Admin New entry Up load All archives

    Tsuruki Jun<鶴木遵>の原風景 《絶対零度》

    鶴木遵の本、新しい挑戦、趣味である競馬、将棋の駒、男の手料理、めだかやミジンコ飼育、犬猫のよもやま話、など四季折々に感じたことを発信していきます。

    さてさて鮨でもつまもうか 

    先週の初めに左下奥の「親知らず」を抜いたのだが、この歯がなかなか土台がしっかりした歯だったので、いまだに歯茎に大きな穴が開いていて塞がらず、少しばかり痛みもあり、何を食べても力強く噛めないのであまりおいしくもない。

    さてさて、こんなときにはどうするかと考えてみた。

    ならば、バーチャルで鮨でもつまんでみようかと考えて、画像を検索して並べてみた。(悪意なくランダムに好みのおいしそうな写真を使わせていただきます。お許しあれ)

    さあ、老舗の鮨屋「鶴鮨」の開店準備が整いました。
    「へぇ、いらっしゃい!」と、元気で景気のいい声に迎えられてカウンターに座り、とりあえず酒とつまみのお刺身で胃を和ませる。

    そして握りを注文する。
    私の場合は、こんな順番にだ。種類を楽しみたいので1貫づつ。

    季節にもよるが、貝から入る。初夏から夏がおいしい。
    akagai赤貝  aoyagi.jpg青柳  torigai.jpgトリ貝  nihamaguri.jpg煮蛤    
    次に、
    ika.jpg烏賊   madako.jpg真蛸  saba.jpg鯖  
    そして
    kohada.jpg小肌  kohada sinnko勿論初夏からはしんこ  

    madai.jpg真鯛は塩で  kurumaebi.jpg車蝦  uni ikura貪欲に雲丹・イクラ


    まだまだいける。
    aoriika gesoアオリ烏賊のゲソも乙だ  anago2.jpg穴子は我慢しない
    buri harami鰤の腹身  ootoro.jpg鮪大トロ  maguro akami鮪赤身    

    そして締めには、
    tamagoyaki.jpg卵焼き  kannpyoumaki.jpg山葵を利かせた干瓢巻
      
    いやいや、ここまで食べたら満腹だ。お腹の中も水族館!

    でもバーチャルだから「鶴鮨」へのお勘定はなし。

    ああ食べたいなと喉がゴクリと鳴るが、痛みの残る歯茎の大穴に舌先が当たると、我慢も聞く。

    早く治して、本物の鮨屋に駆けつけたい気分。
    でも、こうやって好きなものを並べてみるだけでも、それなりの満腹感が沸いて満足できるのが不思議だと発見した。

    たまにはこんな遊びもやってみるものだ・・・。
    (使わせていただいた写真に感謝であります)












       



    関連記事
    スポンサーサイト

    category: 日々流動

    CM: 0 TB: 0   

    コメント

    コメントの投稿

    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://0417jun.blog.fc2.com/tb.php/730-0354cc84
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)