Admin New entry Up load All archives

    Tsuruki Jun<鶴木遵>の原風景 《絶対零度》

    鶴木遵の本、新しい挑戦、趣味である競馬、将棋の駒、男の手料理、めだかやミジンコ飼育、犬猫のよもやま話、など四季折々に感じたことを発信していきます。

    盛上げの作法~駒師清征の挑戦スタート! 

    駒作り。

    彫をさしあたり体得した駒師は、このまま彫を極める鍛錬をして彫駒師として生きるか、あるいは盛り上げに挑戦するかの分かれ道に至る。

    駒字を彫ることで覚えた駒の文法に、さらに漆の文法を噛み合わせなければ、盛上げ駒はできない。だが、盛上げ駒が好きなら、前に進むしかない。彫駒が好きなら、他社の追随を許さぬ彫を身につけねばならない。どちらにしても、作品を創って生き抜く道は、そう簡単ではないことは間違いないのだ。

    淇洲を話題にした文章を読んで、駒師清征から淇洲の飛車を盛上げた写真が届いた。最近になって、清征は少しづつ盛上げの実作業を始めたのである。

    だから送られてきた写真は、清征の最初の盛り上げだと言って良いだろう。

    それはこんな写真だった。
                  1401 清征 淇洲 飛車盛上げ初作

    まだたどたどしいと言えばたどたどしい。初々しいと言えば初々しい。入りの筆にも鋭さが欲しい印象だ。

    しかし、この盛上げ駒をゆっくりと眺めると、基本の文法は押さえられていることは判る。

    筆の選び方、筆の持ち方、筆を置いていく順番、印刀を運ぶようなイメージで真っ直ぐに筆を引きながら曲がりをつける呼吸、曲がりのときの廻し方の筆使いなど、最初の段階で知るべきことは多い。

    清征にとって幸運だったことは、師匠が由進だったことである。これらの考え方や具体的な方法を、由進は、まずは解りやすく教えてくれた。後のことは、慣れてからのことだと。

    やり始めの練習段階なら、滲みも漆のごみもさしあたり気にしなくても良い。とにかく習うより慣れよ。100枚も盛上げれば、誰でも書けるようになります。そしていずれもっと必要な大事なことが解ってきますと、実に大らかな教えだった。

    それは、それぞれの字母の心を理解して、慣れ親しんでみれば、やがてそれなりのものは作れるようになる。そのとき初めて、さて自分はそれをどう表現していくのか自分自身に問えばいい、という合理的な考え方である。

    例えば将棋を覚え始めた子供に、将棋を教えるようなアプローチだと言えようか。詰将棋でも、3手詰めで感覚を掴めば、5手詰めも解けるようになる。そうなれば7手詰め、11手詰めも推して知るべしだ。

    だから清征は、最初の段階からこんな盛上げができた。後は慣れ親しんで行けばいいだろう。そのとき忘れてはならないのは、駒作りが好きだということだけだ。「好きこそものの上手なり」と言うではないか・・・。





    関連記事
    スポンサーサイト

    category: 将棋駒

    thread: 極私的将棋駒の快楽  -  janre: 学問・文化・芸術

    CM: 0 TB: 0   

    コメント

    コメントの投稿

    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://0417jun.blog.fc2.com/tb.php/389-a31bdbcb
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)