Admin New entry Up load All archives

    Tsuruki Jun<鶴木遵>の原風景 《絶対零度》

    鶴木遵の本、新しい挑戦、趣味である競馬、将棋の駒、男の手料理、めだかやミジンコ飼育、犬猫のよもやま話、など四季折々に感じたことを発信していきます。

    決戦飛車落ち戦~大内9段VS吉岡出石 

    11月25日。
    遂に決戦の時が訪れた。

    4月に「お好み将棋道場」の対局で佐藤康光9段に圧勝した出石に対して、棋譜を見た大内9段から、「次に上京したときには、ぜひ私と1局指しましょう」と嬉しい提案を受け、その言葉通りこの日、対局が実現したのである。

    出石、竹井粋鏡、それにカメラマン石山勝敏と私は、昼に西日暮里に集合して、「若松」の蕎麦を身を浄める精進料理としてたいらげ、決戦の場である神楽坂に向かった。          若松 もり蕎麦

    午後3時。玄関でインターフォンを鳴らすと、九州佐賀から帰ったばかりの大内9段が笑顔で迎えてくれた。大内9段は、竜王戦第4局の立会を務め終えた後、そのまま将棋大会の審判を頼まれた佐賀に廻り 、出石との対局に合わせて帰京してくれていたのだった。

    自らの手でお茶を入れてくれた大内9段に、まず私は伝えなければならないことがあった。生涯第3作目の手習いとして、私は「大内書怒濤流」書体の駒を私自身の使用駒として9月から作っていた。だから、きちんと許可を頂こうと考えていたのだ。
                                            DSCN1656.jpg

    まだまだ我流で、下手くそな駒なのだが、大内9段は快くOKしてくれた。

    「私にも朗報があるんですよ」と、次の瞬間大内9段が言った。来年1月27日にNHKアーカイブスで、世界の縁台将棋をテーマにした大内9段出演の番組が再び放映されることになったのである。こんな番組が、将棋界にとって必要なのは間違いない。私たちは皆、それは素晴らしいことだと頷き合った。

    そして、和室に対局場が用意され、遂に対局が始まった。

    DSCN1660.jpg    DSCN1665.jpg

    DSCN1668.jpgこの辺りが、本日の勝負処である。下手出石がどう攻めを続けていくか?攻めが途絶えると、すぐに攻守を変えて上手が襲いかかってくる。

    DSCN1675.jpg今日の大内9段は、将棋の厳しさを教えようとするかのように真剣だった。

    DSCN1670.jpg大内9段の圧迫感に怯むことなく、出石も食らいつこうとしていた。

    この日、出石が自ら持ち込んだ駒は、薩摩黄楊盛上げ「大山書」。何と棋士を相手に無敗神話を誇る出石とっておきの自作駒である。勝負パンツの様な決意に満ちていた。
    石山勝敏が、初めての対局風景をカメラに収めて行く。対局の緊張感が興味を引き起こしたようだった。

    2筋から、と金を作ってという出石の作戦が、どうも成り角の捌きに誤算があったようで、大内9段が受け切って、これから成り角を引いて9筋からの攻めに入ろうとしていた。すでにこの辺り、出石は今日の敗戦を覚悟していたようだった。
    見守る私たちにも、駒が弾けず困っているような印象が生まれていた。

    DSCN1676.jpg

    そして、このまま上手の押しつぶす様な駒捌きとなっていった。
    出石、無念の敗退・・・・・。

    その後は、丁寧な感想戦から、食事会となり、9時前に散会したのだった。

    私と出石は、竹井粋鏡の好意で、そのまま練馬の粋鏡庵ホテルに行った。10時半頃には、出石は疲れていたのか、緊張から解放されたのか、或いはここ3日でおよそ3升の酒を飲み干した疲労感からか、一人先にすぐに眠りについた。が、隣室で語り合う私と粋鏡に聞こえるように、今日の将棋の反省をいろいろと寝言で語っていたのが面白かった。練りに練った作戦で、大内9段に返り討ちにあったのが余程悔しかったのかも知れない。

    でも、それにしても面白い1日となったのである。

    明日26日、出石は八幡浜に帰郷し、たぶん私はまた原稿を書き始めるだろう。
    祭りの後は、現実が待っている。

    ps:石山勝敏から、対局写真が送られてきた。カメラマンの眼を通すと、決戦の対局風景はこういう世界となるのだ。

    MG2181.jpg   MG2197.jpg
    MG2205.jpg   MG2239.jpg(終局近くの図。上手はいっきに圧力を加えた)
                            (写真:石山勝敏 www.ishiyamakatsutoshi.com/











    関連記事
    スポンサーサイト

    category: 異化する風景

    CM: 0 TB: 0   

    コメント

    コメントの投稿

    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://0417jun.blog.fc2.com/tb.php/528-8aa3c098
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)