時虎の門病院にいた立花新太郎医師であり、この立花医師がかつては同輩が経営していた小岩の病院で週末の土曜だけ診療を担当していたのだが、そこに小沢みどり自身もいた縁もあって、整形外科的治療を終えて以後、まだまだ様々な身体の異常に悩んでいた私を、ペインクリニック患者として引き受けてくれたのである。

    筋肉の麻痺や痙攣、知覚異常・・・挙げればきりがないほどの症状を抱えた私に、今があるのも、14時間の外科的手術によって相当程度の改善を施してくれた立花医師と、それでも残った症状の緩和に努力してくれたのが小沢みどりだったということである。

    その小沢みどりが、久々の休暇を取ってオーストラリア旅行をする寸前の10年前の夏、ひとり自分の診療所に向かう途中の吉祥寺駅で倒れたのである。このとき小沢みどりの脳には血栓によって酸素を供給することができなくなっていた。救急車で運ばれた病院では、実はもうほとんど処置ができないと判断されもした。

    しかし山野浩一の看病や看護に関わる多くの人たちのケアを受けながら、何とか自力で食べ物を飲み込めるまでになり、その後10年の間、脳の破壊はあっても、生き延びてきたのである。

    小沢みどりの本郷の診療所は、学生時代の麻雀友達だった今や著名の弁護士永沢徹が、後見して後始末を引き受けてくれたことも幸いした。診療所には、高額なリース契約による医療機器が取り揃えられていて、契約解除することも、永沢徹弁護士の手腕がなかったらできない相談だったのである。

    昨日2月12日。住まい近くの八王子京王プラザ4Fで、晴れて生き残った小沢みどりの還暦を祝う会が催された。

    集ったのはおよそ50人。永沢徹弁護士もいたし、元患者であったJRA前理事長や社台RHの吉田晴哉追分ファーム代表もいた。
    同じテーブルで隣り合わせたローマ史の東大名誉教授本村凌二も元患者だった。

    宴の終わり頃、私は車いすの小沢みどりに近寄って、
    「みどり先生、鶴木ですよ。お久しぶりです」
    と肩に手を置いて声を掛けた。そのとき小沢みどりは、かつてはペインクリニックの神の手でもあり、今は細く小さくなった手で、そっと手を握り返してくれた。
    あれと思って思わず顔を覗き込んだが、その後は目を伏せるような表情で、小さく顎を揺すったままだった。

    どうしたんだろうと横を見ると、ケアをしている女性が、「それはどこかで判っているという反応なんです」と説明してくれた。

    その言葉こそ、今日、生まれて初めて八高線に乗って、ここに来て良かったと、心の底からそう思えた瞬間となった。






    category: 日々流動

    CM: 0 TB: 0   

    果たして収束に向かうのか? 

    sohukonomi.jpg

    この3日間で、事態の収束化が図られたようだ。

    1月16日 
    40枚にも及ぶ「第3者委員会」報告書要約抜粋が将棋連盟HPに掲載。(ただし草案文章に微妙な修正が施されているとの説もある)しかし、連盟が要請依頼した「第3者委員会」の報告書としては、それなりに信頼に足る資料だった。このことは、昨秋に起こった常務理事・一部棋士らによる騒動が、いかに傍若無人の無理筋だったかを証明している。

    1月17日 
    竜王戦就位式の席上、竜王が関与を認めたように、三浦九段、スポンサーへの謝罪を口にした。ただし謝罪を述べた後に、その数倍の量でこれからの決意などを語ったので、昨秋挑戦者交代となった珍事で行われた竜王戦自体の正当化と、その上で自分自身が正しく竜王であることの表明に力点があるとしか思われなかった。これでは上辺だけの謝罪にしかならないと多くのファンに思わせてしまったのは、作戦ミスだったろう。
    「読売」の関与や動向は、何一つとして明らかにされることはなかった。
     
    そして1月18日  
    将棋連盟・谷川浩司会長辞任が発表された。騒ぎの渦中に会長職にあった者としての一つの責任の取り方だった。しかし責任問題を問うなら、まだまだ問われるべき存在がいるというのが、心を痛めた多くの将棋ファンの実感だろう。
    かつて故升田幸三九段による「陣屋事件」などは、名人の権威は尊ぶべきだと心の何処かで考えた升田幸三自身のひたむきな「将棋愛」があったが(木村名人を香落ち戦に追い詰めていたのだ)、昨秋の某棋士らによる「スマホカンニング疑惑」騒動には、「第3者委員会報告書」に記されているように疑惑の存在はなく、疑惑の根拠すら主観やイライラとされ、そこには「将棋愛」のかけらすら見られなかった。


    さて、三浦九段の棋士復帰初戦(竜王戦1組・対羽生戦)も、また棋士ら連盟正会員による臨時総会も明らかになったが、この流れで、果たして信頼を失った感のある将棋界の騒動は収束してくのだろうか?
    そのためには、とりあえず清新な会長、裏のない理事たちが、棋士たち自身の手によって選出されるのが、必要十分条件となるだろう。
    まあ、私のような部外者は、見守るしかないのだが・・・。でも、見守るのもそれなりのエネルギーが必要となることまで理解してくれる棋士が、果たしてどれだけいてくれるのかと考えると、確たる答えはなかなか生まれないのが悔しいところである・・・。







    category: 日々流動

    CM: 0 TB: 0   

    初心忘るべからず 

    koryuminase.jpg


    昨秋から、ずっと胸に痞えていることがある。

    10月半ばに将棋連盟常務会により拙速に処断措置が取られた所謂「三浦九段スマホカンニング疑惑」である。疑惑自体は、その後連盟自身が依頼することになった元検事総長を委員長とする「第3者委員会」によって、昨年末に、
    「一部棋士たちによって告発された疑惑は存在しなかった」
    「10月12日の常務会による三浦九段への措置はやむを得ないものだった」
    「三浦九段の名誉回復に努めるように」
    という委員会としての報告がなされ、会長以下常務理事らの減給処分が発表され、谷川会長は三浦九段への謝罪を口にして、連盟としての一応の決着が為された。

    しかしそれでも、一度沸き起こったこの胸の痞えは、何も癒されてはこないのは、どういうことだろうか?

    連盟のHPや囲碁・将棋チャンネルで、告発した側とされる一部の棋士たちの写真やその姿を眼にする度に、この胸の痞えが不快感を伴って増して行くのはどういうことなのだろうか?

    おそらくそれは、それなりに権威ある「第3者委員会」の報告があったとしても、そのほとんどの報告内容が秘密に封印され、本当のところで何があったのかという素朴なファンの声が一切無視されている現状にあるのではないのか。これからも将棋や棋士たちを応援したいと心から願うのに、連盟(それもおそらく会長以下数人の常務理事を守るためだけ)の都合の良い部分発表で解れという高圧的な対応では、瞬時に情報が様々に行き渡る現代のファンを納得させることなどできはしない。

    そもそも陰湿な村八分的排除を狙った三浦九段への虐めではないのか?だとしたら何故そんな事態が起こったのか?誰が首謀・主導したのか?誰が処分措置に関して(すでに第3者委員会によってスマホカンニング行為はなかったと断定されている)リード役を担ったのか?それには、本来的な大義があったのか、なかったのか?査問時に、竜王戦は中止になったとの常務理事による虚偽発言はあったのか、なかったのか?常務会以前の10月8日の週刊誌記者へのメールに象徴されるような世論の情報誘導のための某棋士と記者の癒着はあったのか、なかったのか?タイトル戦スポンサーへの気配りは、そのスポンサーを支える将棋ファンの気持ちをないがしろにするものであってもいいのか否か?挑戦者変更に関わるスポンサー読売の暗躍や圧力はあったのか、なかったのか?第3者委員会報告を受けての公式記者会見は、映像メディアを立ち入り禁止にして行われたが、その正確な理由は何だったのか?

    他にも疑問はさまざまにあるが、組織としての将棋連盟は何一つとして誠意を持った回答は今も避け通している。もっと危ないのは、「オレがこう言うのだから、それが事実だ」とするような体質さえ垣間見せている。避けるということは、何らかの瑕疵を認めていることにも繋がりかねないのだが・・・。

    内部情報を知らない部外者である私でさえ、こんな疑問を抱かなければならないのは、結局は、将棋連盟の対応が隅々まで信頼感を生み出してはいないことの証左と言えよう。会長以下常務理事たちの責任は重い。だからこそ一般ファンの胸の痞えは解消されないのだ。

    個人的には、そもそも政治論的には、10月10日に某常務理事邸で行われた秘密会合が明らかになってしまった時点で、竜王戦挑戦者変更につながるある種の権力掌奪クーデター計画は破綻していると考える。謀議は徹底的に秘密会でなければならないのは、歴史的事実だろう。

    たまたま挑戦者変更には成功したかも知れないが、現在沸き起こっている三浦九段への声援応援のファンの気持ち、告発者側への大きな弾劾の声を考えると、連盟(常務会)の失態は明らかだと認めない訳にはいかない。

    もはや第3者委員会の報告書全文(個人名があるなら黒塗りしてもいいから)を明らかにして、きちんとした公開記者会見をしなければ、おそらくこの事態が鎮静化することはないだろう。取り繕うには時機を逸してしまっている。

    今、将棋棋士たちひとりひとりに問われているのは、名人を夢見た若き日の初心に今一度帰ることだろう。そのときには、純真に将棋道を目指して、政治的立ち居振る舞いや、巧くおいしくやろうとする駆け引きや癒着など、心の片隅にもなかったはずだ。
    道を究めるということは、勝負の強さ弱さなどではなく(勿論強かったなら幸福度は高まるが)、あなたたち自身が選んだ道をどう生き抜いたかという闘いの質にかかっていることなのだ。同時に、生涯闘い抜くためには、非道に対してはきちんと声を上げることが必要なのは理解して欲しい。

    そんな棋士たちの姿に接し、血を吐く様な棋譜を眼にすることこそが、ファンたちのこの胸の痞えを癒す唯一の解消法なのである。

    初心に戻ろう・・・。




    category: 日々流動

    CM: 0 TB: 0   

    2017 元旦 ~明けましておめでとうございます 



    2017年 元旦。酉年です。明けましておめでとうございます。

    もうひとつ齢を重ねられたことを、お喜び申し上げます。

    愚人長寿、美人薄命、厚顔無恥・・・などと、世の中にはいろんな言葉がありますが、はっきりとして言えることは、世に粗末にしていい命はありません。昨2016年は、国の内外で、尊い命を粗末にする動きが続いていました。無念です。

    しかし、驕れる者久しからず。蟻の一穴で奮闘すべく、またこの1年を過ごしていきたいと祈念しております。
    本年もよろしくお願いします。
                        DSCN2368.jpg





    category: 日々流動

    CM: 0 TB: 0