Admin New entry Up load All archives

    Tsuruki Jun<鶴木遵>の原風景 《絶対零度》

    鶴木遵の本、新しい挑戦、趣味である競馬、将棋の駒、男の手料理、めだかやミジンコ飼育、犬猫のよもやま話、など四季折々に感じたことを発信していきます。

    原稿書きを終えて~束の間の戯れ 

    ここ2・3日、ちょっと依頼された原稿を仕上げていました。

    こんな私でも、たまには集中してみるんです、ハイ。

    今日読み直して、何とかなっていることを確かめて、さてこれから何をするかと思案しても、疲れが残ってますから、とりわけ何もない訳です。

    そんなときは、これに限ると、最近磨いて仕上げた駒を取り出します。そして写真を撮って見るんです。

    こんな写真が撮れました。

    DSCN1091.jpg    DSCN1088.jpg


    木地故に、一見蜂須賀師から頂いた根付の菱湖の雰囲気が良いんです。銀目or虎斑、どちらにも思えますが、かなりいい色合いになってます。   
    真ん中上の歩と根付の金は柾目の由進作。柾目の味も負けません。この金は、彫駒仕様ですので盛上げ駒しか世に問うてない由進作からすると希少品と言えます。少しは飴色っぽい印象でしょうか?私は十分に満足してますが・・。

    左は、私の書き駒ですので無視してください。(一応本人は宗歩好と怒涛流をイメージしたらしいんですが、どちらも1枚あってもねぇ・・。下手だし・・)

    でも、総じて磨いた駒たちの風合いが、いい感じになっているのを改めて確認して、一人淋しくほくそ笑む私でした・・・。

    あと3日で、新しい年が始まります。皆さん、気を抜かず、もうひと踏ん張りしてくださいませ。ちゃんちゃん・・・。




    関連記事
    スポンサーサイト

    category: 日々流動

    thread: 極私的将棋駒の快楽  -  janre: 学問・文化・芸術

    CM: 0 TB: 0   

    コメント

    コメントの投稿

    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://0417jun.blog.fc2.com/tb.php/371-1a1b4c41
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)