Admin New entry Up load All archives

    Tsuruki Jun<鶴木遵>の原風景 《絶対零度》

    鶴木遵の本、新しい挑戦、趣味である競馬、将棋の駒、男の手料理、めだかやミジンコ飼育、犬猫のよもやま話、など四季折々に感じたことを発信していきます。

    祝・落札 

    蟆・」矩ァ・008_convert_20120122171016  蟆・」矩ァ・006_convert_20120122170858  蟆・」矩ァ・001_convert_20120122171620  蟆・」矩ァ・004_convert_20120122171744

    写真の駒は、以前にIさんが送ってくださった一乕作安清と錦旗。盛上げ駒です。

    その折、Iさんが、一乕作の安清の彫駒を、自分自身の普段使いに欲しがっておられることを知りました。

    私の彫駒を、半ばうらやましそうに褒めて下さってもいたのです。一乕作 安清書 彫駒①



    あれから半年、先週のオークションに遂に一乕作 安清彫駒が 24-5-27-1020036.jpg

    オークションに出品されたのです。途中で、実はレア品である一乕作昇竜書彫駒が出品されたこともありましたが、Iさんはあくまでも安清書体に拘り、いつか出会いのあるのを首を長くして待っていたのです。

    そして先週、偶然にオークションで出会えました。

    Iさんは、何とか落札しようと決意したのです。

    その事実を知って、私は陰ながら応援していました。応援といっても、ただ経過を見守るように眺めていただけでしたが・・・

    初日、2日目と、じわじわと価格が上がって、どうなるのかなと、私は好奇心いっぱいでしたが、最終日には、不思議にいっきに価格が上がることなく、無事にというか、何とかと言えばいいのか、Iさんは、晴れて最終落札者になったのです。

    恋焦がれたあの娘と、巡り巡ってようやく結ばれたIさんでした。

    おめでとうございます。

    今頃は、あの娘と二人で、将棋盤の上で、手を取り合っておられることでしょう。

    でもよくよく考えると、Iさんは、盛り上げ駒と併せて、完璧な駒師一乕コレクターになったわけで、うん、こりゃ羨ましいことと、今度は私が、少しばかりやっかんでしまいましたよ・・・(苦笑い)

    関連記事
    スポンサーサイト

    category: 将棋駒

    thread: 極私的将棋駒の快楽  -  janre: 学問・文化・芸術

    CM: 0 TB: 0   

    コメント

    コメントの投稿

    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://0417jun.blog.fc2.com/tb.php/125-964c4279
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)