Admin New entry Up load All archives

    Tsuruki Jun<鶴木遵>の原風景 《絶対零度》

    鶴木遵の本、新しい挑戦、趣味である競馬、将棋の駒、男の手料理、めだかやミジンコ飼育、犬猫のよもやま話、など四季折々に感じたことを発信していきます。

    夏の終わりに~印象的だった2人の男たち その① 

    埴輪馬

    この夏、梅雨明けも遅く、終わってみれば7月下旬から10日ほどの暑さだけで、私の住む山では、後半も台風の影響で雨模様が続いた。シトシトと降る雨の中で、GCの中継する良馬場の競馬を眺めるのは、何となく違和感を抱かざるを得なかった。

    台風一過の今朝は、さわやかな青い空の下、最後の夏の日差しが戻っている。

    この夏、オリンピックもありメダル獲得ラッシュにメディアは沸いたが、後半戦になると思わず「行けーッ!!」と叫んでしまったのは、陸上男子の400mリレーの決勝ぐらいで、桐生からバトンが渡ったケンブリッジ飛鳥がラスト30㎜ほどからウサイン・ボルトに突き放されると、2着ではあったが、バトンタッチの技が圧倒的な才能の前に屈してしまった感じで、何となく意気消沈の度合いも強まってしまったものである。

    そんな中、この夏、別の2人の男たちの姿に、中身は大きく違うが、心を打たれたのは確かである。

    まずは香港の騎手モレイラ。短期免許を得て、先週までの3週間、札幌競馬場に参戦した。先週には第2回ワールドオールスタージョッキーズ(WASJ)が催されたこともあるが、何よりも昨年の衝撃が生々しく記憶されているから、モレイラ登場という響きだけで、私の心は高まって止まなかったのだ。
    最初の週(8/13・14)のエルムSでは、信じたモレイラからリッカルドとクリノスターオーの2点に流して、ほぼ万馬券の縦目を食らって悔しい思いをしたが、やはりモレイラは凄かった。

    参戦3週目となった先週、土曜の最終レースポプラ特別から、日曜9Rまで、自らの騎乗機会7連勝。‘05年9月18日から24日にかけて武豊が達成した記録に並んでしまったのである。

    その後10R は馬場入り後に騎乗馬マジックシャトルの右肩跛行が判明し出走除外、メインのキーンランドCはシュウジで2着。ここで新記録達成は途絶えたが、WASJ4戦目となった最終12Rでは人気薄のハツガツオを3着に導いて気を吐いた。

    ダートから芝、短距離から長距離と、その手腕はオールマイティに冴え渡り、「騎手が勝負するというのはこういうことだ」と観る者に教えてくれるような騎乗を続けたのである。

    勿論、昨年の衝撃的な活躍もあって、各陣営が期待馬を用意していたこともあったろう。しかしそれとても、真の実力が評価されてのことだったのだ。R.ムーアとこのモレイラ、それにここ1発を決めるときのM.デムーロやC.ルメールらの騎乗は、見ていて本当にワクワクできるものがある。特に最終第4コーナーに、騎乗馬の個性を踏まえてどう持ってくるかということに、彼らの才能は際立っていると感じるのは、私だけではないだろう。

    モレイラは、1983年生まれで9月26日が来れば旬の脂の乗り切った33歳。‘01年故郷ブラジルで見習い騎手となり、‘09年にはシンガポール、‘13年からは香港をベースにしている。どの地においても、リーディングジョッキーとなり、その事実が彼をドンドンと高みに押し上げる原動力となった。やはりいいものはいいのである。

    そんなモレイラを3週間楽しめたこの夏だった。だからアッという間に過ぎ去ってしまったのかも知れない・・・。






    スポンサーサイト

    category: 異化する風景

    CM: 0 TB: 0   

    金魚の成長 

    DSCN2225.jpg    DSCN2220.jpg

    ランチュウとオランダ獅子頭を飼い始めて1か月が過ぎた。

    ここ数年の猛暑の夏とは様相が違って、35℃を超えるような暑さは遅かった梅雨明けから10日ほどしかなかったので、昼の直射日光を簾で避けて、あとは水の管理に気をつけるだけだったが、それでも途中でランチュウ1匹が体調不良で死に、もう一匹が口まわりの皮膚に異常をきたしたので、2%ほどの塩水に移して1日も経つと元通り元気になってくれた。

    予想していたことだが、赤ん坊を育てるように、なかなか気を使わせてくれる。

    真っ黒の稚魚だったオランダ獅子頭も、今では色がつき始めて、文字通り金魚に変身しつつある。DSCN2219.jpg
    こうなってくると、飼う面白みも増すというものだ。

    この先、山の寒い冬を迎えたときに、さてどうするかという問題は抱えているが、そのときはそのときと楽観している。エサ断ちして2ヶ月ほど冬眠状態にさせる手段もあるようだし・・・。

    黒メダカや沼エビとは違って手はかかるが、優雅に泳ぐ姿やエサに寄ってくる愛らしさを楽しむと、愛着すら生まれてくる。

    ハラハラドキドキという刺激はないが、ゆったりとした温い時間をピュアな心で過ごしている夏である。それもまたいいのだ。

                                   DSCN2222.jpg





        

    category: 金魚を飼おう

    CM: 0 TB: 0   

    2016 夏 リオ五輪 

    kamennnowatasi②ex

    ここ数日、暑さにかまけて、机の上に書きかけの原稿を広げたまま(久し振りにモンブランの万年筆で書き始めてしまったのだ)、ついついリオ五輪の中継をかけっ放しにしている。

    時差12時間だと、ちょうど仕事をしたい時間にBGM代わりになってしまうから、まあ心が弱い(?)私には、思わず誘い込まれる「誘惑の罠」となってしまうのだ。

    でも、でも・・・。「勝負」という視点で眺めていると、これがまたたまらなく面白いからどうしようもないことになる。

    ほんの一瞬の心の隙間に生まれる落とし穴にハマる敗退もあれば、過度の自信が巻き起こすポカもある。無欲が新しい力を生み出すこともあるし、ベテランの熟した経験がさすがと思わせることもある。

    だから面白い。

    特に、私にとって印象的だったのは、柔道73Kg級の大野将平と日本体操陣の団体戦だった。

    大野将平は若さ特有の太々しさを全身からみなぎらせていた。これまでにも発言やその行為には、いろいろあったようだが、それ以上に柔道のアスリートとしての強さは際立っていた。1本勝ちを託せる男だった。結果からすれば、確かにその通りだ。
     しかし大野将平の両耳を見ると、その大きく変形した厚みに、彼の裏側にある本当の姿が伺い知れてくることになる。日常のトレーニングの真剣度合いが雄弁に語られている。徹底したトレーニングがあってこそ、柔道家の耳はこのように変形するのだ。道着や畳に擦れて鍛え上げられた結果だろう。そこまでやり遂げて、なお資質に恵まれた幸運が、大野将平をゴールドメダリストに押し上げたと、私は見た。

    男子体操陣の飛び抜けた実力も確かなものだった。他国の多くの選手が難度の高くなった現在の技をやってのけることが精いっぱいだったのに対して、選ばれた日本男子体操陣は、そこに美しさをも追及する余裕に満ちていた。美しさというのは、基礎的なルーティンが完璧となったある到達段階からしか意識化されないものだと、改めて日本男子体操のすばらしさを目の当たりにして感じた次第である。世の中には、中途半端な段階から美を語り始めてしまうことも多いが、それは用をなさないことが、体操を通して教えられたのである。

    リオ五輪は、21日まで続く。こんな見方をして楽しんでいると、たぶんこのまま何も手つかずでハマってしまうのではないかと、ちょっと心配でもあるのだが・・・。
    でもそれも4年に一度のことだからと、先に言い訳してしまう手もあるのかも・・・。






    category: 異化する風景

    CM: 0 TB: 0   

    真夏の涼を求めて~金魚を飼おう 

    遅かった梅雨も明けて、これからが毎日30数度の気温が続く夏本番。

    そこで、ここ数年続いている暑さをしのいで涼を求めようと、久し振りに金魚を飼おうと決めた。

    裏の池には和金がいたのだが、去年余りの数のオタマジャクシの誕生で池全体が酸欠状態に見舞われて、わずか3匹を救出しただけで、この雌1匹雄2匹の合計3匹は生き延びたが、またオタマジャクシの季節となったために、池から出して大きめのたらい桶の水槽に入れておいた。2匹の雄が1匹の雌を追いかける仕草をするようになったから、これでまた数も復活すると安心していたある夜、うし三つ時に、しばらく飼い犬が吠え止まなかったのだが、物音もせず、何も異常な気配もしないのでそのまま確かめずにいた。

    ところが朝明るくなって表に出ると、2匹の和金の姿は見えず、隣のメダカの水槽も荒らされていて、その前に猿の毛玉が残っていた。

    どうやら、山に餌が少なく空腹に耐えかねた猿が現れて、金魚やメダカを襲ったらしい。よくもまあ、メダカや金魚まで腹に詰め込もうとしたものだ。金魚もメダカも辺りに死骸すらなかったので、遊びで悪戯したのではないだろう。1匹だけ生き残った運の良い和金は、もう怯えるばかりで、餌当番である私でさえ水槽を覗く気配を感じると、恐怖のトラウマに見舞われたように泳いで逃げようとするようになってしまった。余程怖かったのだろう。

    そこで考えた。梅雨明けの前に、少しは人に懐っこい金魚でも久し振りに飼ってみようかと。

    DSCN2204.jpg   DSCN2202.jpg

    手に入れたのは、当歳のランチュウ5匹と、まだ色も変わっていない生まれたてのオランダ獅子頭。
    それに水族館でも使われているという高品質のペレットタイプの餌。

    その昔はランチュウなど高価だったが、今は丸みのある背中に、これからかなり育ってくるだろう肉瘤をしたランチュウでも、1匹1000円でおつりがくるほどで、さほどでもない。オランダ獅子頭の稚魚など200円もしないのだ。それも繁殖者から直接購入できるようになったからだろう。

    久し振りに飼い始めて、改めて金魚の人懐っこさを確かめた。人の手を借りないと生きてはいけない種類だから、より野生に近い和金とは違うのかも知れない。

    大きめのたらい桶の水槽を眺めていると、水の側にいるからか、何となく涼しげにも感じられるのが不思議だ。

    その隣には、大甕に移したミナミヌマエビの子供も、今では10mmほどに成長して跳ねるように泳いでいる。

    そしてそのまた隣には、同じく2016年産のメダカの稚魚が元気に群泳している。母親の腹回りに着いた卵はすでに有精卵なので、それをそっと取って別の水槽に移せば、1週間も経たないうちに次々と孵化してくる。そこには稚魚を襲う天敵もいないから、アッという間に増えてしまうことになる。

    この夏、私は山の水族館の館長になった気分だ。
                       
                                 DSCN2194.jpg    DSCN2201.jpg






    category: 金魚を飼おう

    CM: 0 TB: 0