Admin New entry Up load All archives

    Tsuruki Jun<鶴木遵>の原風景 《絶対零度》

    鶴木遵の本、新しい挑戦、趣味である競馬、将棋の駒、男の手料理、めだかやミジンコ飼育、犬猫のよもやま話、など四季折々に感じたことを発信していきます。

    何がなんだか・・・FebS & 中山記念 

    120219T11KI039.jpg(勝者テスタマッタ)


    ああ、最近の私の苛立ちは、まるで加速度をつけて迫ってくるようだ。

    2月19日東京競馬場・FebS
    スタートして、トランセンドは、藤田伸二の手綱に無反応だった。押して促されてもいつもの行き足は少しも発揮されなかった。

    ここがドバイへの壮行戦であったのに、高い素質の片鱗さえ示さなかったのである。

    レース前の陣営のコメントは「ドバイに向けてキッチリと結果を出して欲しい」調教師安田隆行。

    なのに人の思惑を無視して、トランセンドは反応しなかった。

    120219T11KI025.jpg 120219T11KI032.jpg 120219T11KI047.jpg(闘いの跡・・つわもの共の夢の跡)

    この結果を見れば、そもそも体調が臨戦態勢になかったとしか言いようがない。そんな状態にあることさえ理解していなかったのかと思えば、プロ失格といわざるを得ない。

    ただひとつだけ救いがあるとすれば、騎手藤田伸二は、有利とはいえぬ外枠から、何とかトランセンドの力を引き出そうと、手綱を押して先行好位のポジションを確保しようと努めたことである。

    どうすれば、何を満たせば、今のトランセンドの力を発揮できるかを理解して、その通りに指示を出したが、如何せんトランセンドが動けなかった。

    名馬をこんな状態でG1戦に出走させることは、不謹慎だ。今の時代は、多くを許すファンであっても、もはや競馬を続けるためには、こんな不可解な敗戦は許せなくなっていることを、陣営はプロの見識として、心の底から知るべきであろう。

    そうでなければ、本当のコンディションを競馬メディアに正確に語ることだ。ファンの購入する馬券で成立する日本の競馬は、これからも衰退するばかりである。 120219T11KI012.jpg (いいところなく敗れたトランセンド)


    もっと悲しみを抱いたのが、2月26日中山競馬場・中山記念だった。
    福永祐一トゥザグローリー。後方待機のまま、少しも力を発揮できずに惨敗した。

    そもそも福永祐一は、このレースでどんな騎乗を見せてゴールに向かいたかったのだろうか?

    プロの騎手としての意志と手腕を、このレースを見たファンは、少しだけでも感じられただろうか?

    ナッシング!!

    敢えて憎まれ口を言うなら、まだレースの本質を理解する段階にない今週デビューする新人騎手でも、この中山記念の福永祐一の騎乗ぐらいはできるだろう。

    こんな騎乗で競馬を冒涜するなと、敢えて苦言を呈するのも、競馬におけるプロ論を書き続けてきた私の役目だろう・・・

    また、血圧が上がってきた。これから降圧剤を貰いに医者に行ってきます。

         
        ※皆さんに喜ばしいお知らせです。
    今後JRAのG1戦については、私と長い間に渡りコンビを組んできた「カメラマン石山勝敏」の写真が提供されることになりました。昨年からの懸案事項を実現していきます。石山カメラマンは、北海道ユルリ島、北アメリカ、ヨーロッパ、チベット等々の場所で「馬」を撮り続けてきたプロフェッショナルです。文章以上に、珠玉のサラブレッドの写真を楽しんでください。
    なおこの写真は、氏の好意での提供ですから、著作権を守って、扱いには十分に配慮をお願いします。

    私は、カテゴリー『競馬百景』をより精力的に書き続け、読み物と美しい写真がコラボレーションした作品が誕生することを目指していきます。ときにはタイムリーに写真と共に、馬券を超えたレース評も書き続ける所存です。
    今後ともよろしくお願いします。
    関連記事
    スポンサーサイト

    category: 競馬

    thread: 演劇的競馬論  -  janre: 学問・文化・芸術

    CM: 0 TB: 0   

    コメント

    コメントの投稿

    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://0417jun.blog.fc2.com/tb.php/88-52e6c08b
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)