Admin New entry Up load All archives

    Tsuruki Jun<鶴木遵>の原風景 《絶対零度》

    鶴木遵の本、新しい挑戦、趣味である競馬、将棋の駒、男の手料理、めだかやミジンコ飼育、犬猫のよもやま話、など四季折々に感じたことを発信していきます。

    将棋連盟販売部 書籍コーナー 

    20150427+騾」逶溘す繝ァ繝シ繧ア繝シ繧ケ_convert_20150427201025

    将棋連盟販売部のT課長からメールがあり、本日100年書房のFが、「粋鏡なる試み~棋道を巡る職人魂」本の追加補充のため、将棋連盟を訪れた。

    その報告を夕方に受けたのだが、どうやら書棚だけではなく、高額な将棋駒が並ぶショーケースの中にも、ディスプレイしていただいているようだ。将棋駒を押しのけてである。

    いやはや、本当にありがたいことである。

    本が出来上がって1か月半。そこで取り上げた「龍祖八部作」の駒の中から、「龍玄の駒 水無瀬兼俊筆跡」吉岡出石作が、何と名人戦第2局の対局駒に採用される思いもよらぬ展開に、今は目を白黒させている。

    勢いや流れというのは、ときに意外な結末を呼ぶものだと、改めて知らされた気がする。

    作者が思いを込めて作り上げた作品が、今回のように正しく評価されたことは、すばらしいことだ。

    「粋鏡なる試み」本も、そんな勢いや流れに、ぜひともあやかりたいものである。

    追加納入の注文があったということは、おそらくその第1歩なのだろうか?もっともっと、多くの皆さんの手に渡るように努めて行く決意である。

    よろしくお願い申し上げます!!





    関連記事
    スポンサーサイト

    category:

    CM: 0 TB: 0   

    コメント

    コメントの投稿

    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://0417jun.blog.fc2.com/tb.php/590-6e988946
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)