Admin New entry Up load All archives

    Tsuruki Jun<鶴木遵>の原風景 《絶対零度》

    鶴木遵の本、新しい挑戦、趣味である競馬、将棋の駒、男の手料理、めだかやミジンコ飼育、犬猫のよもやま話、など四季折々に感じたことを発信していきます。

    仮タイトル《駒師由進~将棋駒を創る喜び》 

    20120701由進 淇洲   20111 源兵衛清安 赤柾

    先週から、書き溜めた原稿を整理しています。

    ほぼ駒写真を除いて終わりました。

    この暑い盛りに、どうしたんだと思われるかも知れませんが、何と本を作ることを決めたんです。

    このまま何事もなく順調に進めば、9月初旬には出来上がるでしょう。

    以前に、かつての担当編集者と再会したことを紹介しましたが、ひょんなことから話が進み、まだ電子書籍がどうなるかもうひとつ判らない状況だからこそ、敢えて実験的にアナログ本を創ってみようかということになりました。

    誤解を怖れず言い切れば、ネット社会は、世の人々が文章にお金をかけることを良しとしなくなってしまった社会とも言えるんです。代価を支払わずとも、必要な情報は集めることが出来てしまうんですから。この流れは、一体どうなって行ってしまうんでしょうか?現時点で私には答えがありません。

    それ故、ともかく既成の本作りではなく、言わばゲリラ戦で、本の試作品を創るわけです。

    悲しいかなそれなりの持ち出しもあるでしょうが、何もやらずに手をこまねいているわけには行きません。

    で、たまたま「駒師由進」の原稿を見せたら、将棋を深くは知らないけど、読んでみると面白いと言うことになり、試作第1作は、「駒師吉岡由進~将棋駒を創る喜び」という仮タイトルで、行けるとこまで行くことになりました。

    駒写真をカラーでバンバン載せる本にするには、残念ながら予算が厳しいのですが、そこは文章でフォローしようかと思ってます。今のところ、読み直していてもいけそうな気配で進行しています。

    おそらく新書版サイズとなりますが、楽しく戯れてみるつもりです。

    日本初の単独駒師本。さてさてどういう結末になりますやら、乞うご期待です。

    のちのち皆様にも、ご協力やご購入SOSを仰ぐかも知れません。その節は、ぜひ日本に将棋駒師文化を定着させる気概で、応援よろしくお願いします。

    「駒師由進」の駒世界は、お世辞ではなく、本で読んで着目しても面白いものがあると信じています。

    エッ、そんなことは判ってる?そうでしょう、そうでしょう・・・

    由進・ 錦旗 雲竜杢   由進・宗歩好 根杢柾目

    関連記事
    スポンサーサイト

    category: 将棋駒

    thread: 異化する風景  -  janre: 学問・文化・芸術

    CM: 0 TB: 0   

    コメント

    コメントの投稿

    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://0417jun.blog.fc2.com/tb.php/140-38ccf628
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)