Admin New entry Up load All archives

    Tsuruki Jun<鶴木遵>の原風景 《絶対零度》

    鶴木遵の本、新しい挑戦、趣味である競馬、将棋の駒、男の手料理、めだかやミジンコ飼育、犬猫のよもやま話、など四季折々に感じたことを発信していきます。

    大根を縦に切るか、輪切りにするかという形而上学? 

    syou6-cyuu1 08-09 116 (3) コンビニの、おそらくほとんどの街のお店でも、おでんの大根は、ほぼ輪切りだ。ホクホクとして、歯応えもある。それなりに出汁もしみて美味しい。

    あるとき、縦に幅1㎝ほどに切り落として煮込んでみた。すると歯応えが柔らかくなり、また別の大根の味がした。そしてこれもおいしかった。個人的には、縦切りの方が好みとなった。

    一つの同じものでも、アプローチの仕方によっては別物になるということなのだろう。

    今日未明、安保法制が、集団的自衛権を認知する形で参議院をも通過した。降りしきる雨の中、国会前に集った民衆の声は、永田町の傲慢な選民意識の中の良心に届くことはなかった。

    そもそも昨年12月の消費税を問う形で解散された総選挙で、欺かれて多数を与えた民衆の側が甘かったと言うしかないのだが、それとても作為的に作られた株高をデコレーションして詐欺的手段で騙しぬいた側に、より罪は大きい筈だ。選挙マニュフェストにほんの少しだけサラッと流した項目が、半年後には大々的な国家的課題のように変わっていったのだから。

    結局、その目的とは何だったのだろうか?
    仕組まれた株高(好景気演出)、閣議決定、秘密保護法制定、ガイドラインの指示を受けてのいつもお定まりの対米追随、騙まし討ちのような総選挙、積極的好戦主義のような従順な相手にはお金に物言わせバラマキ、対立国家とは敵対して周辺の危機を煽り立てる外交、憲法を頂点にする立憲主義否定、内閣法制局やNHK(最高裁判事などその他おそらく隅々までの)人事介入、強権的圧力をかけてのマスコミコントロール、福島の現実を無視しての川内原発再稼働、民意を踏みにじる辺野古移転強行等々・・・。全ては、どこかで決められた下手糞なシナリオ通りに進んだ結果である。こんな弾圧恐怖政治が、あっという間に近代国家日本の政治風景になってしまっている。選挙で数を与えると、こんな、とんでもないことになることを、私たちは教訓として学ばなければならないのだ。

    「国民の命と平和を守るために」と、何度も紋切り型で立憲主義の意味すら理解できない愚鈍の裸の王様のような首相から繰り返されたが、このとき言われる国民とは、決してあなたでも私でもなく、愚鈍の権力者に媚へつらうお友達だけが彼のイメージする国民だったのだ。そう考えると、いろんなことが納得できるというものだ。

    今、幼子を育てる多くの母親たちは、いつか戦場に送り込むことになるかも知れないと、これからは言い知れぬ不安を抱えるだろう。これまでは、専守防衛を理念として掲げてきた憲法9条が、すべての法案の土台となっていた。しかし、これからは好戦的な兄貴分アメリカの不条理な意を受けるまま(今のアメリカは理念ではなく利に走るだけの物欲主義的存在となっている)に、集団的自衛権の行使を認める新安保法制が原点の土台となってあらゆる法が作られていくのだ。放って置いたらすぐに社会の風景は別なものになるだろう。

    どこやらの首相には育てる子供がいるのかいないのか、私には定かではないが、もし子供がいないのなら、私たちやあなたたちの子供たちの未来への不安は、一片の配慮すらない貧しい想像力の中で決まったとも言える。

    専守防衛と平和主義を掲げた現憲法の理念を失うことは、戦後70年間に渡って私たちが世界と対峙する術としてきた最高の(他者には持ち得ないという特権を有していた)形而上的攻撃的兵器を失い、貧困と対立とそれ故にこそのテロの土俵に自ら進んでのめり込んで行くことなのではないか?何故今、そんな選択を敢えてしなければならないのか?不思議なことだ・・・。

    今、私の眼の前には、ホカホカと湯気を上げる輪切りの大根と縦切りの大根が別々の皿に盛られている。どちらも和風出汁が効いて、おいしそうだ。

    もしそこに、突然闖入者が現れて、「大根はアメリカ的料理法こそが正義であって美味しいのだ。それはあなたを守る集団的自衛権行使だ」などと言われても、うるさいハエを払うように追い返すだけだ。

    そうか。この和風出汁の味わいを守るには、違憲立法審査会か次の選挙での1票の権利行使しかない訳だ・・・。そのときを首を長くして待っているしかないのか・・・。でも、必ずその日は来るのだ。

    ああ、待ち遠しいと思うと小腹が空いて、私はホクホクの大根を、フウフウ言いながら平らげたのである・・・。






    関連記事
    スポンサーサイト

    category: 世相を読む~極私的注目のままに

    CM: 0 TB: 0   

    コメント

    コメントの投稿

    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://0417jun.blog.fc2.com/tb.php/632-5083528e
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)