Admin New entry Up load All archives

    Tsuruki Jun<鶴木遵>の原風景 《絶対零度》

    鶴木遵の本、新しい挑戦、趣味である競馬、将棋の駒、男の手料理、めだかやミジンコ飼育、犬猫のよもやま話、など四季折々に感じたことを発信していきます。

    駒作りにチャレンジ~対ギリシャ戦を眺めながら 

    ここ数日、じっと駒をいじっていました。

    最近、ホームセンターに行って端材を買い、彫台を新たに自作してみたのです。どんな物にすればいいかということは判っていましたので、1時間程で完成。

    印刀を、これまで関係各位に教えて貰ったように鋭く砥いで見ると、何となく彫ってみたくなってきたのです。

    で、やってみました。まだサビ漆状態が3枚で、歩と王将は盛上げてみました。最終的には何とか全部(と言っても全部で5枚ですが)盛上げまでやってみようかと思っていますが、どうなりますことやら。

    普段の練習がされてないのに、どことなくそれらしい雰囲気があって、下手くそですが幸せな感触が得られました。やってみるものです。

    書体は、由進の「古流水無瀬」と、「宗歩好」。銀と右の歩が「宗歩好」です。それらしく見えますか?

                           DSCN1330.jpg


    急いで撮った写真ですのでボケてますが、最終的に出来上がったら、きちんとしたお披露目をしますから、今日の処はご勘弁を。わざとボカシて粗を誤魔化している可能性もありますが・・・。

    どうも日本サッカーは1次リーグ突破が難しそうなので、こんなことをして間を埋めてみた訳です。

    それにしても、点を取りにいけない侍JAPANの空しさは、何でしょう?決定的な、同時になりふり構わぬ攻め込む流れ、攻め込むリズムが消え失せてしまっています。残念です。一人足りなくなった高さの相手に、高さを切り崩す方策を示すことはありませんでした。のた打ち回ってでも、という覚悟が見られなかったと思います。

    ワクワクできないので、駒をいじってみたんですが・・・・もう少し上手くならないとこれもまたワクワクできません・・・残念・・・





    関連記事
    スポンサーサイト

    category: 将棋駒

    CM: 0 TB: 0   

    コメント

    コメントの投稿

    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://0417jun.blog.fc2.com/tb.php/455-81eaa4ee
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)