Admin New entry Up load All archives

    Tsuruki Jun<鶴木遵>の原風景 《絶対零度》

    鶴木遵の本、新しい挑戦、趣味である競馬、将棋の駒、男の手料理、めだかやミジンコ飼育、犬猫のよもやま話、など四季折々に感じたことを発信していきます。

    ああ、ゴールドシップ 2013春天皇賞~京都3200m 

    130429KI01.jpg   130429KI02.jpg写真:石山勝敏


      


    ゴールドシップの反応は鈍かった。

    いつものように残り5F(1000m)地点辺りからまくり上げようとしたが、第4コーナーでは内田博幸が、バシッバシッと激しく馬に活を入れなければならぬほどだった。

                 2013春天皇賞第4コーナー内から2頭目が勝ったフェノーメノ、右隣がトーセンラー、その隣の葦毛がゴールドシップ。

    コーナーを廻って、直線を迎えたとき、戸崎圭太ジャガーメイルに前を過られて体勢を立て直すロスを受けはしたが、それがなくてもこの日は3着が精一杯だったろう。昨年のダービーを再現するかのような5着敗退だった。

    何が原因なのか正確には判断がつかない。競馬サークルには「2走ボケ」という便利な、しかしそうとしか言えない用語がある。休養明けの前走で走りすぎてしまった馬が、2戦目に考えられぬ凡走をすることをいう。それなりの好状態の調教気配を保っているのにレースで走らないのである。そして3戦目には、元の姿を取り戻すのだ。

    一説には、京都の高速馬場を敗因の理由に上げられているが、私にはそうは思えない。スタートの遅れがなかったら、また別の形のレースになっていた筈だし、今回は内田博幸の手綱によって、そんなレースを見せてほしいと願っていたのだが・・・。

    何となく思い当たる節がないわけでもない。芝コースで行われた最終追い切りで、ゴールドシップは妙に動かなかったのである。合わせた相手がほぼ馬なりの手応えなのに、ゴールドシップは、鞭を入れられ激しく追われていたのだ。明らかに前走阪神大賞典のときの方がまだ良かったと思えた。しかし私も凡人である。心にわだかまるものを感じたのに、改めて抜群の成績欄を見て、いやいや杞憂だろうと自分自身の勘を否定してしまったのである。

    でも予感は正しかった。第4コーナーで先団に取りついたら、そこから一気に突き抜けるのがゴールドシップなのに、もたついて、蛯名正義フエノーメノ、武豊トーセンラーに逆に離されてしまったのだから。

    今はただ、あのシャープに弾けた姿を取り戻してほしいと願うばかりである。

    勝った蛯名正義フェノーメノも2着の武豊トーセンラーも、資質の高い馬に乗ったらこれしかないという、競馬の教科書通りの騎乗だった。中団ポジションから4コーナーで先頭に並びかけゴールインする騎乗である。でも馬が強くなかったら、なかなかこの芸当はできない。その意味では、蛯名正義も武豊も手綱の手応えに自信を持って乗っていた印象だ。わけても武豊は、最初からゴールドシップではなく、フェノーメノをマークしていたようで、こんな騎乗にも、実は武豊のしたたかさは表れているのだと知らされた。

               2013はry天皇賞ゴール

    ゴールイン直後、騎手学校3期生の同期の2人は、馬上で何を語り合ったのだろうか?

               ゴールイン後2013春天皇賞

    つくづく競馬は難しい・・・。でもだからこそ面白いと言えるのだ。
    関連記事
    スポンサーサイト

    category: 競馬

    thread: 演劇的競馬論  -  janre: 学問・文化・芸術

    CM: 0 TB: 0   

    コメント

    コメントの投稿

    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://0417jun.blog.fc2.com/tb.php/260-a1b92895
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)