Admin New entry Up load All archives

    Tsuruki Jun<鶴木遵>の原風景 《絶対零度》

    鶴木遵の本、新しい挑戦、趣味である競馬、将棋の駒、男の手料理、めだかやミジンコ飼育、犬猫のよもやま話、など四季折々に感じたことを発信していきます。

    まさか・・嘘!・・ショボーン・・2017桜花賞・阪神芝1600m 

    由進作 勝運駒

    シリアや北朝鮮での情勢が不可解であろうと、現職総理ファミリーへの行政の忖度が不愉快な理不尽さに満ち溢れていようとも、あるいは教育勅語が現在の法に反して教育の現場で正当化されようとしていようとも、この桜花賞のソウルスターリングだけは黙って信頼できる存在だと信じ切っていた。

    パドックに現われたソウルスターリングは、いかにも気品に満ちて、まさに宝玉の輝きを放っていた。それは他馬を圧する風情としか思えなかった。抜けていたのだ。

    週内から、多くの競馬ファンと意を同じくして、私は勝つのはソウルスターリングだと決めていた。2歳牝馬チャンプとなった阪神JFでも、また桜花賞トライアルチューリップ賞でも、ただ1頭次元の違うホームストレッチでの弾ける印象的な脚力を見せつけていた。それもこの桜花賞と同じ阪神の芝1600mの舞台でである。この時点では、疑う方が邪道というしかなかったのだ。

    週末から当日にかけて降り注いだ雨が、桜花賞というレースにこれほどまでに影響を及ぼすなどということにも、厳粛な結果が出るまで私自身は考えが及んではいなかった。ソウルスターリングの母にフランスで乗ったこともある騎手ルメールが、血統的にも重馬場は大丈夫と競馬マスコミの取材に答えていたし、ちょっと気懸りだった私も、当日7Rに行われた1000万条件のマイル戦を見て、直線内からスーッと上り35秒3の脚で抜け切って勝った川田アナザープラネットのその勝ち方に、重い馬場の影響は思ったよりは少ないのかも知れないなと安心してしまっていたのだ。まさかソウルスターリング自身が苦にするとは・・・想定外のドラマとしか言えない・・・。

    ほぼ絶対の軸馬が決まっていれば、その絶対の牙城に対して、負けを覚悟の上で一瞬のスキを突こうとするのは、やはり経験と実績と勝負度胸を自らに育んだしたたかな騎手だろう。それしかないというのが、第77回桜花賞への私の自己納得できるアプローチだった。

    ならば結論は容易に出る。横山典弘、四位洋文、池添謙一、川田将雅を相手に選んだ。今の武豊は、ここ一発勝負よりはキタサンブラックを正攻法で勝たせる騎手だと思い、また好きなローエングリン産駒のフィリーズレビューの勝ち馬カラクレナイは、騎手田辺裕信には魅力はあったがデムーロが乗らなかったという理由で選ばず、またそのデムーロが選んだアドマイヤミヤビは、1分33秒2の好タイムで勝ち上がったクィーンCが結果的に仕上がり過ぎていたのではないかと判断して選択から外した。それが結論だった。

    前半34秒7のペースで過ぎて、残り1000mから勝負処の3コーナーに向かう辺り。私自身の推理は正しかったと思えてならなかった。

    中団外のいつも通りの場所をルメール・ソウルスターリングが確保して、それを射程に入れてマークするように、直後に四位ミスパンテール、その直後のインに武豊リスグラシュー、それをさらに見るように横山典弘アエロリットが、まるで絶対者の一瞬の綻びを待つように虎視眈々と取り巻いていた。4番手の好位から池添謙一レーヌミノルは、後方の馬たちを意識する様子もなく堂々と自分の世界を築いている。

    このとき私は自らの推理が的中したと信じ切っていた。自分の中の推理の扉を再び明けたと楽観までしていた。

    しかし・・・。

    大きな落とし穴が待ち受けていたのだ。大どんでん返しの戦慄が沸くような・・・。

    4コーナーを廻ってホームストレッチ。残り300m辺りの地点から池添謙一レーヌミノルが正攻法で先頭に立とうとする。外からルメール・ソウルスターリングが追い出しを始める。ここまでは大正解だった。

    しかし追い出され始めたソウルスターリングの脚勢が弾けない。もどかしくもがいているようで、これまでのゴール前の姿からすると別の馬のようだった。坂でもがき、坂を上り切っても弓を引くような瞬発力は影を潜めたままだった。

    1馬身ほどのレーヌミノルとの差は、結局は詰らず。ゴール寸前に武豊リスグラシューが馬群を縫って追い上げ、首差ソウルスターリングをも交わしていた。4着は田辺裕信カラクレナイ、5着は横山典弘アエロリット。共に後方から差してきた。

    ゴール直前に、私はGCのTV画面に向かって
    「どうした!?せめて耐えきるんだ!!」と、声を上げそうになったが、それも空しいと感じて、無言のままだった。自分の馬券よりも、絶対者(馬)と信じ切っていた存在が、この本番桜花賞で馬脚を現して唯一の弱点を見せたことに、大きなショックを感じていたのである。

    勝者池添謙一レーヌミノルは、ソウルスターリングの幻影に怯えることなく正攻法に徹して掴んだ勝利だろう。それがこのコンビのここ一発勝負であったはずだ。同時に何よりも味方したのは、天が配剤した今日の馬場だったと言えるのかも知れない。

    ソウルスターリングを含めて、今日私の狙った人馬たちは、勝負処の騎乗姿を改めて確かめてもその主張は通していた。ただただ運に恵まれなかったのは、降雨の影響を受けた重い馬場という理由だったろう。そう思う。

    時に勝負の神様は、気まぐれな心を見せつけるものだと、その無情な残酷さを感じざるを得なかった。ああ・・・。

    今週末は、牡馬クラシック皐月賞。中山に行く予定なので、何とか気まぐれな神様ともお友達になりたいと願っているのだが・・・。

    関連記事
    スポンサーサイト

    category: 競馬

    CM: 0 TB: 0   

    コメント

    コメントの投稿

    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://0417jun.blog.fc2.com/tb.php/762-83650aa9
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)