Admin New entry Up load All archives

    Tsuruki Jun<鶴木遵>の原風景 《絶対零度》

    鶴木遵の本、新しい挑戦、趣味である競馬、将棋の駒、男の手料理、めだかやミジンコ飼育、犬猫のよもやま話、など四季折々に感じたことを発信していきます。

    金魚の成長 

    DSCN2225.jpg    DSCN2220.jpg

    ランチュウとオランダ獅子頭を飼い始めて1か月が過ぎた。

    ここ数年の猛暑の夏とは様相が違って、35℃を超えるような暑さは遅かった梅雨明けから10日ほどしかなかったので、昼の直射日光を簾で避けて、あとは水の管理に気をつけるだけだったが、それでも途中でランチュウ1匹が体調不良で死に、もう一匹が口まわりの皮膚に異常をきたしたので、2%ほどの塩水に移して1日も経つと元通り元気になってくれた。

    予想していたことだが、赤ん坊を育てるように、なかなか気を使わせてくれる。

    真っ黒の稚魚だったオランダ獅子頭も、今では色がつき始めて、文字通り金魚に変身しつつある。DSCN2219.jpg
    こうなってくると、飼う面白みも増すというものだ。

    この先、山の寒い冬を迎えたときに、さてどうするかという問題は抱えているが、そのときはそのときと楽観している。エサ断ちして2ヶ月ほど冬眠状態にさせる手段もあるようだし・・・。

    黒メダカや沼エビとは違って手はかかるが、優雅に泳ぐ姿やエサに寄ってくる愛らしさを楽しむと、愛着すら生まれてくる。

    ハラハラドキドキという刺激はないが、ゆったりとした温い時間をピュアな心で過ごしている夏である。それもまたいいのだ。

                                   DSCN2222.jpg





        
    関連記事
    スポンサーサイト

    category: 金魚を飼おう

    CM: 0 TB: 0   

    コメント

    コメントの投稿

    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://0417jun.blog.fc2.com/tb.php/713-13493c83
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)