Admin New entry Up load All archives

    Tsuruki Jun<鶴木遵>の原風景 《絶対零度》

    鶴木遵の本、新しい挑戦、趣味である競馬、将棋の駒、男の手料理、めだかやミジンコ飼育、犬猫のよもやま話、など四季折々に感じたことを発信していきます。

    2016有馬記念~脱帽 その強さ精神力にあり 

    埴輪馬

    少しばかりのこの身の寒気を何とか我慢して、朝8時24分のレッドアローに乗った。池袋~大手町~西船橋。駅前から競馬場への運行バスを使うと、11時過ぎには招待ルームに到着する。いつも感じる関東1都2県にまたがる小さな旅。体調が悪いとシンドイ距離だ。
    それでも行くのは、G1中毒症状なのだろう。それが私のクリスマス。でも、ここ2年続いていた私だけのサンタクロースは、今年は現れなかった・・・。

    私のブログを見てくれている何人かの人たちから声がかかる。
    「風邪はどうなの?」
    「熱はないんだけど、だるくてだるくて・・」と、トロッとした眼で答えると、皆さん納得の表情。

    午後からは日差しも出て来たので、一人静かにゴンドラの椅子に座ってコースを眺めていた。それだけではツマラナイので、9RのG2ホープフルSまでは、1000円札一枚取り出して6Rから8Rまで単勝10点遊びやら、枠連遊びで時間を過ごした。エネルギーの消耗を最小限にしたかったのだ。でも最初に取り出した1枚の1000円札が5枚ほどに増えてしまって苦笑い。

    9Rは、ホープフルS。G2芝2000m。軸は藤沢和雄厩舎3頭目の刺客のルメール・レイデオロ。勝てば師走の2歳重賞は藤沢厩舎の完全制覇。まるで有馬記念の騎乗の予行演習をするかのように、あっさりと勝ち上がった。リーディングは戸崎圭太に僅差で譲ったとしても、2016年のルメールは、デムーロと共に印象度では圧倒している。さすがに最高獲得賞金騎手ではある。

    そして本番。武豊キタサンブラックの現在の力は理解している。逃げ先行する馬の出走枠1枠1番が、どれだけ有利かも解っていた。しかし私は、事前に決めていたように今日は買わなかった。

    3コーナーから4コーナーを抜け出すまでの騎手のテクニックと、直線坂を上りきるまでの激しい闘いを堪能しようと考えたからだった。

    だから、ひとりゴンドラ席で、
    「今日は大地の鼓動(サウンド)を聞きながら、宝石(ダイヤ・ルビー)や金(ゴールド)を探す旅に来たのだ」
    とか呟いて、満足していた。
    「金とダイヤをこの両手に」とも口にした。

    そうでなければ、気迫のみなぎった直線の攻防が見られない。4コーナーを廻った直後に、武豊キタサンブラックに吉田隼人ゴールドアクターが並び、そこにデムーロ・サウンドオブアースとルメール・サトノダイヤモンドが押し寄せて、もしこの4頭が一瞬でも脚を鈍らせたなら、最後にかつてのJC2着馬バルザローナ・デニムアンドルビーが外から伸びてくるかも知れない・・・。そんなドラマを見たかったのだ。

    ゲートが開いて、武士沢友治マルターズアポジーが宣言通りレースを先導して、有馬記念のドラマは始まった。そのペースは5F61秒。早過ぎることもなく遅すぎることもない平均ペースと言えた。たぶんこれなら、残り4Fからの勝負処では、有力馬の力通りのレースとなるはずだ。
    ひとつだけ誤算だったのは、好位につけるはずのサウンドオブアースが中団の後ろの馬群の中にいることだった。個人的な印象では、好位先行できなかったときのサウンドオブアースは勝負には絡めないと読んでいたのにである。どうした、何か秘策があるのか、ミルコ・デムーロ!

    4コーナーを廻って直線。外からゴールドアクターが先頭に立ったキタサンブラックに襲い掛かる。並んで交わそうとする。

    ゴールまでおよそ300m地点。一度はゴールドアクターが頭差ほど前に出た。このまま押し潰したなら、さすが昨年の覇者だ!
    しかしキタサンブラックも1年間の成長を示した。インから差し返したのである。差し返された時点で、ゴールドアクターの連覇は消えた。

    坂を昇りつめようとするとき、満を持して3番手にいたルメール・サトノダイヤモンドが突き抜けるように弾んだ。
    それでも武豊キタサンブラックはインから耐えきろうとした。

    ゴール寸前に、グイッと外からサトノダイヤモンドが抜けきった。キタサンブラックも称えられるべき抵抗を示したが僅かに及ばなかった。ゴールドアクターもしぶとく食い下がっていた。ゴール前で、この3頭は厳粛に持てる底力を競い合ったのだ。素晴らしい勝負と言えた。それこそが2016年有馬記念だったのである。

    もしここに、あと1頭最強の2勝馬サウンドオブアースが絡んできていたなら、もっと素晴らしい有馬記念となったと思うが、好位のポジションが取れなかったこの馬には、もはや秘策はなかったのだった。何故なのかは騎乗者ではない私には判らない。

    結局、大したこともない頭をフルに発揮させたものの、手に持つ馬連4点は、そのうち1点が1着3着病で、有馬記念3連覇を目指した私の個人的記録も途絶え、シュウジとイスラボニータの好走で得た阪神Cの配当も、すべてまた世間にお返しして、クリスマスの有馬記念は終わった。

    帰路、いつも通りに皆さんと法華経寺の茶店に寄って、身体を温め、また関東の小さな旅に向かった。

    池袋からのレッドアローの車中で、ふと思った。
    「いったい自分は、苦しんでいるのか楽しんでいるのか?」
    その答えは確かにあった。
    「生きるということは、苦しんでいることを楽しみ、楽しんでいることをさらに楽しむということなんだろうな」
    「迷い惑う自分を楽しもう。迷いを楽しみ、惑うを楽しむ。さらば新たな道も開けん・・・」
    「だから2017年も、大いに迷い惑ってみる。だから競馬は止められない・・・」
    とか何とか・・・。

    そうだ。来年はトリ年。飛べない鶏ではなく、大空を飛翔く鷲や鷹や、名前のごとく鶴を目指そうか。肉体も鍛えればひょっとしたら新しい命を運ぶというコウノトリさえ寄って来るかも知れないではないか。うん、そうなろう。と、勝手にひとりで頷いて、駅まで迎えに来てくれた車に乗ったのだった。








    スポンサーサイト

    category: 競馬

    CM: 0 TB: 0   

    明日は2016総決算有馬記念 

    埴輪馬

    明日は、2016総決算有馬記念。
    何とか辛かった風邪も小康状態までにたどり着き、中山には行けるまでになったが、朝になってどうなのかは、まだ判らない。

    明日出かけるためには、必要なのは軍資金と、絞って23日は中山大障害を、気配がピークだった石神深一オジュウチョウサンから8枠の2頭に絞ってみたが、高田潤のルベールエルは3着で、2着は林満明アップトゥデイトだったからトリガミで、今日24日の阪神カップに気持ちを集中してみたら、ルメール・イスラボニータを軸にして、川田将雅シュウジ、デムーロ・フィエロ、武豊ダンスディレクターに、念のための押さえに少しだけ浜中俊ミッキーアイルを押さえていたために、馬連的中。こんなことなら3連単だったかというのは、残念ながら私の主義ではない。ともかくも有馬記念の軍資金は調達できた。推測した通り、ミッキーアイルは激走の後の2走ボケ状態で、直線でイスラボニータに並ばれて失速した。

    さて有馬記念だが、私はキタサンブラックを外そうと思っている。JCがピークの状態だったと思うからである。牡馬だから耐えきれるだろうが、それでも私の2016を、いや、日本や世界の2016を、祭りの熱狂で締めるには、どうしても違和感があるからだ。

    さてこの結末。どうなりますやら。泣くも笑うも、私にとっては2016の掉尾を飾るこのレース。運を勝負の女神さまに預けるしかありません・・・ハイ・・・。





    category: 競馬

    CM: 0 TB: 0   

    まだ風邪が・・・朝日杯~阪神芝1600m 

    埴輪馬

    先週日曜からひいた風邪の症状がまだ癒えずに、ズルズルと1週間。今日は治る、今日こそは治ると粘って医者にも行かずにいるうちに、時間だけがあっという間に過ぎていった感じで迎えた朝日杯。

    レースを考える思考能力もなく、ただただ見守るのみだった。身体の芯に力が入らず、フラフラ状態が続いてしまっていた。

    それでも度し難く録画しておいたGCの最終追切を見て、サトノアレスとミスエルテの気配の良さは確かめたが、そこから先は頭が朦朧として考えられなかった。

    でも、いくつか印象的だったことがある。
    サトノアレスは選んで応援したが、ここしばらくG1に絡んではいなかった騎手四位洋文が、持ち前のふてぶてしい度胸を朝日杯でも臆せず発揮してくれるだろうか?勿論、ダービー2勝を想い出すまでもなく、もともと腕のあるジョッキーなのはこれまでの取材体験からしても理解はしていたが、現状では外国人騎手や地方出身のハングリーさに溢れた騎手の後塵を浴びているもどかしさは、少しばかり心配の種だった。

    ミスエルテの上り33秒台の末脚は如何にも魅力的だが、フランケル産駒の2週連続制覇の可能性を思うと、2匹目のドジョウはそんなに簡単ではないのではないかとも思えた。世には出来過ぎた話は疑ってかかる方がいい場合が多い。

    何故ルメールは、府中1400mの京王杯を鮮やかに勝ったモンドキャンノを捨て、ダンビュライトに乗ってくるのか?府中の1400mで通用したなら、阪神ならマイルでも大丈夫のはずなのに、敢えて騎乗馬を替えた理由が裏にあるのか?(そうした素朴な疑問に答えてくれる競馬マスコミはほとんどない)

    1勝馬クリアザトラックに乗るデムーロは、自信あっての騎乗依頼なのか?

    こんなことを考えていると、頭がさらにフラフラして、まだ横になりながら決戦の時を迎えたのである。


    四位洋文は少しも腐ってはいなかった。いかにも四位洋文らしい騎乗で、捲り上げるように差してきた。勝ちタイムは1分35秒4と平凡だったが、それ以上にサトノアレスの将来性を見せつける勝利だったと言えよう。私が風邪を病んで苦しんでいる間に、何と藤沢和雄厩舎が現状での2歳牝馬・牡馬のチャンプ決定戦となるG1を連覇したのである。

    2着はルメールが捨ててバルザローナに乗り替わったモンドキャンノだった。順調なら来春NHKマイルCの主役はこの馬となるだろう。

    3着は逃げ粘った松山弘平ポンセルヴィーソ。デイリー杯の2着馬だったが、先週の阪神JFでそのときの勝ち馬ジューヌエコールが少しも通用しなかったこともあり、私の眼は少しも向いてはいなかった。

    まあこんなものさと、久々に四位洋文の好騎乗に満足して、そのまままた布団にくるまって身体を温めて静養した。

    この1両日でどうしても風邪を抜く必要がある。週末には中山に行く予定だからだ。
    ただ家にある風邪薬を飲むと、逆に体温が低くなってきて、より寒気を覚えるので、これはちょっと心配なのだが・・・。
    こんなときには、懐具合が温まれば、一緒に全身が熱くなれるのだが、哀しいことに世の中そう都合良くはない。

    まあ、何とかなるさと思うしかないか・・・。








    category: 競馬

    CM: 0 TB: 0   

    風邪ひき男と2016阪神JFと香港競馬 

    埴輪馬

    ついにこの冬の気温変化について行けず、土曜の深夜に寒気を覚え、日曜の昼には、鼻水や咳が止まらずにダウン。

    そのまま薬を飲んでベッドから抜け出せなかった。体の芯に力が入らず、頭もフラフラして、寒気が増した日曜の午後。

    ふと、体を温めるなら少しだけウィスキーを飲んでみたらどうかと閃いて、即実行。確かに体だけは温まったが、思考能力は停止状態。

    横になったまま、やっと眼を開けて、GCで2歳牝馬チャンプ決定戦である阪神JFと香港競馬の実況を眺めたのだった。

    頭をフラフラさせながらも、香港ヴァーズのモレイラ・サトノクラウン、香港Cのムーア・モーリス、阪神JFのルメール・ソウルスターリングの見事に弾けた差し脚に目を見張った。どの馬も、馬が最後に弾けるというのはこういうことだと、最良のテキストを見せつけてくれたのだ。

    サラブレッドが仕上がった状態というのは、肉体と精神が共にバランスよく完璧なコンディションとなることだ。どちらかが欠ければ、結果にはつながらない。

    その意味で、香港で2勝した堀厩舎の陣営も、阪神で勝った藤沢厩舎の陣営も、その仕事ぶりは、プロフェッショナルな成果として称えられるべきだろう。

    いいものを見た。

    しかし私の体調は、風邪がまだ尾を引いていて、今朝も最悪の状態である。
    もどかしい。





    category: 競馬

    CM: 0 TB: 0   

    2016チャンピオンズC~中京ダート1800m 

    埴輪馬

    出来上がった作品のチェック作業に入ると、どうも他のことが後回しになってしまう。特に「書き下ろし」で新境地に挑んだ場合には、これでいいと安心できる根拠がまだ希薄なので、どうも心が落ち着かずにざわめいてしまうのだ。締め切りがあってないようなときが、最も辛い。こんなときには、傍で誰かが「いいね」と一言囁いてくれると寒い心も温まるのだが、世間は優しくない場合が多い・・・。

    で、先週の土曜。贔屓のムーア・アルバートが中山ステイヤーズSを、池添謙一ヤマカツエースが中京金鯱賞を勝ち、日曜を迎えた。

    師走のダート日本一決定戦チャンピオンズC。以前のJCダートの名残のレースだ。
    有馬記念の後、暮れの大井で東京大賞典があるので、祭りで言えば宵宮の感じが拭い去れない。JC時代の方が、何となくイメージが鮮烈だった。

    中京のダート1800m。ともすれば直線だけの攻防で決着するイメージがある。ある程度のペースで行った先行馬が、坂のある長いホームストレッチでゴール前で疲労度を増して脚を鈍らせた瞬間に、4コーナーを廻って残り400m地点からレースに絡み始めた追い込み馬が迫って、ゴール直前の50mで決着するパターンが多い。

    先行馬がそのまま粘れば、強い先行馬となり、追い込み馬が差し切れば、鮮やかな追い込み馬として称賛されるのだ。どっちに出るかの2者択一と言える。

    今年もそうだった。直線でダート戦6連勝馬・武豊アウォーディーが抜け出したが、ゴール前で脚を鈍らせ、残り400mの追い込み馬大野拓弥サウンドトゥルーに差し切られたのである。
    3着の人気薄和田竜二アスカノロマンも先行して足を鈍らせた形で、4着津村明秀カフジテイクは最後方からの残り400m組だった。
    このレースは両極端の勝負馬が結果に絡んでくるのが面白い。

    結局、3人の世界レヴェルの騎手たちが乗った人気馬たちは全滅。すると大野拓弥、和田竜二、津村明秀のようないぶし銀の騎手たちが浮上する。私見だが、これらの騎手たちは時流に乗った騎手の裏側で腐らず奮闘しているし、彼らの精進こそが、実は競馬を最高に面白くする力となるのだ。何事も表だけでは成り立たない。表と裏が複雑に入り組み合ってこその世界なのだから。

    とかく勝負事は、眼光紙背に徹し、表と裏を確かに見分けなければと、初稿の原稿に目を通しながら改めて確かめた次第である。
    でも、こと自分のことになると、表と裏を見分けるのがかえって難しいのはどういうことなんだろうかと、今朝は思っている・・・。







    category: 競馬

    CM: 0 TB: 0