Admin New entry Up load All archives

    Tsuruki Jun<鶴木遵>の原風景 《絶対零度》

    鶴木遵の本、新しい挑戦、趣味である競馬、将棋の駒、男の手料理、めだかやミジンコ飼育、犬猫のよもやま話、など四季折々に感じたことを発信していきます。

    並べてみると~なんと不思議な駒世界 

    2012 e makiryouko y ryouko DSCN0805.jpg


    ふたつの巻菱湖AとBを並べてみました。勿論、写真の仮想世界でですよ。

    ひとつは40年以上も前の逸品です。もうひとつは完成してまだ1年の駒です。敢えて銘は伏せておきます。

    本来は、こうして並べることに意味はないのかも知れませんが、字母の微妙な違いなどが判ってくるので、敢えて禁を破ってみたのです。

    で、感じました。

    結局、どちらを好むのか、どちらを良しとするかは、人様の評価や言質ではなく、手にする当人の問題であると。

    駒は、やはりまず基本は、道具です。道具を持つ当人が、何を考え、何に価値を見出し、何を持って生きがいと為すかに、全ては係わってくるのでしょう。

    そこをきちんと整理しておかなければ、「宝の持ち腐れ」となってしまいます。

    このことを、念には念を入れて、自覚しておこうと思います。

    関連記事
    スポンサーサイト

    category: 将棋駒

    thread: 極私的将棋駒の快楽  -  janre: 学問・文化・芸術

    CM: 0 TB: 0   

    コメント

    コメントの投稿

    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://0417jun.blog.fc2.com/tb.php/213-d60376c4
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)