Admin New entry Up load All archives

    Tsuruki Jun<鶴木遵>の原風景 《絶対零度》

    鶴木遵の本、新しい挑戦、趣味である競馬、将棋の駒、男の手料理、めだかやミジンコ飼育、犬猫のよもやま話、など四季折々に感じたことを発信していきます。

    大内九段~所蔵コレクション展示即売会 

    影水 赤柾 淇洲④    影水 根杢 淇洲➀

    日本ダービーの日、田村康介七段の御父上から、新橋駅前の「ニュー新橋ビル」4Fで5月29日から6月4日まで行われている大内盤駒コレクション展示即売会の案内を受けました。

    大内九段が、これまで人生の転機となったタイトル戦や対局の記念にと集めていた日向榧盤などが並べられているそうです。
    中でも目玉は、若い頃に大内九段自身が弟のように可愛がられた影水の駒。2組が展示されているとのことでした。
    勿論、大内九段は数組の影水作の駒を所蔵されているので、今回どれが展示されているかは、私には不明です。

    しかしどの駒も大事にされていて、言うならば、ほぼ未使用のコンディションですし、私の記憶では、赤柾や根杢の駒で、在りし日の影水駒の本当の姿を見せてくれるものでした。

    あるいは出石作「怒濤流」の駒も、一組くらいは混じっているやも知れません。

    もし右膝の状態が、ダービーに続いての外出に耐えられるようなら、何とか出かけてみたいのですが・・・。
    まだ必ず行けると断言できないのが、嘆かわしく思われてなりません・・・。

    興味ある方は、ぜひ新橋にお出かけ下さいませ。

    (6月3日 am10:00~pm19:00 6月4日 pm13:00終了です)






    関連記事
    スポンサーサイト

    category: 将棋駒

    CM: 0 TB: 0   

    コメント

    コメントの投稿

    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://0417jun.blog.fc2.com/tb.php/605-9e6936f1
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)