Admin New entry Up load All archives

    Tsuruki Jun<鶴木遵>の原風景 《絶対零度》

    鶴木遵の本、新しい挑戦、趣味である競馬、将棋の駒、男の手料理、めだかやミジンコ飼育、犬猫のよもやま話、など四季折々に感じたことを発信していきます。

    「駒師吉岡由進」本 

    DSCN0734.jpg

    ここ数日、「駒師吉岡由進」本を手にした方たちから、私の予想以上の反響が届いています。

    嬉しい限りです。

    子供たちからも興味をもたれたとか、いっきに興奮状態で読み終えたとか、上手くは言えないけれど、とにかく臨場感を持ってその場にいられたとか、たかが一人の駒師の本にどうしてこんなに心が動かされてしまったのだろうかとか・・・。

    皆さんご存知の駒師の先生からも興味をもたれてオーダーがありましたし、私自身が戸惑ってしまうような口コミの声が沸いております。

    「駒の楽しみは、一日にしては成らず。而して駒の楽しみは、駒師由進に通ず」

    駒師由進はローマじゃないのに、そんな感想を抱いて皆さん楽しんでくださっているようです。

    まずは良かったと、ホッと一安心です。

    しかし、1刷りはもはや在庫僅少。これから次につながる打ち合わせ用の部数しか残ってはいません。次は今月半ば頃までに、次なる方策を考えます。何せゲリラ戦ですから。

    でも手に取って頂いた方たちの多くの反響は、力強い支えとなります。

    2刷りでは、もっとより多くの方たちの手に渡りますようさらに勝負する決意です。よろしく応援をお願いいたします。
    関連記事
    スポンサーサイト

    category:

    thread: 異化する風景  -  janre: 学問・文化・芸術

    CM: 0 TB: 0   

    コメント

    コメントの投稿

    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://0417jun.blog.fc2.com/tb.php/173-57347d34
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)