Admin New entry Up load All archives

    Tsuruki Jun<鶴木遵>の原風景 《絶対零度》

    鶴木遵の本、新しい挑戦、趣味である競馬、将棋の駒、男の手料理、めだかやミジンコ飼育、犬猫のよもやま話、など四季折々に感じたことを発信していきます。

    3年後の姿~送られて来た写真から 

    朝焼け。海を魔性の力によって支配する月が沈み、緑の大地を喜ばす太陽がゆっくりと顔をのぞかせる、そんな刻限。

    ひんがしに炎立ち始め、赤と黒と青が入り混じってグラデーションを奏でる一瞬の空。それは、妖気ではなく、ただただ人を大宇宙の霊気の前にひれ伏させてしまう神々しいまでの力を見せつける。

    日が昇り来る、最果てのひんがし(東)の地のことを、古代日本原人たちは、日向(ひむか)の地として崇めた。日向を逆さに読むと、カムイであり、神につながる。そこにも何かの意味が隠されているのだろう。

    古代日本原人たちは、自然を、大自然の力を畏れ、崇めた。いわゆる自然崇拝である。

    対して、後の世に移入された外来の宗教は、絶対者からの教えを受けて、諭される形式のものであった。諭す故に、実はどの時代にあっても政治的にならざるを得なかった。

    つまり、日本、日本人を考えるとき、最も注視しなければならぬのは、この「感じる力」を重要と考えた事実なのだ。「感じる力」は、人の5感を研ぎ澄まさなければ働かない。それこそが、日の本の民の特権的能力だった筈だ。
    外来の信仰、或いは宗教は、どう考えても「教え諭す」ものであり、受容者に「感じる力」を失わせただろう。ここに限界があると、私は感じる・・・。

    森には精霊がいきづき、山は山の神によって守られ、火には火の神、水には水の神。そして私たちの中には、それらの存在を畏れ、感じる力がある。

    「感じる力」は畏れがあるから謙虚である。何かに到達したと、おそらくは錯覚する「教え諭す」文明は、すぐに増長傲慢する。しかし文明の予定調和は虚しい。

    「教え諭す」文明は、東北大震災の前に、如何に無力であったことか・・・。


    こんなことを、かつて「妖説このはなさくや姫譚」に書いたな、来年はこれをぜひ本にしなくてはと、ひとり机の前で考えていたとき、一枚の写真がメールで送られて来た。そこで私は、また現実に戻った。




    巻の庄、菱湖村に住むマツ・キ・タ・ミコさんからだった。

    このマツ・キ・タ・ミコさんが、実在の人か、どなたかの筆名であるのか、少し謎があるのだが、推測するに深い絆で結ばれた集合体的人格ではないかと思えてならなかった。

    オヤジでもあり、その信頼できる伴侶でもあり、また子供(元気な凛凛しい男の子か、または愛らしい女の子か)
    でもあり、その集合体は、否応なくたぶんオヤジがリードした趣味を微笑ましく共有している、そんな気がしてならなかった。でももしそうなら、今の時代には、最高の幸せを共有していることにもなる。

    何故、そう思えたのか?

    それは、この写真から判明するに違いない。駒写真だった。

    でも、そのまま載せるのでは味気ない。今から3年後を予測して、マツ・キ・タ・ミコさん(たち?)が使って磨いたら、こんな風になる筈だ、と勝手に色合いに手を加えてみた。そう、5感を機能させて。

    201212 巻菱湖東野炎杢 3年後画像
     うーん、杢が美しい。現実にはもっとおしゃれに現れるのだろう。この杢模様は、今でも「東野炎」と命名されているのだから。

    ならばと、私は、手元にある駒の3年後を予測してみた。

    2012 7月 巻菱湖

    調子に乗って、二つの駒を並べてみよう。旬を迎えるはずの近未来3年後のデモンストレーションだ。

    201212 巻菱湖東野炎杢 3年後画像  巻菱湖 3年後画像

    あれっ?よくよく見ると、これは、木地は違えど、同じ由進作巻菱湖ではないのか?どうもそうらしい。

    どうも、私には、マツ・キ・タ・ミコさんという巻友ができてしまったらしい。

    まあ、いいか。いや、良くない。私は今朝、思索に耽っていたのに、ああ、このマツ・キ・タ・ミコさんの闖入で、駒世界に連れて行かれてしまったのだ。私の5感もだらしないものである。好きなことには、すぐに乗ってしまう程度なのだ。恥じ入ります。

    でもね、予期せぬこんなことがあるから、生きていても楽しいんでしょうね・・・。
    関連記事
    スポンサーサイト

    category: 将棋駒

    thread: 異化する風景  -  janre: 学問・文化・芸術

    CM: 0 TB: 0   

    コメント

    コメントの投稿

    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://0417jun.blog.fc2.com/tb.php/200-27da8ddd
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)