Admin New entry Up load All archives

    Tsuruki Jun<鶴木遵>の原風景 《絶対零度》

    鶴木遵の本、新しい挑戦、趣味である競馬、将棋の駒、男の手料理、めだかやミジンコ飼育、犬猫のよもやま話、など四季折々に感じたことを発信していきます。

    2017 皐月賞・中山芝2000m~やっぱりな 

    由進作 左馬・幸運駒②

    何となく先週末は慌ただしかった。
    土曜の午後に、11Rのメインレース扱いとなった中山GJをTV観戦。もはや障害馬として大成した印象のある石神深一オジュウチヨウサンに何の不安も感じられず、勝つのはこの馬だと決めて応援した。オジュウチョウサンの特徴は、ただただジャンプが好きで、ジャンプすると普通の馬は消耗するのが常なのだが、この馬だけはジャンプをすると逆に元気バリバリになるのだという。平地レースでの実績はなかった馬だが、障害馬として新境地を開いた。特筆すべきセールスポイントがひとつあれば、幸運に出会えるというドリームを掴んだ馬だったのだ。それが、昨年の中山GJから6連勝、その勝利には暮れの中山大障害と今年の中山GJが含まれているのだから素晴らしい。

    この日、一昨年の中山大障害馬で昨年の大障害でも2着を確保した林満明アップトゥデイトとの馬連が、2倍を切るオッズだった。何となくだが、どうもこの組み合わせでは今日の中山GJは決まらないと思えてならなかった。いや、それほどの根拠はなく、競馬は勝負事だと考えると、2着には別に勝負に絡もうとする馬がいるのではないかとそう閃いたのだ。

    で、私は、内から平沢健治タイセイドリーム、難波剛健サンレイデューク、高田潤ルペールノエル、念のために林満明アップトゥデイトの馬連4点でレースを見守ることにした。

    アップダウンの激しい4250m(そこに大竹柵と大土塁がある)。しかしオジュウチョウサンの飛越は実に安定していた。石神深一の騎乗も、自信が漲って馬と一体化していて、実に堂々としていた。結果は楽勝の勝利。

    3コーナー過ぎから勝負を賭けて来たのは、難波剛健サンレイデュークで、林満明アップトゥデイトが離された3着。4着は平沢健治タイセイドリーム、5着は高田潤ルペールノエル。
    私は、1着馬から2、3、4、5着の馬の馬連を買っていたことになった。私にしては珍記録だった。

    夕方からは、私用をあれこれ片づけて、ついでに皐月賞の最終追い切りを確認して過ごし、翌朝は5時過ぎに目覚めて、新聞に眼を通しもした。

    朝8時半のレッドアローに乗った。今日は、気分を変えて所沢までにした。各駅に乗り換えて隣の新秋津で下車。武蔵野線の秋津まで歩いて、生まれて初めて秋津から船橋法典に向かった。東京競馬場のある府中本町までなら何度も乗っているのだが、秋津から船橋法典に向かうことはこれまで一度もなかったのである。路線図を見ると、まるで外環道に沿ってグルッと近郊を田舎巡りをするかのようで、何となく躊躇っていたのだ。半円形を思い浮かべると、A地点から反対のB地点まで、円周に沿って行くよりも直径を進む方が距離が短く感じるのは人情だ。

    でも考えようによっては、座って65分なら、いろんな乗り換えを考えると楽かもしれない。それでも初めての道中は何かと気を使うので、ゆっくりと眠っている訳にはいかないのは、私自身の性格だろう。

    結局、いつもの都心を抜けるコースと比べると15分ほど早く中山競馬場に着いた。
    そのまま真っ直ぐに「優駿」の部屋にたどり着く。すでに矢野誠一御大が到着していたので、今朝の武蔵野線の道中を話すと、
    「いえね、その昔府中で(桂)文生としこたま酔っ払って、そのまま何故か府中本町に行ったら、東京行きの電車があって、コリャァしめたともんだと乗ったはいいけど、東京までが実に長い道中で、文生はすぐに寝ちまったから覚えてないだろうけど、こっちは大変な思いをしたんだよ」
    と、苦笑しながら言われた。よくよく考えると、東京競馬場にいたのに、深夜の武蔵野線でグルッとひと回りして、何と中山競馬場経由で東京駅に向かったのだから、正気の沙汰ではなかったろう。酔っぱらっていたのが良かったというもんだ。

    8R。1000万条件の鹿野山特別芝2000m。前半5F60秒3のペースで勝ったのはルメール騎乗のテオドール。2着の田辺裕信カラビナとの馬連は持っていた。勝ちタイムは1分58秒7。古馬の1000万条件でこの時計なら、本番皐月賞は、1分58秒か、58秒を切るぐらいの決着となるだろうと予想した。あとは皐月賞まで、ジッとおとなしくしていようと決めた。

    この皐月賞で応援する馬を、私はすでに決めていた。最初に考えたのは、皐月賞に至るトライアル戦の中で最も印象に残るレースだったのはどれだろうか?ということだった。

    2つのレースが浮かんでいた。東京の共同通信杯と阪神の毎日杯。四位洋文スワーヴリチャードと松山弘平アルアインである。ここからどの馬に行くかが勝負の分かれ目だろう。加えたのは、ホープフルSの勝ち馬でルメールの乗るレイデオロと田辺裕信のアウトライアーズだった。
    ここまで3連勝の牝馬ファンディーナは闘った馬のレヴェルを考えると今日は無視できたし、アルアインを選ぶなら同じ池江厩舎のペルシアンナイトはいかにデムーロ騎乗だったとしても盲点になってしまったし、スワーヴリチャードに共同通信杯で負けた武豊ダンビュライトにも、ずっと乗っていたルメールが騎乗しないという理由で眼が行かなかった。

    皐月賞の直前に画面に流れた単勝オッズを見て、
    「ファンディーナが2.6倍で、アルアインなら22倍だよ。どちらを買うかは自ずと決まるんじゃないでしょうかねぇ」
    などと口にしたが、私自身は単勝は買わなかった。最終的に四位洋文に期待して、アルアイン、レイデオロ、アウトライアーズの馬連3点。武蔵野線初体験の気疲れからか、私の中の閃きの扉の鍵は今日は開けられなかったのである。

    1着松山弘平アルアインの勝利のポイントは、堂々と好位から正攻法の競馬に挑んだことである。そうできた裏付けは、毎日杯の好タイムでの勝利があったればこそだったろう。
    2着デムーロ・ペルシアンナイトは、何といってもインをするすると上がっていった3コーナー手前からの、デムーロによる忍者騎乗の成果だったと思う。
    それにしても池江厩舎のワントゥフィニッシュの結果とは・・・。何となく狐につままれた気分だった。

    1か月後の日本ダービー。私は今日選んだ馬たちに今日出走を回避した2億円馬サトノアーサーを加えて、推理に挑もうと思っている。

    いつものメンバーで法華経寺に向かう帰り道。並んで歩く文春の編集者F氏に、
    「あの原稿は面白かったですよ。カンカン・・という音色が今も頭に残ってるんですよ」
    と言われた。暮れに、書き上げたばかりの原稿を読んで下さいと渡していたのである。そのひと言だけで、今日中山に来て良かったと思えた。昨日の中山GJと今日の8Rの多少のプラスを、おまけをつけて吐き出した(いやJRAに預金してしまった)が、私にとっては、もう少し生き抜く希望となる一言だったのである。

    それからの2時間。いつもの茶店で春の宴に酔い、下総中山から隣の西船橋に戻って、また武蔵野線を旅して帰った。
    何と所沢からは、いつもより1時間早いレッドアローに乗れてしまった。

    次は、春天皇賞だ。雪辱のチャンスにしようと決意を新たにしている。







    スポンサーサイト

    category: 競馬

    CM: 0 TB: 0   

    ふと気がつくと~花いっぱいの季節 

    DSCN2409.jpg DSCN2410.jpg DSCN2411.jpg DSCN2415.jpg
    ハーブからスノーホワイトまで、まだ枯葉の残る庭先に出てみると、いつの間にか、そこかしこに花々の姿が見られるようになっています。

    わずか10日前には、雪に見舞われてこんな景色だったのが遠い昔のようです。DSCN2399.jpg

    DSCN2413.jpg DSCN2412.jpg DSCN2414.jpg
    レンギョウ、ゆきやなぎも、まるで年に一度の化粧をするかのように花をつけ始めました。桃の花も蕾が開きました。

    冬の間、食パンをねだりに来たヒヨドリが姿を見せなくなると、山にはウグイスの鳴き声が聞え始め、雄蛙たちも雌を呼ぶ繁殖の低音の鳴き声を沢に響かせます。

    こんなにも素直で、こんなにも無邪気に、春の陽光を楽しみ尽くせるのは、羨ましさを感じるほどです・・・。





    category: 自然

    CM: 0 TB: 0   

    金魚を飼おう⑩~ランチュウの成長・9か月目に突入 

    DSCN2402.jpg    DSCN2403.jpg

    ようやく山も桜の季節を迎えている。

    昨夏から飼い始めたランチュウたちも無事に越冬して、ひと安心。例年に比べてそれほど寒すぎることもなかったので、冬眠状態にして餌断ちをすることなく、室内の気温の様子を確かめながら2日に一度は少量の餌をやっていた。それでも金魚たちはしたたかに成長を重ね、今や鼻先(?)から尾の先までの前兆が10㎝近くになり、ランチュウらしい肉瘤も大きさを増して、胴回りもデーンと相撲取りのような貫録を漲らせている。

    人間なら、そろそろダイエットに悩まなければならないところだが、この種の金魚は太目の方が愛らしいから不思議だ。

    昨日、10日振りに金魚の住処の水替えをした。新鮮な水に気分もリフレッシュさせて喜んでいたような気がする。

    その様を見て、ついでだからと私自身もリフレッシュしてみようかと決めた。去年の6月から伸ばしたアゴ髭を、いちど暮れの12月25日有馬記念の日に落としたが、それから再度約4か月伸ばしていて、引っ張ると長いところで4cmほどになっていたのだ。最近、どうも聖徳太子とお友達になれないので、せめて真似をするようにアゴ髭を生やして仲間に入れて貰おうかと、無理な笑顔で卑屈ににじり寄ろうとしてみたのだが、桜花賞の結果のように、いい処までにじり寄っても、どうも聖徳太子とは親密なお友達にはなれてはいない。で、それならまた再び気分転換をしてみようかと決めた次第。

    ハサミでカットしてからスッキリとシェービング。

    何だか若返ったようだ。それに何となくモヤモヤと重く感じていたアゴの辺りが軽くなった。髭もそこそこ重量があったのかと思うと、それも不思議でならなかった。そうさ、また人生の再出発だ。人生なんて何度でもやり直せるに決まってる。タバコだって何度でも止められるじゃないか。うん、そうだ、そうだ・・・。

    リフレッシュした別人の顔で金魚盥を覗いてみた。  DSCN2407.jpg
    お気に入りのオランダ獅子頭が近くに寄ってきて尾を広げてくれた。まるで「くじけないでね」と、言われたような気がした。

    しばらく、そうまた気が変わるまで、これから毎日髭剃りに励むとしようか・・・。








    category: 金魚を飼おう

    CM: 0 TB: 0   

    まさか・・嘘!・・ショボーン・・2017桜花賞・阪神芝1600m 

    由進作 勝運駒

    シリアや北朝鮮での情勢が不可解であろうと、現職総理ファミリーへの行政の忖度が不愉快な理不尽さに満ち溢れていようとも、あるいは教育勅語が現在の法に反して教育の現場で正当化されようとしていようとも、この桜花賞のソウルスターリングだけは黙って信頼できる存在だと信じ切っていた。

    パドックに現われたソウルスターリングは、いかにも気品に満ちて、まさに宝玉の輝きを放っていた。それは他馬を圧する風情としか思えなかった。抜けていたのだ。

    週内から、多くの競馬ファンと意を同じくして、私は勝つのはソウルスターリングだと決めていた。2歳牝馬チャンプとなった阪神JFでも、また桜花賞トライアルチューリップ賞でも、ただ1頭次元の違うホームストレッチでの弾ける印象的な脚力を見せつけていた。それもこの桜花賞と同じ阪神の芝1600mの舞台でである。この時点では、疑う方が邪道というしかなかったのだ。

    週末から当日にかけて降り注いだ雨が、桜花賞というレースにこれほどまでに影響を及ぼすなどということにも、厳粛な結果が出るまで私自身は考えが及んではいなかった。ソウルスターリングの母にフランスで乗ったこともある騎手ルメールが、血統的にも重馬場は大丈夫と競馬マスコミの取材に答えていたし、ちょっと気懸りだった私も、当日7Rに行われた1000万条件のマイル戦を見て、直線内からスーッと上り35秒3の脚で抜け切って勝った川田アナザープラネットのその勝ち方に、重い馬場の影響は思ったよりは少ないのかも知れないなと安心してしまっていたのだ。まさかソウルスターリング自身が苦にするとは・・・想定外のドラマとしか言えない・・・。

    ほぼ絶対の軸馬が決まっていれば、その絶対の牙城に対して、負けを覚悟の上で一瞬のスキを突こうとするのは、やはり経験と実績と勝負度胸を自らに育んだしたたかな騎手だろう。それしかないというのが、第77回桜花賞への私の自己納得できるアプローチだった。

    ならば結論は容易に出る。横山典弘、四位洋文、池添謙一、川田将雅を相手に選んだ。今の武豊は、ここ一発勝負よりはキタサンブラックを正攻法で勝たせる騎手だと思い、また好きなローエングリン産駒のフィリーズレビューの勝ち馬カラクレナイは、騎手田辺裕信には魅力はあったがデムーロが乗らなかったという理由で選ばず、またそのデムーロが選んだアドマイヤミヤビは、1分33秒2の好タイムで勝ち上がったクィーンCが結果的に仕上がり過ぎていたのではないかと判断して選択から外した。それが結論だった。

    前半34秒7のペースで過ぎて、残り1000mから勝負処の3コーナーに向かう辺り。私自身の推理は正しかったと思えてならなかった。

    中団外のいつも通りの場所をルメール・ソウルスターリングが確保して、それを射程に入れてマークするように、直後に四位ミスパンテール、その直後のインに武豊リスグラシュー、それをさらに見るように横山典弘アエロリットが、まるで絶対者の一瞬の綻びを待つように虎視眈々と取り巻いていた。4番手の好位から池添謙一レーヌミノルは、後方の馬たちを意識する様子もなく堂々と自分の世界を築いている。

    このとき私は自らの推理が的中したと信じ切っていた。自分の中の推理の扉を再び明けたと楽観までしていた。

    しかし・・・。

    大きな落とし穴が待ち受けていたのだ。大どんでん返しの戦慄が沸くような・・・。

    4コーナーを廻ってホームストレッチ。残り300m辺りの地点から池添謙一レーヌミノルが正攻法で先頭に立とうとする。外からルメール・ソウルスターリングが追い出しを始める。ここまでは大正解だった。

    しかし追い出され始めたソウルスターリングの脚勢が弾けない。もどかしくもがいているようで、これまでのゴール前の姿からすると別の馬のようだった。坂でもがき、坂を上り切っても弓を引くような瞬発力は影を潜めたままだった。

    1馬身ほどのレーヌミノルとの差は、結局は詰らず。ゴール寸前に武豊リスグラシューが馬群を縫って追い上げ、首差ソウルスターリングをも交わしていた。4着は田辺裕信カラクレナイ、5着は横山典弘アエロリット。共に後方から差してきた。

    ゴール直前に、私はGCのTV画面に向かって
    「どうした!?せめて耐えきるんだ!!」と、声を上げそうになったが、それも空しいと感じて、無言のままだった。自分の馬券よりも、絶対者(馬)と信じ切っていた存在が、この本番桜花賞で馬脚を現して唯一の弱点を見せたことに、大きなショックを感じていたのである。

    勝者池添謙一レーヌミノルは、ソウルスターリングの幻影に怯えることなく正攻法に徹して掴んだ勝利だろう。それがこのコンビのここ一発勝負であったはずだ。同時に何よりも味方したのは、天が配剤した今日の馬場だったと言えるのかも知れない。

    ソウルスターリングを含めて、今日私の狙った人馬たちは、勝負処の騎乗姿を改めて確かめてもその主張は通していた。ただただ運に恵まれなかったのは、降雨の影響を受けた重い馬場という理由だったろう。そう思う。

    時に勝負の神様は、気まぐれな心を見せつけるものだと、その無情な残酷さを感じざるを得なかった。ああ・・・。

    今週末は、牡馬クラシック皐月賞。中山に行く予定なので、何とか気まぐれな神様ともお友達になりたいと願っているのだが・・・。

    category: 競馬

    CM: 0 TB: 0   

    祝2017大阪杯~阪神芝2000m G1昇格 

    埴輪馬

    春の古馬戦線。春・天皇賞を頂点にした長距離路線が主流で、芝中距離のビッグレースはなかった。90年代あたりから、大阪杯のG1戦昇格は、秋の天皇賞組を中心に待望する声がずっと囁かれていたのである。同時に、夏の札幌記念も北海道シリーズの祭典とすべきという声も高まっていた。

    昨年、ようやく大阪杯がG1昇格となり、中距離馬にとって春の大きな目標が誕生したのである。せめてもとドバイや香港に春の活路を見出していた中距離馬の陣営にとっては、朗報だったのは間違いないだろう。

    その最初の大阪杯が昨4月2日に行われた。
    お祭り好きの私としても、記念すべき第1回G1大阪杯なら、ズバリ的中の想い出を作りたいものだと意欲を高めながら、そのときを迎えようとしたのである。

    GCの最終追い切りを見て、土曜の中山・ダービー卿CTに出走するロジチャリスの気配の良さには敢えて眼をつむり、春3度目の雪に見舞われた土曜は競馬新聞も買わずに我慢して過ごして、じっと大阪杯のことを考え抜いていた。(まあ、本当の理由は財布の中身が薄かったせいもあるのだが・・・)

    どう考えても、阪神内回り2000m、しかもレースを支配する先行馬武豊キタサンブラック(2016年度代表馬である)が3月5日以来6本の長めの追い切りをこなして出走してくるという条件下では(出走馬はフルゲートにならない14頭だった)、私には、キタサンブラック、ヤマカツエース、マカヒキの3頭立ての競馬としか思えなかった。

    ほぼそれでいいと確信すらしていたが、さらにレースまで考え続けようとした。

    おそらく逃げるのは、小倉大賞典を逃げ切った武士沢マルターズアポジーだろう。武豊キタサンブラックは、余裕でそれを見ながら自分自身の勝負を賭ける瞬間を虎視眈々と狙いすますに違いない。キタサンブラックの末脚は確かであり、よもやタレルことはない筈だ。

    とすれば、レースを支配するキタサンブラックから離された後方を進む馬たちでは、結局は追いつけないのではないか?好位の後方か、少なくとも中団の前のポジションを確保しなければ、キタサンブラックに勝つことは難しい。その意味で、私の推理に誤算があるとすれば、池添ヤマカツエースやルメール・マカヒキが末脚を過信するあまりゆっくりと構えすぎることだろう。でもそのことは、一流騎手なら当然理解の範疇で、仕掛けのタイミングを誤ることはないと信じたい。

    日曜の午後、最終最後に全頭の出馬表を見渡したとき、ふと去年のマカヒキのダービーの欄に眼が引きつけられた。今日はルメール騎乗だが、ダービーは川田将雅の騎乗だったんだよな、と思い、改めて川田将雅の騎乗馬を見るとステファノス。ステファノスには2着に来られて悔しい思いがしたことがある。そうか、ここ一発勝負のできる川田将雅なら、敢えてマカヒキを負かすような鋭い勝負を賭けて来るかも知れない。最近浜中俊はどうも浮ついた感じで騎手の魅力を発散していないが、川田将雅は明らかに違って、一発の魅力をキープし続けているではないか。期待してみる手はある。

    このとき私は、上記3頭に川田将雅ステファノスを加えたのである。

    4頭の選択。馬連3頭ボックスなら3点だが、4頭ボックスは6点になる。これは嫌だった。もう少し何とかしたい。が、まだこの時点では決めかねていた。

    パドックからウォーミングアップ。ギリギリまで画面を見て、何とか私にとって納得できる正解を掴もうとした。締め切り時間が迫っている。

    エエーイッ!と私は、清水の舞台から飛び降りるように決断した。その瞬間、私はこう思ったのだ。マカヒキの陣営は、まだこの馬の完成した姿がどんなものであるのか迷いがあるのではないだろうか?どのように完成させてやりたいのかというホースマンとしての主張が、キタサンブラックやヤマカツエースと比べて、まだほんの少し欠落しているような気がする。素質の高さに任せている現状ではないのか?

    急いで、私はパソコンのキーボードを打った。選んだ結論は、キタサンブラックからヤマカツエースとステファノスへの馬連2点、以前から贔屓で応援しながら成長を見届けているヤマカツエースからキタサンブラック、ステファノスへの2点。ならば結局は、キタサンブラック、ヤマカツエースを厚めの馬連3点買いだ。

    ゲートが開いて、第1コーナーまでの前半戦。先に行きたい馬を先に行かせて、武豊キタサンブラックは4番手の好位のポジションを確保した。それをマークするように川田将雅ステファノスがその直後にとりついた。ヤマカツエースは中団の後方。マカヒキはさらに後方の位置取りだった。これではたぶん直線の短い阪神内回りだと、上り3F33秒台の脚を使っても勝つのは難しい。それとも何かの方策を考えているのだろうか?いや、ちょっと怪しい感じがする。
    私は、第1コーナーで、もはやキタサンブラックとステファノスの勝負となったと認めざるを得なかった。

    結局、波乱などは何も起こらず、その通りになった。
    2000m1分58秒9。ホームストレッチで逃げ馬たちを交わして武豊キタサンブラックが抜け出し、川田将雅ステファノスが追いすがって、差してきたヤマカツエースは3着。マカヒキは4着がやっとだった。アンビシャスとサトノクラウンがその後に続いた。

    武豊は4コーナーから後続馬をまるで気にすることなくキタサンブラックのペースだけを守って抜け出した。川田将雅は、前を行くキタサンブラックだけを目標に追い出した。2人の勝負度胸が、この記念すべきG1昇格第1回大阪杯のファインプレイだった・・・。

    今週末は、クラシック第1弾桜花賞。いよいよ競馬が佳境に突入していくシーズンである。







    category: 競馬

    CM: 2 TB: 0