Admin New entry Up load All archives

    Tsuruki Jun<鶴木遵>の原風景 《絶対零度》

    鶴木遵の本、新しい挑戦、趣味である競馬、将棋の駒、男の手料理、めだかやミジンコ飼育、犬猫のよもやま話、など四季折々に感じたことを発信していきます。

    第33回フェブラリーS~東京ダート1600m 

    埴輪馬
    2月21日、今年最初のG1、東京ダート1600m・フェブラリーS。

    前日までの雨の影響を受けた馬場は、ある意味、非常識なコンディションとなっていた。

    後から知ったが、午前中の3R、3歳未勝利戦で計時されたのがダート1600m1分35秒7。

    4Rの芝1600mは、1分39秒0。芝は2秒以上時計がかかっていたが、ダートは締まって高速馬場となっていた。

    9Rの3歳オープン・ダート1600mヒヤシンスSで勝った田辺・ゴールドドリームの決着タイムは、1分35秒4。

    ならば本番フェブラリーSの勝者は、どんな時計となるだろう?芝の良馬場のような時計が刻まれることは間違いなかった。

    その通りとなった。

    先行馬たちの勢いは、互いに譲らず、いかにも早く、こうなると先行した馬たちは総崩れになるだろうことは容易に理解できた。昨年のこのレースを先行して圧勝し、フェブラリーS2連覇中の武豊・コパノリッキーさえ、好位の後ろのポジションがやっとで、この日はレースの主導権を持ち得なかったのである。

    前半5F1000mは58秒6。ダート戦でである。後の興味は、中団辺りから後ろに待機した馬の中で、どの馬が直線で伸びてくるか?ということだけとなった。持ちタイムのない馬はおそらく伸びない。ダートでのスピード競走に耐え切る馬が勝者となるだろう。

    直線。最初にオッと思わせたのは、横山典弘ロワジャルダンだったが、最後に力が尽きて、その間にスパッと弾けて差してきたのは、M.デムーロ・モーニンだった。

    C.ルメール・ノンコノユメは、いつものように最後に伸びてきたが、この高速馬場では2着確保がやっとで、力は示したが馬場に泣いたという結果となった。

    モーニンの時計は、1分34秒0。レースレコードを塗り替えた。

    終わってみれば、デムーロとルメールの1・2着。この光景は、二人が日本のジョッキーになってからは大きなレースで当たり前のようになっている。馬上の技術、馬上のIQだけではなく、言葉も含めて日本に適応する能力の高さを思えば、当然の結果なのだろう。

    ある意味、微温湯にあったJRA騎手たちは、ここしばらくの間に、まずは地方出身騎手の下剋上に見舞われ、今は世界レベルにある外国人ジョッキーの黒船攻撃にあって、己が沈みかけている事態に対してほぼ無抵抗の成り行き任せ状態が続いている。

    進出する新しい勢力に対して、彼らと何が違うのかということを、今一度真剣に検証しなければならない危機を迎えているのである。奮起を期待したいのだが・・・。








    関連記事
    スポンサーサイト

    category: 競馬

    CM: 0 TB: 0   

    コメント

    コメントの投稿

    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://0417jun.blog.fc2.com/tb.php/674-df1c3285
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)