Admin New entry Up load All archives

    Tsuruki Jun<鶴木遵>の原風景 《絶対零度》

    鶴木遵の本、新しい挑戦、趣味である競馬、将棋の駒、男の手料理、めだかやミジンコ飼育、犬猫のよもやま話、など四季折々に感じたことを発信していきます。

    ちょっと困った事態に~かぶれて痒くて 

    ちょっと困った事態が起こりました。まあ、自業自得なんですが・・。

    金曜の午後、少し時間を見つけて、生漆を使ったある実験をしてみたのです。前夜、天啓のような閃きがあったので、これはやるしかないなと思い、以前に買ってあった生漆を持ち出しました。土曜は早朝から深夜まで、一日中出かけなければならず、このタイミングしかなかったのです。

    これまで、私は漆を触ってかぶれたことはありませんでした。家族に症状が現れても、私には何も起こらず、運良くかぶれない体質が備わっているんだと信じていましたから、素手で生漆を触って大丈夫と妙な自信さえ持っていたのです。

    でも過信でしかありませんでした。

    漆を扱っている間に、無意識のうちに、顔を掻いたり、さすったりしてしまったのでしょう。作業を終えたときには、念のため、手先をオリーブオイルで洗い(漆は油分で溶けますので)、しっかり石鹸で手を洗ったんですが・・。

    変化は土曜の午後に起こりました。外出先で何となく顔の異変を感じたのです。

    両頬から鼻の下にかけて、変なツッパリ感が生まれ、モゾモゾとした感覚から始まりました。瞼にも腫れぼったさがあります。指先で触ってみると、月面の荒野のようなゴワゴワとした肌になって、少し赤味を帯びて火照っています。でもそのときはまだ、何かおかしいな、どうしたんだろうとしか思いませんでした。なにせかぶれないという自信があったのですから。

    ただ火照りと、フラッとするような立ち眩みが起こっていました。それでも今日は疲れていて体調が悪いとしか思えません。

    帰宅した深夜にシャワーに入り、顔を洗いながら触ってみると、やはり月面荒野のような状態でした。寝酒にウィスキーをショットグラスで3・4杯あおると、何とか眠りについたのです。

    目覚めた日曜の早朝から、遂に痒みが始まりました。あれっ?と思い、念のため副腎皮質ホルモン入りの軟膏を取り出して患部に塗ってみると、その瞬間から我慢できない激しい痒みとなりました。それでも早く治さなければと、しばらく我慢していましたが、痒みは増してどうにもならず、ティッシュで軟膏をすべて拭き取りました。

    そのときふと考えて、次は薬成分が入っていないワセリンを探し出し塗ってみたのです。漆は油分に溶けるのですから、油分を患部に与えるのは悪い訳がありません。でも一度起こってしまった激しい痒みは引きません。

    次に水分を含ませた熱いおしぼりを、ワセリンを塗った顔に当ててみると、一瞬スーッとして心が静まります。2・3度繰り返して、痒みが静まっている内にもう一度眠ってしまいました。疲れた体では治るものも治らないと判断したのです。

    次に起きたのは10時頃でした。もう一度ワセリンを塗り込んでから、痒みの場所に今度は水に濡らしたおしぼりを当ててみると、それでも効果があることを確かめました。

    それから半日、ワセリンが肌に吸収されたと感じるとまた塗り重ね、痒みを感じると冷水のおしぼりを当てて過ごしました。頬がゴワゴワに突っ張り、火照って、頭は何も考えられません。でも続けるしかないのです。

    痒みがぶり返してピークだったのは昨夜でした。おしぼりを当てながら、指先で軽く叩くことを繰り返して、何とか夜を過ごしました。朝方には疲れて眠っていたようです。うとうとしながら想いを巡らしていました。どうも私は007には為れないようです。スパイになっても痒みの拷問を受けたら、何もかにも白状してしまうでしょうから。生き血を待っている蚊の精鋭軍団のいる器の中に、もし顔を突っ込まれたらなんて考えるだけでゾッとしてきます。

    そして今朝、何とか痒みは治まっています。多少月面荒野の皮膚の表面がムズムズしていますから、まだ気を抜けませんが、このままなら相当楽になる感じです。

    今回は、ワセリンとおしぼりが武器になりましたが、次も大丈夫という確信はありません。慢心すると、やはり落とし穴が待ち構えているようです。謙虚に生きようと改めて反省をした次第です。

    で、実験の成果は?私がこれだけ苦しんでいるのに、まだそれを訊くんですか?

    まあ、いいでしょう。3枚の写真を載せておきます。ごくごく小さな変化ですが、好き嫌いは別にして、お判りになる人には大きなヒントがあると思ってます。さてどうでしょう。


     DSCN1014.jpg DSCN1016.jpg DSCN0797.jpg
        



    関連記事
    スポンサーサイト

    category: 日々流動

    thread: 異化する風景  -  janre: 学問・文化・芸術

    CM: 0 TB: 0   

    コメント

    コメントの投稿

    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://0417jun.blog.fc2.com/tb.php/345-33ee5213
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)