Admin New entry Up load All archives

    Tsuruki Jun<鶴木遵>の原風景 《絶対零度》

    鶴木遵の本、新しい挑戦、趣味である競馬、将棋の駒、男の手料理、めだかやミジンコ飼育、犬猫のよもやま話、など四季折々に感じたことを発信していきます。

    優駿元編集長福田喜久男1周忌を飲み明かす会・8月27日 

    DSCN0690.jpg

    もうあれから1年になる。

    8月は福田喜久男の1周忌。最後は独り身だったこともあり、私たち有志が揃って1周忌を飲み明かす会をやるしかないと決めて執り行ったのである。勿論無礼講で、楽しく騒ぐことが、生前の福田喜久男の意思でもあったから、そのことだけは(都合良く?)守り抜いた。

    場所は、いつもの中野の居酒屋「廣」の2階の貸切の特別室。

    この店は、かつての新橋「田吾作」の女将を母に持つ山口廣子が、今年1月に思い立って開店した。酒場を経営することの大変さを身近に知っていた彼女だったが、巡り巡って自分の店を開いたのである。

    開店以後、福田喜久男を知る男たちが集うのは、季節に1度のペースで今回が3回目。だがいつもにぎやかに楽しく(嗜みある紳士?が集って泥酔する顰蹙者がいないからだが、皆が酒に弱くなったのかも知れない)、もはや声が掛るのを待ち遠しく思うメンバーも増えた。今の時代、こんな会はなかなか開けないのが現実でもあるからだ。

    今回は、ほぼいつものメンバーに、作家古井由吉や矢野誠一や、生前の福田喜久男と親しかったMさん、二人のYさん、カメラマン石山勝敏の新規参加もあった。始まって1時間ぐらいすると、東中野で10月の芝居公演の稽古に入っている李麗仙も駆けつけてきた。結局、2階の特別室は満員御礼状態で、身動きも不自由になるほどの盛会となったのである。絵描き野口アキラは、また今回も献身的に皆に酒を振舞ってくれた。お疲れ様と感謝したい。

    夕刻6時から10時半まで、息切れすることもなく勢いを保ってゴールインした飲み会だった。きっと部屋の何処かで、そっとあちらの世界を抜け出してきた福田喜久男も、あの笑顔で参加していたことだろう。そう信じたい。

    で、私?中野で10時半だと、もう終電には間に合いません。これは予想がついていたので、今回はちゃんと定宿にしているホテルを予約しておきました。でもねぇ、そうして参加すると他の方たちの倍の会費になってしまうのが、何となく悔しいんですが・・。でも、もう次の会は11月と楽しみにしているんですから、まあ度し難い輩と呼んでやってくださいませ・・・。

    関連記事
    スポンサーサイト

    category: 日々流動

    thread: 異化する風景  -  janre: 学問・文化・芸術

    CM: 1 TB: 0   

    コメント

    なんて羨ましくなる追悼呑み会の記事!

    涼しい風に変わりつつある時。暑気払いも毛寝て、いや、
    毛は無かった。兼ねてになりそうな呑み会。

    羨ましい限りです。

    平光恵美子 #- | URL | 2013/08/29 20:03 - edit

    コメントの投稿

    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://0417jun.blog.fc2.com/tb.php/319-d8199981
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)