Admin New entry Up load All archives

    Tsuruki Jun<鶴木遵>の原風景 《絶対零度》

    鶴木遵の本、新しい挑戦、趣味である競馬、将棋の駒、男の手料理、めだかやミジンコ飼育、犬猫のよもやま話、など四季折々に感じたことを発信していきます。

    10月23日 菊花賞~京都競馬場芝3000m 

    埴輪馬 

    朝蕎麦を用意して食べ終え、温まった体と心で菊花賞のスタートの時間を待った。待ち遠しかった。

    というのは、トライアル神戸新聞杯(阪神芝2400m)を見終えてから、菊花賞の勝負馬を決めていたからである。勝ったサトノダイヤモンドではなく、5着に敗れたエアスピネルだった。

    あの日、武豊は好位からの先行する競馬ではなく、後方13番手からの競馬をした。まるでエアスピネルの脚を試すようにだ。明らかにトライアル戦でしかできない試行に挑んで、エアスピネルの新しい可能性を見出そうとしていたのだった。

    結果は、4コーナーで大外を廻って5着。これなら本番菊花賞では必ず好位から差す競馬に戻して、勝負を賭けてくるなと、私は踏んだのだ。騎手が何かを意図して新しい境地を開こうとした馬は、長く競馬を見守った経験上から言えることだが、もう一つ変わってくる場合が多い。本番で成功すれば、ロングショットにもなる。挑んで敗退することで、人気が下がるからである。あの瞬間から、私のターゲットは、菊花賞となったのだ。シンハライトが故障で出られなくなったこともあり、秋華賞もそれほど熱くならずに、じっと菊花賞を待っていた。

    神戸新聞杯と中山のセントライト記念を比べても、どう見ても神戸新聞杯の方がレヴェルが高かったと思えてもいた。だからサトノダイヤモンドとディーマジェスティの一騎打ちとなるとも思えなかった。一騎打ち人気が高まるなら、それは幸いとさえ笑みを浮かべていた。勝負は別の馬なんだよなと。

    パドックを見て、少し詰まった馬体に感じたディーマジェスティは、3000mよりも2400mの馬に見えたことも安心材料だった。サトノダイヤモンドの方が明らかに伸びやかな馬体だった。エアスピネルもパドック気配は万全に見えた。

    だから勝負は、馬連でエアスピネルからサトノダイヤモンドが大本線。あとは趣味でこれまで応援してきたプロディガルサン、レッドエルディスト、念のためディーマジェスティへほんの少々。それで2016菊花賞はOKと、安心したのである。



    3分3秒3。中断外から4コーナーを廻って、そのままC.ルメール・サトノダイヤモンドが危なげなく抜け出して勝ち上がったとき、武豊エアスピネルはインの2番手で粘ろうとした。外から福永祐一レインボーライン、わずかに遅れて蛯名正義ディーマジェスティが伸びて追いすがろうとしてきた。

    粘れ!スピネル!!思わずGCのTV画面に向かって叫んでしまった。

    2番手の馬たちがゴールになだれ込んだとき、画面では武豊エアスピネルが何とか粘り切ったように思えたのだが・・・。

    それはつかの間の依怙贔屓でしかなかった・・・。スロー再生が流れると、レインボーラインがほんの少しだけ届いているように見えた。ああ・・・。私は一瞬声を失ったようだ・・・。

    でも気を取り直して、それでも強気に呟いた。「勝負の見極めはあやまってはいなかった」と。そう言いながらも、落胆はつきまとっていたのだったが・・・。

    こうして私の菊花賞は終わったのである。この悔しさと落胆が、いつの間にか2016菊花賞の宝物となる想い出となっていくのだ。



    C. ルメールの騎乗は完璧だった。不利や不安などどこにもなく、自在にインから外へと馬を操り、4コーナーからは圧巻の追い出しを決めたのである。

    引き換えエアスピネルは、道中絶えず他馬に気を使ってか、首を振ったりよれるようにしてみたり、少しばかり気負った素振りをみせていた。武豊の手綱を握るこぶしの位置も高く、なだめようと苦心していたことが解る。

    最初の1,000m(5F )が59秒9。次の5Fが64秒5とペースがいっきに落ちたこともあって、好位から中団の馬たちが入れ替わり立ち替わりに馬群の中で行ったり来たりして、隊列が安定しなかったことも大きく影響したはずだ。いつもなら長距離レースの隊列は、一度決まるとそれほどの乱れはないものなのにである。私の推理が崩れたのも、こんな予想外の馬群のゴチャツキにあったとしか言えない。たぶん騎手武豊の心境も同じだったろう。なんで隊列が安定しないんだと。まあ、それも競馬の勝負なのだ。



    それよりも何よりも、ゴール前のシーンで私が愕然としたことがあるのだ。いや馬券を離れてのことなのだが。

    それは、日本競馬の生んだスター騎手武豊の肉体の衰えを、ついに実感してしまったことだった。
    私にとって武豊は、少なくとも大舞台でハナ差で負けることはない騎手であり続けていた。ハナ差でも勝ち切る騎手だった。

    それは、武豊が自らの騎手魂から発する<気>を手綱を通して確かに馬に伝え、故にそれを受けて馬もさらにもう一つ狂惜しく踏ん張り抜くことで、あたかも奇跡の実現のように達成してきた。しかしみなぎる<気>を馬に伝えるのは、凄まじく体力のいる作業となるだろうことは予想できる。全ての精力を尽き果てんばかりに注ぎ込む消耗戦の作業なのであるからだ。

    でもそんな凄味が、この日はもう失われていた。逆にルメールの方がそんな<気>に満ち満ちていた。あるいは世界を見渡せばムーアやモレイラも、それを実現することで今頂点にあるのだといえる。

    気がつけば武豊ももう47歳。アスリートとして<気>を発揮するには、体力的に厳しくなっているのだろう。年齢的には、技でかわす技巧派タイプに変ずる瞬間を迎えているのかも知れない。

    そんな現実を知らされた気がする。古来より「不老不死」は幻想でしかないのだから。



    2着をハナ差で確保した福永祐一レインボーライン。やることなすことがすべて裏目に出てしまったスプリンターズSの敗退(ビッグアーサー)で、悪いリズムが底を打ち、今ベクトルが上向いているということではないか。秋華賞制覇(ヴィブロス)にもそのことは見て取れる。

    4着蛯名正義ディーマジェスティ。2400m辺りのレースで、再度この馬の真価を見てみたいものだ。この日は外々を廻らせられてか、あるいは3000mのレースの適性なのか、らしさがかすんでいたようだった。



    そんなこんなで、私の勝負レースだったはずの2016菊花賞が終わった。あぁ・・・ッ。

    この弔い合戦は、今週末の天皇賞だ。世界レヴェルの古馬の精鋭が集う予定である。

    あぁ・・・ッ。

















    スポンサーサイト

    category: 競馬

    CM: 0 TB: 0   

    今朝の朝蕎麦~山かけ蕎麦 

    DSCN2308.jpg 自作・山かけ蕎麦

    菊花賞の朝。
    少しでも気分を高めようと、温かい山かけ蕎麦を作ってみました。そろそろ香しい新蕎麦の季節です。

    具は、椎茸に蒲鉾、それにすりおろしたとろろ。だし汁は関東風。

    蕎麦は乾麺ですが、蔵王山麓みちのく白石の「はたけなか hatakenaka.jp」の「きそば」。この蕎麦は、乾麺ですがバカにはできません。茹で方によっては最高品に変わります。大量仕入れからなのか近くのマーケットで3人前230gで100円ほどの価格なのに、とてもコストパフォーマンスが良く、満足度が高い品質なんです。企業の良心が伺えます。

    強い火力で少しだけ硬めに茹で上げるのがコツで、家で食べるのなら、温麺でも冷たい麺でもいけます。この蕎麦に出会ってからは、家では、一途ひたむきに愛するようになりました。愛があれば、よりおいしい仕上げになるのです。(勿論、あの名店「若松」蕎麦とは別物ではありますが・・)

    私は、粋な技が見られない田舎料理は好みではないのですが、今朝も、何とか自己満足できる蕎麦がいただけました。

    これなら午後には、美味しい菊花賞を迎えられそうです。

    菊花賞は、冷ややかな笑いがレース後に賞賛に変わったイシノヒカルに始まり、長い写真判定となったタケホープ・ハイセイコー、1点で仕留めたミナガワマンナやホリスキー、3点の事前推理を最終最後にメジロライアンからの2点に絞って痛恨の敗退を喫したメジロマックィーンとホワイトストーン、圧倒的なパワーで逃げ切ると信じたミホノブルボンがライスシャワーに差された悔しさ、圧勝したビワハヤヒデやディープインパクト、4コーナーで足を痛めても勝ったダンスインザダーク、そして昨年のキタサンブラック等々、思い出も深く、思い入れも強いレースです。

    さて今年はどんなドラマが待っているのでしょうか?

    でもその前に、山かけ蕎麦を1杯。フーッ、フーッ・・ズルズルッ・・・。

                    DSCN2310.jpg








    category: 男の手料理

    CM: 0 TB: 0   

    拙速だったのではないか? 

    DSCN1369 (2)(清征作 天童楷書 彫り駒)

    ここ1週間、将棋界を震撼させた「竜王戦挑戦者交代劇」に意識をとられていた。

    各種報道が錯綜して、何が何だか、何が真相なのか霧の中で、もどかしく消化不良だったが、ここに来て、ようやく少しだけ霧が晴れてきたようだ。

    結局は、竜王戦直前の時期に、竜王戦の権威を保つべきと考えたろう竜王が中心となって、「疑惑」の排除に動き、連盟に働きかけて将棋界の権威・伝統(?)を守ろうとしたということなのだろう。

    ただ私自身は、この動きは拙速だったと思えてならない。
    権威を保つためには、タイトル戦が始まってからでも、もし疑惑があるのならすべてを明らかにできるその確証をつかんで、進行中であろうともタイトル戦から排除する決定がなされた方が、将棋界の名誉も竜王戦自体の権威も、より一層保たれたはずではないだろうか?そう思う。

    利害を離れた第3者的中立の立場で動いたというのならまだ解りやすいが、「疑わしきは罰せず」という法の精神を理解すらもせず、目前のタイトル戦で挑戦される立場にある者が、いまだ確証のない「疑惑」に対して、同志、同僚、理事らに働きかけ、同時に一部マスコミ記者らをも利用して、必要とあれば自身の対局拒否をも言葉にしながら、挑戦者のつかんだ権利でさえある挑戦権を連盟常務会の決定として奪い去り、自らのブログでは「大変なことが起こってしまった」と、部外者を装ったという流れなのだから、愕然とする思いに駆られてしまう。

    故にこそ、連盟理事らの決定事項も、表向きの体裁すら整わない曖昧さである。白黒もはっきりさせず、ただ挑戦権剥奪と2か月半の出場停止。これはいったい何なのだろう。一人のA級棋士の人生がかかった大問題なのにである。私には理解できない。

    曖昧なその場しのぎの方策よりも、有無を言わせぬ決断と実行の方が、未来への戒めとなるではないのか。

    今のままでは、疑惑は疑惑を超えない。疑惑が粘着的につきまとって、何をどう改革・改善しようとも、どうせ曖昧な処置だと信用は以前のようには回復することもないだろう。疑惑を告発した者も、疑惑を生じさせてしまった者も、同じ次元で同じ穴の狢と解釈されてお終いだ。あるいは告発者の訴えすらも作為的だと看做されてしまいかねない。

    だからこそ、じっと潮が満ちるその時を待つ我慢が必要だったのではなかろうか?

    拙速に走る主観的感情論では、問題解決はしないのである。そんなことを学んだ1週間だった。

    何となくしらけた気分で熱く燃えない竜王戦。こうなったら挑戦者丸山忠久9段が第7局まで、渡辺竜王との覇権争いを最後までもつれさせてくれたら、こんなもどかしい心もすみやかに晴れ渡っていくだろう。元名人の奮起を期待してやまない。

    フレーッ、フレーッ、丸山!!





    category: 異化する風景

    CM: 0 TB: 0   

    金魚を飼おう④~ランチュウの成長3か月経過 

    DSCN2281.jpg(ランチュウとオランダ獅子頭)

    金魚飼育が3か月過ぎた。

    台風の影響下で、長雨模様だった9月に室内飼育に変えて、水質に気を配るようにしてからは、皆元気に生き抜いている。
    水槽だと経験上生育が悪いので、敢えてたらい桶のような容器に入れて日の当たる居間に置いているが、そんな環境がいいようだ。おかげで週に一度は水替え作業をしなければならなくなってしまったが・・・。まあ、それも良しとしている。

    大きくなってきたのは間違いなく、ランチュウは腹回りに貫禄がついてきた。前回も記したが、相撲取りを育てているようで、朝と夕方に、餌をやるのが楽しい。
                         DSCN2271.jpg

    もう少しなついてくれて、私の指先から餌を食べてくれるようになったら、金魚と深いコミュニケーションがとれてきて、指先の会話が成立するのだが、まだまだ臆病で時間がかかりそうだ。

                         DSCN2282.jpg
     
    居間に行くたびに、たらい桶を覗いている。






     

    category: 金魚を飼おう

    CM: 0 TB: 0   

    時が流れて行く 

    DSCN0506.jpg時間がはっきりと刻まれた年輪


    時が、止まることもなく刻々と流れて行く。

    何と慌ただしいことかと戸惑いすら覚えるが、ちょっとわき道に外れて生きる我が身としては、この1週間わずかに原稿用紙5枚にも満たぬ文字を埋めただけで、ただただ時の流れの傍観者として過ごすだけだ。

    秋の古馬戦線の重要な前哨戦となる東京の毎日王冠や京都の京都大賞典を見守っていても、勝ち馬ルージュバックやキタサンブラックの姿を、おおそうかと眺めるように見ただけで、気を高めて時の流れの当事者となるにも、やはりそれなりの資本を用意して、からまなければならないのかも知れない。

    そう言えば、京都大賞典のパドックで、人気薄で2着となったアドマイヤデウスの厩務員さんが、スーツ姿の盛装で馬を引いていた様子にかなりの勝負気配を感じたが、まあいいかと傍観者のままレースの瞬間を迎えてしまった。ちょっと残念・・・。

    その後に、東京都内大規模停電のニュースを知り、過度の1局集中の怖さを改めて確かめた。何事もない時の現代都市は、もし何か起こったなら即座に悲惨都市に変貌してしまうのだ。何かあったらこうなるという悲惨な事例は、今も福島原発周囲の状況で思い知らされているはずなのに、やはり当事者ではない対岸の出来事(自分は大丈夫)としてしか解釈してはいない多くの人々がいるのだろう。そう言えば、南スーダンへの自衛隊派遣も、その派遣の根拠となる法の整合性のためだけに、内戦状態を「衝突」と言い抜けるのも、虚言の卑しささえ感じてしまう態度としか言えない。いつからか、現代は、かくも脆い砂上の楼閣の姿を見せるようになっている。都市も人もである。

    と、そんな折、突如将棋界から、竜王戦挑戦者だった三浦弘之九段の挑戦権剥奪、12月31日までの棋戦出場停止が発表された。対局中のスマホ利用による将棋ソフトカンニング疑惑が背景にあるという。
    もし勝負師たるA級棋士に、崇高な棋士道や棋士魂への思いがあるなら、自己否定となる内緒のソフト利用など自らに許さないだろう。そうではなく、やった事実が何らかの方法で判明しているというなら、勝負の場での手段を選ばぬ卑劣な行為は、2か月半の出場停止や挑戦権剥奪だけでは済まない(おそらく連盟除名や引退に追い込まれる)事態なのではないか?
    何となく中途半端な決着で、ああそいうことなのかとファンが納得できるものではなく、曖昧さがつきまとっている。

    9月末になってからの、唐突な対局中のスマホ持ち込み禁止や会館からの外出禁止令の通達などに、なんで今さらと奇妙な違和感を覚えたが、それもこの発表への伏線だったようだ。
    竜王戦の挑戦権剥奪という決定からしてみると、裁く連盟常務会側の根拠は、7月からの対郷田・久保戦の決勝トーナメント、そして8月15・26日、9月8日の挑戦者決定3番勝負に(あるいはその内のいくつかに)疑惑があり、このままでは連盟のスポンサーやファンへの責任が果たせないということだろうが、査問委員会となった常務会からわずか1日にも満たない時間内に、「休場届を出せ、さもなくば・・」というのは、社会常識的にどうなのか?午後3時の締め切り時刻に届けがなかったことを理由に、午後7時過ぎに連盟の裁きを発表したが、組織が個人を裁くには、原因・起因する事由やその根拠等が正しく列挙されることが必要なのではないか?期限までに休場届けがなかったとか、このまま疑いを持たれたままでは対局できないと本人が言ったという理由では、ニュースを聞いたファンとしては何となく曖昧模糊として逆にイライラしてしまう。あるいは、もし武士の情け・温情という視線が連盟側にあるとしたら、それもまた曖昧さの原因だろう。
    すべてを明確にしておかねば、この問題は、今後長く多くの波紋を呼ぶ事態となることだろう・・・。

    そして昨夜。ノーベル文学賞発表。
    いや、選考者のセンスの良さに、思わず感嘆の声をあげてしまった。
    「今年のノーベル文学賞受賞者は、ボブ・ディラン」
    この言葉に、最初に衝撃的な驚きを覚え、ひと間置いてからは、素晴らしい選択と納得した。
    売らんかなの商業主義とは無縁に、底辺に流れる時代の声、時代の波を掬い取り、唄い続けて50有余年。
    ディラン流の本物のスター像を創り上げもした。影響されたミュージシャンは世界に広がっている。
    歌詞そのものが文学と成り得ると証明した今回の受賞である。
    こんな私でさえ、愛唱する唄は、ディランの「I shall be reliesed」

    ついでだから大塚まさじ訳の3番の歌詞の一部をを載せておこうか。
             ♪ 男らしいッて  わかるかい
                ピエロや臆病者のことさ
                オレには聞こえるんだ  かれらの
               泣き叫ぶような 声が・・・

               朝日は もう昇るよ 少しづつだけどね
               そのとき その日こそ  
               自由に  なるんだ・・・  ♪

    今日も明日も明後日も、そしてこれからもずっと、風の流れに身を任せて、何があっても、希望を捨てない力を得たようなディランのノーベル文学賞受賞だった。





    category: 日々流動

    CM: 0 TB: 0