Admin New entry Up load All archives

    Tsuruki Jun<鶴木遵>の原風景 《絶対零度》

    鶴木遵の本、新しい挑戦、趣味である競馬、将棋の駒、男の手料理、めだかやミジンコ飼育、犬猫のよもやま話、など四季折々に感じたことを発信していきます。

    駒師出石(由進)の3月 

    泣いても笑っても、すぐに春3月が来る。

    となれば、虫も花も動物も心置きなく動き出す。春の喜びに満ち満ちてだ。

    しばらく沈黙を保つように静かだった駒師出石の動きにも、どうやら大きな変化が始まるようである。

    現在は、第101作怒涛流(初作からすでに10作ほどまでに達し、その完成度は目を瞠るばかりだ)の盛上げまでが完成しているが、3月からはさらに加速度がついて行く。

    まずは3月3日発売の将棋世界4月号駒師特集「駒に生きる」コーナーで5作の作品が紹介される。錦旗、清安、巻菱湖、淇洲、水無瀬駒だ。

    月内には、佐藤康光書の3作が完成されるはずだ。この康光書は、すでに佐藤将棋教室では参加する皆さんの憧れの駒にもなっている。

    同時に、自ら決意して新たに手を加えた「水兼成」書体の駒も出来上がる予定だ。

    そして月末には、将棋囲碁チャンネルの「お好み将棋道場」での対局のため上京する。飛車落ち戦。対戦相手は佐藤康光九段、解説は飯塚祐紀七段、聞き手は本田小百合女流三段のフルメンバーだ。となれば、今年1月に日本将棋連盟「棋士会」総合企画アドバイザーに就任した竹井粋鏡庵主とも再会するだろう。

    特に新作「水兼成」は、水無瀬駒の集大成を目指した駒師出石の勝負作だから、私は、今から注目しているところだ。

    王将戦の対局駒となった去年もそうだったが、春の到来と共に駒師出石(由進)は元気になって来るようである。

    そろそろ私も、見習って大雪や寒さからの冬眠から目覚めなければいけないなと、そう思うようになっている・・・。

                 izusi 第100作淇洲(出石作淇洲)DSCN1124.jpg(由進作巻菱湖)





    関連記事
    スポンサーサイト

    category: 将棋駒

    thread: 極私的将棋駒の快楽  -  janre: 学問・文化・芸術

    CM: 0 TB: 0   

    コメント

    コメントの投稿

    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://0417jun.blog.fc2.com/tb.php/401-9b324f19
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)