Admin New entry Up load All archives

    Tsuruki Jun<鶴木遵>の原風景 《絶対零度》

    鶴木遵の本、新しい挑戦、趣味である競馬、将棋の駒、男の手料理、めだかやミジンコ飼育、犬猫のよもやま話、など四季折々に感じたことを発信していきます。

    妖説 『このはなさくや姫』 譚~幻想的読み物に挑戦 

    由進作 勝運駒

    来年のNHK大河ドラマは、平清盛である。

    そう言えば、私にも3年前に描いた未発表の清盛の物語があることを想い出した。

    タイトルは、「妖説このはなさくや姫譚」。

    幻想的物語である。

    ずっとノンフィクションのスタイルで、作品を世に問うてきた私が、初めて本格的にフィクションを書いてみようと決意して挑戦した。

    能の世阿弥作品(桜川、山姥、俊寛)をモチーフにして、私なりに書き進めてみた。1年かかって、ようやく原稿用紙にして450枚の物語となった。

    ずっとマル秘にしておいたのだが、もうここらで抜粋を明らかにしても良いだろう。

    《あらすじ》

    櫻には「このはなさくや姫」が宿ると、古来より信じられてきた。

    山櫻の老木の下には、神話の時代から続くこのはなさくや姫の根の国があるという。

    そこは、櫻に魅入られてしまった者たち、櫻を魅入ってしまった者たちが、満開の季節になると集ってくる根の国。ただただ、このはなさくや姫の一言の救いの言葉を聴くために、彼らは自らを閉じ込める劫の中から集ってくるのだ。

    川の物語。桜川。稚児自らが、貧しい母のために人買い商人にその身を売り渡して、生き別れとなった母子の物語。櫻に魅入ってしまった母子が生きる奇妙な時間とは?

    山の物語。山姥。一念化粧の霊力によって鬼女と化し、足を引きずり山巡りをする孤独な山姥が得た安楽とは?

    海の物語。俊寛。平家打倒の鹿ケ谷の謀議の首謀者とされてきた俊寛。もし清盛・後白河のはざ間で、別の運命を背負って、悶えながら生きていたとしたら?・・・

    すべてのキーワードは、櫻の化身、このはなさくや姫である・・・

    と前置きして、《序》が始まります。

    ふと何かに魅入られて、そこに引き込まれてしまったことはありませんか?

    気がつくと、恋に落ちてしまっていたり
    気がつくと、試験に合格していたり
    気がつくと、馬券や宝くじに当たっていたり
    気がつくと、奈落の底におちてしまっていたり・・・

    気がつくと、どうしてこんなことがと思う不思議なことはいっぱいあります。

    もしそこに、何かの力を感じることができたなら、

    あなたは、このはなさくや姫を感じられる力を持っているのです。

    このはなさくや姫とは、生きとし生けるものの中に確かに潜在する【感じる力】なのです・・・


    ここでジャジャーンと、BGMが流れ、《第1章桜川》が始まります。

    闇の中、古びて今にも綻びそうな着衣を身にまとった一人の女が、朧げに現れて語り始めます。
    「春爛漫の宵、私は、幼子と二人、狂うように咲き乱れる櫻に見惚れておりました。宵闇に包まれて輝く薄紅色。気を許せば、そこに思わず引き込まれてしまいそうな、そんな怖ろしい気がしてなりませんでした。
     ふと気づくと、私たちは暗い道に立っていました。私を掴む幼子の手は、じとっと汗に濡れ、強く私の手を握り締めます。
     道の向こうに、あの御方がそっと立っておられました。私たち母子に微笑やかな顔を向けられて。
     ああ、あの方の御許に行けたなら、私たちはそれだけで幸せになれる。たとえ何が起ころうとも・・心が騒やいでなりませんでした・・・
     あのときです。あのときから、私たちは私たちで無くなった、そんな気がします・・・」

    ここから第1章桜川は始まっていきます。生き別れた母子の再会の物語は、数奇な、そして不条理な結末を迎えながら、このはなさくや姫のキャラ設定もされて行くのです。

    第2章山姥は、やがてこのはなさくや姫に仕える山姥となる物語です。憎しみが愛に変わる瞬間でもあります。

    そして第3章。清盛・後白河・俊寛の物語。


    かつてNHKには、自著「勝者の法則」が騎手柴田政人のドキュメンタリー番組、「李麗仙という名の女優」が李麗仙出演時のスタジオパークからこんにちわで資料として紹介されましたが、第3章で創った清盛像と後白河像の解釈は、まだ私だけのものにしておきませんとね。

    いずれ1冊の本となるのを楽しみにしています。そのときは、どうぞよろしく。
    関連記事
    スポンサーサイト

    category:

    thread: 異化する風景  -  janre: 学問・文化・芸術

    CM: 0 TB: 0   

    コメント

    コメントの投稿

    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://0417jun.blog.fc2.com/tb.php/58-39e5271c
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)