Admin New entry Up load All archives

    Tsuruki Jun<鶴木遵>の原風景 《絶対零度》

    鶴木遵の本、新しい挑戦、趣味である競馬、将棋の駒、男の手料理、めだかやミジンコ飼育、犬猫のよもやま話、など四季折々に感じたことを発信していきます。

    憶測 

    もう2月6日の臨時総会の結論を待って、棋士たちの良心を見守るしかないないと思い、この話題には触れないと決めていたのだが、たまたま羽生夫人の一途な意志が書き込まれたツィートが為されたことを知って、思わず読んでしまった。

    私が改めて関心を持ったのは、10月10日の某理事邸で行われた謀議、11日の三浦九段への査問(聞き取り)、12日の休場届不提出を理由としての挑戦資格者のタイトル戦出場停止処分に至る強引なまでの事態進行プロセスだった。

    何故、関わる多くの関係者に様々な調整が必要な事項が、これほど迅速に進行し、三浦九段以外の登場人物が、それぞれの役割を見事に演じ切ることができたのか?それが、誠実な訴えでもあった夫人のツィートから得た率直な感想だった。

    まるでTVの安手の2時間ドラマのような粗いストーリー構成から浮かび上がるのは、すでにそれ以前の時点で、挑戦者交代を推し進めた何人かの登場人物たちと、タイトル戦のスポンサーサイドとの間で、何らかの結論が企図されていたのだと考えると、全てが符合する形で納得できることに思い当たった。

    この事前の談合があればこそ、何人かの主要な登場人物たちは、その目的に向かって、明確にそれぞれの役割を演じ切ったのではないだろうか?悪質だったのは、その本当の目的や結論を知らされることがなかった人物は、たとえかつて最高位にあった実力者であったとしても、その実績を利用される駒でしかなかったのだろう。

    あくまでも憶測でしかないが、2時間ドラマ風に考えると、目的を達したなら、或いはある者は、「次期会長職が待ってるよ」とか、将棋ソフトの効用を知る、感情を高ぶらせていたある者は「これからも棋界最高位の地位は君のものだ。我々は応援するよ」とか、耳元で囁かれていたのかも知れない。賞金額最高位であったとしても、将棋界の根幹を成す順位戦制度を乗り越えられないスポンサーサイドの忸怩たる思いも反映されたのかも知れない。

    もしそうなら、みな必死に役割を全うしただろうし、事ここに至っても真相が明らかにされない理由も理解できるというものだ。第3者委員会の調査によって「疑惑はなかった」と断定された三浦九段は、このとき、ヒーロー役を任された人物たちの感情の高揚によって、やはりスケープゴードにされたのだろう。哀しい2時間ドラマの結末だった・・・。

    今、この騒動を知る多くのファンの間では、悪を懲らしめようとする義侠心が渦巻いている。こんなことは許されるはずはないという素朴な怒りがうねっている。当分は収まりそうもない気配だ。

    それもそうだろう。最初は正義の月光仮面として現れた告発者たちが、いや実は、その正体は月光仮面の仮面をかぶったおぞましい三文役者たちだったのだから。

    こんな憶測など、本当は誰しもしたくない。でもさせられている現状は、何としても2月6日には、多くの棋士魂や棋士の良心によって払拭して欲しい。せめてそれぐらいの希望を棋士たちの側から無数の怒れるファンに与えて欲しい・・・。
                       
                     gekkoukamenn.jpg(ファーストトレーディング社版より)




    スポンサーサイト

    category: 異化する風景

    CM: 0 TB: 0   

    金魚を飼おう⑧~ランチュウの成長・まもなく7か月目 

    DSCN2376.jpg

    さあ、冬場の金魚だ。
    12月の半ばから、いつ冬眠させようかと考えていたが、結局、今となっても関東辺りの太平洋岸一帯はどうやら暖冬気配で、山の中とはいえ盥利用の室内飼育だと、昼間は14℃ほどに気温が上がるから、週に1度の水替えと、2日に一度の餌やりは続けていて、まだ絶食の冬眠状態にはしていない。

    写真は、今日の水替えのときに金魚用の小さな水桶に移動させたときに撮ってみた。
    痩せてはいないし、順調で健康的なので安心している。春になったら、1匹づつ名前をつけてみるのもいいかも知れない。相撲取りの名か、競走馬の名前からいただこうか。ボクのエアグルーブとか、ボクの大鵬とか、ボクのキタサンブラックとか・・。バカなことを考えている。バカだからだ。うん、そうだ。

    DSCN2377.jpg

    背ビレの白いオランダ獅子頭とランチュウさんの揃い踏み。このオランダ獅子頭は寸の詰った好みの形で自慢の仔だ。

    DSCN2380.jpg

    ランチュウの頭が、さらに盛り上がってくれると、迫力とある種の優雅さが見えてくるのだが、果たして期待通りになるだろうか・・・。








    category: 金魚を飼おう

    CM: 0 TB: 0   

    判官びいき 

    DSCN1016.jpg


    いったい、何故、どうして、妙に感情がイライラとさせられるのか?

    三浦九段が竜王戦挑戦権を強制的に奪われた一連の騒動に関してである。

    「第3者委員会」報告書要約抜粋が報じられて、ここ数日どうしてなんだろうと考えていた。
    どうやら、「第3者委員会」報告書要約抜粋に記載された調査事実と、10月下旬に「第3者委員会」が動き出した直後から11月半ばまでに竜王本人が書いたブログ記事内容との大きく隔たった内容の落差に、納得できる説明が浮かばないからだと気づかされたのである。たぶん、どちらかに事実を都合よく創作した説明が為されているのだろう。法を知る権威者が集った「第3者委員会」の構成を考えると、説明に抜かりはないはずだ。とすれば、嘆かわしいと言わざるを得ない・・・。そのことがイライラとささくれ立つ感情を生み出すのだろう。

    それにしてもだ。私自身は、不肖ながら将棋ソフトがAIとしてどのように進化してきたのか詳しくはないが、想像するに、過去の幾多の棋譜を演繹的に整理統合して進化してきたと思えば、もともとは人の営みの集大成がなければ、ソフトの進化もなかったのではないか?つまりは将棋400年の血と汗が刻まれた棋譜の結晶こそが、土台になっているのである。そこに人はもっと自信を持っていいのではないだろうか?AIは人の手があってこそ進化できるのであり、その進化の土台は人が築き上げたものなのだ。

    最先端で進化した同一の将棋ソフトを同一のCPUで闘わせたなら、果たして勝負はつくのだろうか?疲労感もなく淡々と互いに永遠に負けないように指し続けるのだろうか?

    人対人の勝負は、肉体的な限界、追い詰められた知力や精神の一瞬の空白が生まれ得るからこそ、ドラマがあり面白いのだ。そのためには、人間の限界に挑む人への敬意や愛情がなければならないだろう。

    今回の騒動を、秘密会合から査問委員会と騒ぎ立てた某棋士たちには、おそらく根本的に人への尊厳がなかったと言わざるを得ない。共に動いた常務理事らも同罪である。敬意をもって他者を尊厳することは、翻って言えば、自分自身を尊厳することなのに、その理解が足りなかった。背後に潜んでけしかけた者たちも同様だろう。

    2月6日に臨時総会が開かれ、新しい理事2名が選出され、また今回の騒動の「検証委員会」を設置するか否かも検討されると聞く。本当に開かれる運びとなったら、自浄作用は信用回復には素晴らしいことだ。そうあって欲しいと願いたい。

    ただひとつ肝に銘じなければならないのは、新しく選出される理事の所謂「身体検査」は厳格に考慮されなければならないだろう。もしそこに、たとえ一人でも胡散臭く偉そうな輩が潜んでいたなら、これまでと何も変わらず、それどころか危機はさらに増すことになるからだ。その意味でも、2月6日の臨時総会は、正会員たる資格者たちに問われるものの大きさは想像以上のものだろう。本当の覚悟を、今棋士たちは問われている。
                                                 



    category: 異化する風景

    CM: 0 TB: 0   

    果たして収束に向かうのか? 

    sohukonomi.jpg

    この3日間で、事態の収束化が図られたようだ。

    1月16日 
    40枚にも及ぶ「第3者委員会」報告書要約抜粋が将棋連盟HPに掲載。(ただし草案文章に微妙な修正が施されているとの説もある)しかし、連盟が要請依頼した「第3者委員会」の報告書としては、それなりに信頼に足る資料だった。このことは、昨秋に起こった常務理事・一部棋士らによる騒動が、いかに傍若無人の無理筋だったかを証明している。

    1月17日 
    竜王戦就位式の席上、竜王が関与を認めたように、三浦九段、スポンサーへの謝罪を口にした。ただし謝罪を述べた後に、その数倍の量でこれからの決意などを語ったので、昨秋挑戦者交代となった珍事で行われた竜王戦自体の正当化と、その上で自分自身が正しく竜王であることの表明に力点があるとしか思われなかった。これでは上辺だけの謝罪にしかならないと多くのファンに思わせてしまったのは、作戦ミスだったろう。
    「読売」の関与や動向は、何一つとして明らかにされることはなかった。
     
    そして1月18日  
    将棋連盟・谷川浩司会長辞任が発表された。騒ぎの渦中に会長職にあった者としての一つの責任の取り方だった。しかし責任問題を問うなら、まだまだ問われるべき存在がいるというのが、心を痛めた多くの将棋ファンの実感だろう。
    かつて故升田幸三九段による「陣屋事件」などは、名人の権威は尊ぶべきだと心の何処かで考えた升田幸三自身のひたむきな「将棋愛」があったが(木村名人を香落ち戦に追い詰めていたのだ)、昨秋の某棋士らによる「スマホカンニング疑惑」騒動には、「第3者委員会報告書」に記されているように疑惑の存在はなく、疑惑の根拠すら主観やイライラとされ、そこには「将棋愛」のかけらすら見られなかった。


    さて、三浦九段の棋士復帰初戦(竜王戦1組・対羽生戦)も、また棋士ら連盟正会員による臨時総会も明らかになったが、この流れで、果たして信頼を失った感のある将棋界の騒動は収束してくのだろうか?
    そのためには、とりあえず清新な会長、裏のない理事たちが、棋士たち自身の手によって選出されるのが、必要十分条件となるだろう。
    まあ、私のような部外者は、見守るしかないのだが・・・。でも、見守るのもそれなりのエネルギーが必要となることまで理解してくれる棋士が、果たしてどれだけいてくれるのかと考えると、確たる答えはなかなか生まれないのが悔しいところである・・・。







    category: 日々流動

    CM: 0 TB: 0   

    初心忘るべからず 

    koryuminase.jpg


    昨秋から、ずっと胸に痞えていることがある。

    10月半ばに将棋連盟常務会により拙速に処断措置が取られた所謂「三浦九段スマホカンニング疑惑」である。疑惑自体は、その後連盟自身が依頼することになった元検事総長を委員長とする「第3者委員会」によって、昨年末に、
    「一部棋士たちによって告発された疑惑は存在しなかった」
    「10月12日の常務会による三浦九段への措置はやむを得ないものだった」
    「三浦九段の名誉回復に努めるように」
    という委員会としての報告がなされ、会長以下常務理事らの減給処分が発表され、谷川会長は三浦九段への謝罪を口にして、連盟としての一応の決着が為された。

    しかしそれでも、一度沸き起こったこの胸の痞えは、何も癒されてはこないのは、どういうことだろうか?

    連盟のHPや囲碁・将棋チャンネルで、告発した側とされる一部の棋士たちの写真やその姿を眼にする度に、この胸の痞えが不快感を伴って増して行くのはどういうことなのだろうか?

    おそらくそれは、それなりに権威ある「第3者委員会」の報告があったとしても、そのほとんどの報告内容が秘密に封印され、本当のところで何があったのかという素朴なファンの声が一切無視されている現状にあるのではないのか。これからも将棋や棋士たちを応援したいと心から願うのに、連盟(それもおそらく会長以下数人の常務理事を守るためだけ)の都合の良い部分発表で解れという高圧的な対応では、瞬時に情報が様々に行き渡る現代のファンを納得させることなどできはしない。

    そもそも陰湿な村八分的排除を狙った三浦九段への虐めではないのか?だとしたら何故そんな事態が起こったのか?誰が首謀・主導したのか?誰が処分措置に関して(すでに第3者委員会によってスマホカンニング行為はなかったと断定されている)リード役を担ったのか?それには、本来的な大義があったのか、なかったのか?査問時に、竜王戦は中止になったとの常務理事による虚偽発言はあったのか、なかったのか?常務会以前の10月8日の週刊誌記者へのメールに象徴されるような世論の情報誘導のための某棋士と記者の癒着はあったのか、なかったのか?タイトル戦スポンサーへの気配りは、そのスポンサーを支える将棋ファンの気持ちをないがしろにするものであってもいいのか否か?挑戦者変更に関わるスポンサー読売の暗躍や圧力はあったのか、なかったのか?第3者委員会報告を受けての公式記者会見は、映像メディアを立ち入り禁止にして行われたが、その正確な理由は何だったのか?

    他にも疑問はさまざまにあるが、組織としての将棋連盟は何一つとして誠意を持った回答は今も避け通している。もっと危ないのは、「オレがこう言うのだから、それが事実だ」とするような体質さえ垣間見せている。避けるということは、何らかの瑕疵を認めていることにも繋がりかねないのだが・・・。

    内部情報を知らない部外者である私でさえ、こんな疑問を抱かなければならないのは、結局は、将棋連盟の対応が隅々まで信頼感を生み出してはいないことの証左と言えよう。会長以下常務理事たちの責任は重い。だからこそ一般ファンの胸の痞えは解消されないのだ。

    個人的には、そもそも政治論的には、10月10日に某常務理事邸で行われた秘密会合が明らかになってしまった時点で、竜王戦挑戦者変更につながるある種の権力掌奪クーデター計画は破綻していると考える。謀議は徹底的に秘密会でなければならないのは、歴史的事実だろう。

    たまたま挑戦者変更には成功したかも知れないが、現在沸き起こっている三浦九段への声援応援のファンの気持ち、告発者側への大きな弾劾の声を考えると、連盟(常務会)の失態は明らかだと認めない訳にはいかない。

    もはや第3者委員会の報告書全文(個人名があるなら黒塗りしてもいいから)を明らかにして、きちんとした公開記者会見をしなければ、おそらくこの事態が鎮静化することはないだろう。取り繕うには時機を逸してしまっている。

    今、将棋棋士たちひとりひとりに問われているのは、名人を夢見た若き日の初心に今一度帰ることだろう。そのときには、純真に将棋道を目指して、政治的立ち居振る舞いや、巧くおいしくやろうとする駆け引きや癒着など、心の片隅にもなかったはずだ。
    道を究めるということは、勝負の強さ弱さなどではなく(勿論強かったなら幸福度は高まるが)、あなたたち自身が選んだ道をどう生き抜いたかという闘いの質にかかっていることなのだ。同時に、生涯闘い抜くためには、非道に対してはきちんと声を上げることが必要なのは理解して欲しい。

    そんな棋士たちの姿に接し、血を吐く様な棋譜を眼にすることこそが、ファンたちのこの胸の痞えを癒す唯一の解消法なのである。

    初心に戻ろう・・・。




    category: 日々流動

    CM: 0 TB: 0