Admin New entry Up load All archives

    Tsuruki Jun<鶴木遵>の原風景 《絶対零度》

    鶴木遵の本、新しい挑戦、趣味である競馬、将棋の駒、男の手料理、めだかやミジンコ飼育、犬猫のよもやま話、など四季折々に感じたことを発信していきます。

    春~花盛りへの1歩 

    DSCN2108.jpg     DSCN2110.jpg

    居間にいると、そもそも費用を節減しようとした吹き抜けの構造からか、妙なことがある。

    天井が高い故なのか、はたまた夏は温室のようになるガラス窓の故なのか、どうも独特な磁場があるようで、去年はたまたま置いたこんな花が、春から夏、秋から冬となっても花を絶やさず次々と咲き続けていたのである。

    最近は、こんな花まで咲いた。     DSCN2109.jpg
    で、一度も花屋で花束などを買うことはなかった。不思議な空間となっている。

    ついでに外に出ると、庭では、今日はこんな花が咲き始めていた。外も春の磁場が押し寄せているようだ。

    DSCN2113.jpg   DSCN2116.jpg   DSCN2117.jpg

    冬は寒くて灯油代はかさむが、春となれば標高550m辺りの山暮らしは風景が一変する。
    数日前の夜には、道で鹿の親子と出会ったし、タヌキなどは毎夜山道で遊んでいる。写真には取っていないが、今年もヒヨドリなどへのパンやりは続けていた。口笛を吹けば、どこやらともなくスーッと飛んできて、ピヨピヨと叫ぶように、居場所を知らせて早く頂戴とねだられる。

    そして、そのときいつも思うのだ。「ああ、こんな風景に溶け込むような心の平穏は、いったい何時訪れるのか・・・」と。
    まだまだ枯れた心境に成れない半人前の私である。







         
    関連記事
    スポンサーサイト

    category: 自然

    CM: 0 TB: 0   

    コメント

    コメントの投稿

    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://0417jun.blog.fc2.com/tb.php/686-fad74116
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)