Admin New entry Up load All archives

    Tsuruki Jun<鶴木遵>の原風景 《絶対零度》

    鶴木遵の本、新しい挑戦、趣味である競馬、将棋の駒、男の手料理、めだかやミジンコ飼育、犬猫のよもやま話、など四季折々に感じたことを発信していきます。

    2016 JC~東京芝2400m ないもの強請り 

    埴輪馬

    11月27日JC。

    少し遅れて12時半近くになって「優駿」招待ルームに到着。

    部屋に着く前に、ちょっと一服と喫煙所の扉を開けると、何と春以来の再会となる大内9段が座っていた。
    とはいえ、私にとっては、名人戦速報や囲碁将棋チャンネルで、タイトル戦の立会人の様子や囲碁の棋力向上委員会に登場した姿を見ていたのでご無沙汰していたとは思えなかった。

    しばらくこの場所でおしゃべりタイム。駒のこと、孫弟子のことなどいろんな話題が出て、私は自らが体験したり見聞きしたことを、心おきなく話題にした。「人間の本質なんて判らないものですね」などと。

    最近関心事となっている将棋界のよもやまのことについては、大内9段はこう教えてくれた。「仲間が仲間を売るような関係式になっていますよね。こんなことは良くはないんです。同じ将棋の道を歩む者同士は、互いに競争者であり仲間でもあるんですから。弟子から明日の棋士会に出席して下さいと誘われていますから、明日は行こうと思ってますよ」

    昼の松花堂弁当を食べながら、私は今日のJCを思い描いていた。
    「今日ここに来たのは、ホームストレッチでの底力を問われる攻防を見たいがためだ。1枠1番を利しておそらくキタサンブラックが逃げる。今日のメンバーならある程度弛まないペースとなって、直線はゴールドアクター、リアルスティール、最強の2勝馬サウンズオブアースらが波状攻撃を仕掛けてくるに違いない。耐えきったらキタサンブラックは名馬の尊称を改めて不動のものにするし、あるいは差し馬たちの連続攻撃の前に負けるとしたら今日なのかも知れない。でもそんな厳しいレースが見たいものだ」と。

    しかし、そんな大きく期待したドラマは、実は何も生まれなかったのである。

    スタートしてやはり先頭に立つ武豊キタサンブラック。そのペースは前半5F61秒7。2番手に田辺ワンアンドオンリーが楽に追走できるぐらいだから、1着賞金3億円のJCとは思えない流れとなってしまった。

    逃げ馬を有利とするか不利とするかは、競馬においては2番手の馬の動き次第だ。ピタッと逃げ馬をマークして圧力をかけたなら、逃げ馬自身が自分のペースを失って不利となる。しかしワンアンドオンリーが2番手の競馬では、キタサンブラックは7分か8分の力で自在に逃げられた。武豊のゴーグルの奥でほくそ笑む顔すらが、もはや第1コーナーで浮かんだ。

    案の定、直線に入っても、私が期待した差し馬の波状攻撃など起こりようもなく、圧勝劇となったのである。

    せめてどれかの馬が直線で並びかけることができたとしたら、また違った迫真のレースとなったのだが、あの展開では2馬身以上の差をつけられた地点で、ようやく差し馬同士がチョロチョロと2着を競い合うしかなかった。

    今日キタサンブラックが東京の2400mで僅差で負けて、中山の有馬で復活して勝ち、クリスマスの中山競馬場に「まーつりだ まーつりだ・・・」と馬主北島三郎が歌い上げて、2016JRA競馬が締めくくられると、淡い夢物語を私は儚く思い描いていたのかも知れない。

    でもこうなったら、ラスト有馬記念でもキタサンブラックは買わないつもりである。最終的に何故かわずかに太めが残っていたゴールドアクターだったが、パドックを廻るその姿は若々しく柔らかさを感じさせてくれたし、まだ2勝馬でしかないサウンズオブアースだって、右回りの中山になったら弾けようがこんなものではないだろう。

    負けた悔しさよりも、期待した波状攻撃が仕掛けられた直線の攻防というドラマが見られなかった不完全燃焼がもどかしくて、いつもの反省会では痛飲してしまい、フラフラになりながら帰路についた。駅までつれ合いに迎えに来てもらった車の中からは、安堵してもう意識を失くしていた。寿命を縮めたJCだったのである。あーあっ・・・とため息をつきながら、今これを書き終えたところだ・・・・。







    スポンサーサイト

    category: 競馬

    CM: 0 TB: 0   

    降着と失格のジャッジ  2016 マイルCS~京都外回り1600m 

    埴輪馬

    直線最後の1F(200m)地点まで、2016マイルCSは、ハラハラ・ドキドキと観る者の胸を躍らせる緊迫感に満ちていた。

    ここしばらく6F戦で好成績を遂げていた浜中俊ミッキーアイルが逃げ、それをマークするように夏の札幌記念を勝ち抜いたR.ムーア・ネオリアリズムが続き、外からC.ルメール・イスラボニータが伸びようとしていた。サトノアラジン、ディサイファ、ダノンシャークも好位でせめぎ合っていた。

    最後に底力を示してマイル王の覇権を手に入れるのはどの馬なのか、レースの興奮は頂点に達しようとしていたのである。
    だが・・・。

    浜中俊の右ムチ連打の励ましを受けたミッキーアイルが、ゴール直前に大きく左斜行。ネオリアリズム。サトノアラジン、ディサイファ、ダノンシャークらが進路妨害を受け、まるでドミノ倒しのようにひしめき合ってしまう不利を受けてしまったのだ。それでも浜中俊は右ムチを連打し続けていた。

    ゴール直前、この日最大の勝負処でのの混乱だったので、それはレースの結果に直結する事態となった。

    すぐに審議ランプが点灯し、場内には審議の告知が流れた。

    降着か、失格か、あるいは表面上何ごともなかった様なセーフの決着か、それは裁決委員の良心を賭けた裁定を問われる事態だと言えた。浜中俊がキープストレートというフェアな競馬の掟を守ろうとして、右ムチ連打を控える騎乗の修正を図った努力の跡は、はっきり言って見られなかった。勝負が決着する瞬間だっただけに、確信的に狂うように勝つことを求めようとしていた。勝負する者としての騎手が、勝利を求めて狂うように追うことを否定はしない。それは観る者の心を揺さぶって止まない貴重なことだ。しかしそれも、他馬に危害を与えないという条件付きのものである。

    もしこれが勝負の決着として許されてしまうのなら、ルール改定前のことだったとはいえ、かつての春天皇賞ニシノライデンの失格や秋天皇賞のメジロマックィーンの18着降着やエリザベス女王杯のカワカミプリンセスの12着降着など、いったい何であったのかということにもなりかねない。それは裁決への不信にもつながってしまうだろう。競馬への信頼をも揺るがしてしまうに違いない。

    結果は、
    『最後の直線コースで、16番ミッキーアイルが外側に斜行したため15番ネオリアリズム、2番サトノアラジン、1番ディサイファおよび6番ダノンシャークの進路が狭くなりましたが、その影響がなければ15番、2番、1番および6番が16番より先に入線したとは認めなかったため、到達順位通り確定しました。この件について、16番ミッキーアイルの騎手浜中俊を2016年11月26日(土)から2016年12月18日(日)まで23日間の騎乗停止としました』
    と裁定された。

    しかし、この裁定は、私自身は心の底から素直に受け入れられるものではなかったのである。
    とりあえずレースを何事もなかったように決着させようという便宜的な意思すらが見え隠れしている気がしてならなかったのだ。

    ことは集団的な被害を発生させるものであったのだし、馬をせめてまっすぐに走らせようとする遵法精神があったのなら、イスラボニータとの着差が頭差、ネオリアリズムやダノンシャークとの差も3/4馬身だっただけに、裁決の言う「先に入選したとは認めない」という判断には疑問符がつく。

    「馬は気ままに斜めに走らせた方が伸びる」という言葉を騎手から聞いた取材体験がある。まっすぐに走らせるのは、そもそも制約を背負っていることでもあるのだ。同時に集団的被害を発生させたという事実がある。相手1頭との関係式ではないのだ。

    あれこれまとめるのなら、裁定のルールにある
    『失格 』・・・ 「極めて悪質で他の騎手や馬に対する危険な行為によって、競走に重大な支障を生じさせたと判断した場合、加害馬は失格となります」
    の適用こそ、裁決の良心だったのではないだろうか?そう思えてならない。おそらく今回の裁定は、開催8日間の騎乗停止という悪質な事態(もしこれが騎乗停止2日ほどだったなら軽微なインターフェアとも言えるのだが)を裏側で認めているのなら、表向きの裁定も、未来への公正競馬という理念のためにもきちんと競馬史に残る裁定にして欲しかったと思えてならない。そうでなければ、やったもの勝ちという意識が関係者の間に知らず知らずのうちに植え付けられてしまうのではないだろうか。

    レース後の騎手、調教師のコメントも「他馬に迷惑をかけてしまった」と、口を揃えていたが、事態は「フェアであるべき競馬の良心に迷惑をかけてしまった」というのが、ことの本質である。

    やった側がいつかやられる側となり、やられた側がいつかやる側に変貌するのは、世界を見渡せば人類の歴史的負の所産とも言える。だからこそ、きちんと万人が受け入れて納得し得るジャッジが重要なのだ。

    騎手浜中俊も調教師音無秀孝も、私はその個性を愛するファンである。だからこそ敢えて厳しく接したいと願うのである。たえず緊張感を持って接しなければ、人というのはすぐに馴れ合いの見苦しさを生じさせてしまうものなのだから。その意味でも今回の裁定が、競馬界だけに通用するようなものであってはならないと考えるのである。

    で、私の1着3着病の経過はどうだったのかということになるのだが、
    「まあ、まだ完全回復には至ってないようです」
    「だって、このマイルCSの勝負馬券は、G1馬イスラボニータと個人的に真夏のG1戦と思っている札幌記念の勝者ネオリアリズムでしたから・・・。騎手もルメールとムーアですし・・・。あれ?もしミッキーアイルが失格だったなら、もしかして的中だったんでしょうかねぇ?・・・いやいや、それは捕らぬ狸の皮算用っていう奴で・・・。裁決への疑義とは別の問題だと、はっきり言っておきますです、ハイ・・・」

    何とも辛い苦悩の日々が続いている・・・。早く全快祝いを派手にやりたいものだと願ってやまないのだが、さてさてどうなることになりますものやら・・・。うぅーーん・・・・。







    category: 競馬

    CM: 2 TB: 0   

    江戸いなり 

    その昔、江戸に伝わった「いなり寿司」があるそうだ。

    その名も「江戸いなり」。

    ものの本では、油揚げを湯鍋で煮て、油分を落とし水洗い。
    その後、黒糖を使った甘い砂糖醤油の鍋でじっくりと煮込んだ油揚げに、握り鮨用のシャリよりも2倍から3倍ほどに酢をきつめに利かせた鮨飯を挟み込んで作ったいなり寿司である。黒糖を使うと、揚げは黒っぽく仕上がるようだ。

    甘過ぎるほどの揚げと酢が効いたシャリが、味わう口の中で見事にマッチして、深みある味のいなり寿司が出来上がる。

    本気でやると、よく揚げに甘味を染み入らせるために、2日ほどかけて手を加えた方がいいらしいが、思い立ったらすぐに食べたいのも人情で、少しばかり知恵を絞ってやってみた。

    とりあえず圧力釜で、半分にカットした油揚げを湯で煮たてる。シューッと吹き上げ始めて5分ほど。

    蓋を開けて、次は油揚げを水洗い。

    次に洗った圧力釜に醤油と黒砂糖を注ぎ込む。しかしキッチンを見渡しても今日は黒糖が見当たらなかったので、替わりにザラメと白砂糖で代用した。気分で砂糖を引き立たせるために少しばかりの塩と味の素を隠し味で追加もした。かなりの甘さにしてみたつもり。
    指先に少しつけて舐めてみても甘く感じる。とすると例えば佃煮にも、かなりの糖分が使われていることを知る。

    そこに洗い終えた油揚げを入れて、点火して吹き上げ始めて10分ほど待った。(結果からすると15分程がいいかも知れない)

    圧力釜が冷えて中身が取り出せるようになるまで、そのままにしておく。

    次は炊き上がったご飯に酢を打つ。酢、多めの塩、ほんのささやかな砂糖。酢を多めにして(大胆にだ)、湯気が上がるご飯に均等にかけて混ぜ込む。何度か失敗してみると、そのうちコツが解って来るから、これはやってみるしかない。だけどこの鮨飯は、それだけで食べるとかなりきつめの味がして、本当にこれでいいのかと一瞬不安に駆られるのだが、それでいいのだ。

    後は、油揚げを軽く絞って、中にシャリを入れ込んだら完成である。

    今日のところはこうなった。        DSCN2328.jpg
    たぶん黒糖を最初から使えば、もっと黒っぽい「江戸いなり」が完成するはずだが、今日はあり合わせで我慢しよう。

    試しに一口。ほおばった瞬間に、ただ甘いだけのそんじょそこらにあるいなり寿司との違いが解る。

    何とも言えぬ深い味わい。味付けの妙が、アーティスティックに浮かび上がってくる。

    味の世界も、何とまあ不可思議な領域なのだろう。知れば知るほど嵌まり込む要素に溢れている。

    うん、面白い・・・。
                             DSCN2329.jpg






    category: 男の手料理

    CM: 0 TB: 0   

    2016エリザベス女王杯~京都外回り芝2200m 

    埴輪馬

    日曜の夕方から、重い病で寝込んでいた。

    と言っても、新型ウィルスなどによる発病ではなく、ずっと以前からある伝統的な奇病なのだが・・・。

    それは、1着3着病という重病である。

    この病がたちが悪いのは、限りなく輝かしい希望に近づいて、その最後の一瞬にズシンと心を傷つけるからだ。まるでほくそ笑む死神につきまとわれてしまったような暗い気分で、何も手につかなくなって打ちひしがれてしまうのだ・・・。

    2016エリザベス女王杯を終えた瞬間、私の身体から力が失われて、暗鬱な沈黙に支配された。

    それもそうだ。トライアル府中牝馬S。ラスト3F33秒5の差し脚で力強く弾けたM.デムーロ・クィーンズリングの完勝ぶりを見て、エリザベス女王杯は、この馬と、浜中俊ミッキークィーンの一騎打ち。おそらく天気がもって高速馬場の瞬発力勝負となる本番では、時計のかかった昨年のこのレースや宝塚記念を勝った蛯名正義マリアライトは人気でも消えると踏んで挑んだエリザベス女王杯だった。マリアライトは34秒台の脚で勝ち切れるときこそが出番となる馬だと見極めていたからだ。

    1コーナーで、福永祐一シャルールの内斜行の影響をドミノ倒しのようにまともに受けて、大きく後ろに弾き飛ばされたマリアライトは、この時点で勝利を逸してしまったが、もし仮にそれがなかったとしても、おそらく勝ち切れる態勢までは作れなかったろう。
    中団インから、クィーンズリングが33秒2の脚で弾けたからである。クィーンズリングは遂に完成期を迎えたのだと言い切れるのではないか。

    1枠1番からの出走となったミッキークィーンは、道中も中団インを確保し、ゴール前も33秒6の脚で伸びてはきた。が、第4コーナー辺りのこの馬らしくないモタツキが、半年休養後の緒戦ということだった。それでもこれまでの実績を考えれば、このエリザベス女王杯で、私自身がミッキークィーンを外す訳にはいかなかった。ファンとはそういうものだと思うが、3着まで来るのなら、もっと上位を確保して欲しかったというのも本音である。

    今回、クイーンズリングとミッキークィーンを大本線にして、あと1頭ほんの少しだけ押さえる馬を見つけ出そうとしたとき、嘘も隠しもなく選ぼうとしたのは、馬ではなく騎手だった。とすれば、残るのは世界のR.ムーアか今や日本のC.ルメールしかいない。

    そう。実は私は正解に限りなく近づいていたのである。

    ムーアとルメールは同じ5枠に同居していたから、枠連の手もあるなと一瞬思ったが、しかしクィーンズリングとマリアライトも同じ2枠に同居しているから、これは全く面白くはない。

    迷いながら、最終最後に改めて成績欄を見てしまった。ルメール・シングウィズジョイは、確か母馬シングライクバードの現役時代は横山典弘が騎乗していたんじゃなかったかななどと頭を巡らせながら見たのだが、これまで晴れやかな大きなレースでは、まだ一度もその能力を見せてはいなかった。しかしムーア・タッチングスピーチは昨年の3着馬である。 

    そして最終最後にもう1頭には、ムーアを選んでしまったのだ。あぁ・・・。

    結果からすると、好位から33秒6の脚を使って粘り抜いたシングウィズジョイは、これまでその持てる能力を眠らせていた馬だった。それがここ1番のレースで発揮されたということなのだろう。この今までの成績からしても、敢えてルメールを配してきた関係者だけが、可能性を見極めていたのである。してやられた印象がぬぐえない。

    で、終わってみれば、どん底の1着3着病。それも限りなく正解に近づいていたのだから重症だ。
    今はまだ、この精神状態を、どう復活させようか目途はついてはいない・・・。

    ふとかつて私の取材に答えた20年も以前の騎手田原成貴の言葉が甦ってきた。
    「いやぁ、鶴木さん。競馬のことはね、僕らは騎手はね、競馬で取り戻すしかないんですよ・・」

    だから私も、こう言うべきなのかも知れない。
    「私らしがないファンもね、競馬のことは、競馬で取り戻すしかないんだよ」と。

    でもそれがいつになることかは、神様のみがお知りになることなのだが・・・。





    category: 競馬

    CM: 0 TB: 0   

    金魚を飼おう⑤~ランチュウの成長4か月経過 

    DSCN2320.jpg

    金魚を飼い始めてそろそろ4か月。
    9月の長雨の頃から室内の金魚桶で飼うようになってからは順調に大きくなっている。
    今は、もう12㎝ほどに育った。頭部の肉瘤も特徴的に段々と育って、ランチュウらしい雰囲気が生まれている。

    DSCN2323.jpg

    最初は5匹だったが4か月の間に飼育の失敗(山の気温長変化や長雨を甘く見ていたからだった)もあり、生き残ったのは3匹。
    でも生き残った個体は、強く、大きく、太くなっているので、今はもう多少は安心だ。

    DSCN2322.jpg

    見るからに立派に成長している。

    稚魚で黒かったオランダ獅子頭はも、ここまで成長した。

    DSCN2326.jpg

    現状では、1匹が少し胴長で、もう1匹は背びれが白くなって変化している。でも展示会に出すわけでもないので、とりあえずどんな風に大きくなるかということだけが関心の的だ。

    DSCN2327.jpg

    もう間もなく迎える冬の季節。さてさて無事に越冬させてやることができるかどうか、気温変化が大きい山の暮らしなので、少し心配している。







    category: 金魚を飼おう

    CM: 0 TB: 0