Admin New entry Up load All archives

    Tsuruki Jun<鶴木遵>の原風景 《絶対零度》

    鶴木遵の本、新しい挑戦、趣味である競馬、将棋の駒、男の手料理、めだかやミジンコ飼育、犬猫のよもやま話、など四季折々に感じたことを発信していきます。

    送られて来た写真~「駒師由進」本 

    DSCF0195.jpg

    昨日、ちょっと嬉しい出来事がありました。

    私の「駒師由進」本を読んでくださった横浜のHさんから、こんな写真を送っていただいたのです。

    何とわざわざ綺麗な柾目の脚付碁盤の上に卓上の将棋盤を乗せて背景にして、その中心に本が置かれ、周りは由進作薩摩黄楊源兵衛清安がデコレーションされています。

    ありがたいことです。何とかこの気持ちをお伝えしようと、思わず勝手にUPしてしまいました。

    でも、ちょっと深く考えてみると、本の内容が気に入られたのか、由進の駒世界が魅力的だったのか、そこが私にとっては悩ましい難問でもあるんですが・・・。

    いずれにせよ、私は、明日を信じて基本的に気ままな楽観主義で生きていますから、私にとっていい方に捉えておくことにします。

    こんな反響が、古来より創り手を育てるんです。感謝あるのみです。

    DSCF0187.jpg

    PS:私が体調を崩し、その上左手を怪我したために、打ち合わせが大きく遅れました。そうこうしているうちに師走となってしまいました。年末進行のある印刷関係ですので、結局2刷りは年明けになります。お待たせしますが、そのときはよろしくお願い申し上げます。
    左手の怪我はまだ固まらず、実はキーボードを打つのも右手だけの有様です。ああ、情けなやー状態が、今しばらく続くでしょう。
    関連記事
    スポンサーサイト

    category:

    thread: 異化する風景  -  janre: 学問・文化・芸術

    CM: 2 TB: 0   

    コメント

    鶴木さま

    遅くなりましたが、コメントします。
    まず感じたのは、本の外装がお洒落であることです。
    また実際読んでみると小さい割に、とても見やすかったことです。
    私は駒収集歴はまだ1年半と浅く、内容も非常に参考になりました。
    駒木地を同様に買いましたが、これはまた吉岡さんに制作をお願い
    しようとしたからです。
    最後に、パソコンとにらめっこすると目が疲れますので、
    自分はブルーライトカットのメガネを愛用しています。
    寒くなる折り、とにかくお身体だけにはご自愛ください。

    長谷部 #WYky.KDg | URL | 2012/12/22 01:01 - edit

    Re: タイトルなし

    H様
    コメントありがとうございます。また素敵な写真も送っていただきましたので、ブログにUPさせていただきました。(事後承諾でスミマセン)「駒師由進」本の表装は、何とか工夫しようと試作で手造りしたものです。紙の種類で、印刷が少しかすれますが、それがレトロっぽくていいという感想もいただいております。2刷りまでにこれだ!と納得できるスタイルを決める予定でおります。Hさんの薩摩黄楊源兵衛清安は、ビシバシ使い込んで魅力を出す駒と感じました。数年後が楽しみですね。                  鶴木

    Jun.Tsuru #- | URL | 2012/12/22 07:07 - edit

    コメントの投稿

    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://0417jun.blog.fc2.com/tb.php/194-2206124f
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)