Admin New entry Up load All archives

    Tsuruki Jun<鶴木遵>の原風景 《絶対零度》

    鶴木遵の本、新しい挑戦、趣味である競馬、将棋の駒、男の手料理、めだかやミジンコ飼育、犬猫のよもやま話、など四季折々に感じたことを発信していきます。

    人生ままならず~ある日の競馬と知人からの電話 

    JT

    先週末から、少しずつ蝋色漆を使って、盛上げに戯れていた。
    初心者故に、結構、神経を使うので、集中しなければ作業は進まない。眼も頭も果てしなく疲れる感じで、他の事などどうでもいいと、投げやりになってもいた。

    そんなとき、ある知人から電話があった。迷惑とも言えず、一休みしながら電話に付き合ったのだが、ウーンと考えさせられしまったのである。そうだよな、ままならないのが人生なんだと。

    この知人、先週の中程から車の異音に気づいたのだった。どうも調子がおかしいと。でも乗り慣れた車だったので、すぐに収まるさと、放っておいたらしい。しかし機械は正直だ。壊れるときは壊れる。機械はイエスorノットの2進法だ。人間のようにグレーゾーンで対処はできない。結局、金曜の昼頃に乗り出したときには、まるで飛行機の離着陸時のような轟音が鳴り響くようになったらしい。そのまま修理工場に持ち込んだまでは良かったが、後輪のブレーキディスクが破損し、パッドも跡形もなく減り、油圧を受けるキャリパーも戻らずに固定してしまっていた。ブレーキ関係の故障は、片方だけではなく、安全のために左右両方に手を入れなければならないらしい。修理の総額は、12~3万かかると、見積もりを終えて連絡があったのだという。

    しがない物書きである私と同様に、知人もまた宵越しの銭は持たない生活をしているから、お金があれば使い切り、なければないで我慢する危ない暮らしをして、糊口をしのいで好きに作品を作っている。あくまでも頑固にだ。

    だから、金曜夜の段階では、財布の中にあったのは、1万円札が1枚と小銭が少々。これは何とかせねばならぬと、好きな競馬で一発勝負を賭けようと決意したのである。その気持ちは、私には充分に理解できた。長く競馬に戯れていると、土日の2日の間には、購入レースを絞れば必ずチャンスはあると楽観するのが習いとなってしまうのだ。

    知人は、金曜に競馬新聞を買い込んで、真剣に予想をしたという。どうやら2・3時間かけて、競馬新聞を読み込んで、獲れると直感した3レースに絞ったのだという。

    選んだレースは、札幌と福島の新馬戦、それに福島7Rの未勝利戦だった。新馬戦を選んだのには、知人なりの理由があった。上級戦になると、競馬は能力の階級制度が徹底しているからそれなりの激戦となり、紛れも多く生まれる。でも新馬戦は、さしあたり仕上がってデビューを迎えたどの馬も横並びで出られるのだ。つまりピンからキリまでの馬たちが一緒になって走るのだから、素質・調教気配・騎手を考えて慎重に判断すれば、的中しやすくなるのだという。では、未勝利戦は?と聞いてみたら、今回は新馬戦を選んだ理由とほぼ同じで、たぶん勝負になるに違いないピンの馬が2頭に絞れたからだったようだ。

    知人のここまでの選択は、私が話を聞いていても、とてもよい選択に思えた。
    絞りに絞った結論で、まず札幌の5R新馬戦は、人気でも三浦皇成グラマラスカーヴと岩田康誠キャンディーハウスの馬連1点。福島の5R新馬戦は、田中勝春アルマニンファから木幡初広トゥルームーンと柴田大知ハナモモへの馬連2点。それに7R未勝利戦は、北村宏ダイワブレスから柴田大知コスモメリーと内田博幸テイエムリキオーへの馬連2点。知人は、少なくともどれかは必ず的中して負けはないと、意を強くして確信したそうだった。

    午前0時前、いつもより早めに就寝。土曜の朝は6時に起きて、そのままやっておかねばならない雑事を全てこなして、11時半過ぎには、パドック気配を確認してから電話投票をしようとTVの前にスタンバイしたのだという。

    TVを点けようとしたまさにそのとき、高まった意気を阻害するように、知人の電話が鳴った。一瞬出ないでおこうかと考えたが、どうも表示された番号に記憶があり、まあいいかと、つい出てしまったのだった。

    相手は、その昔からの友人だった。ごくたまに、と言っても年に数回メールをくれたり、電話で話して旧交を温めている友人だった。今は北海道にいる。モシモシと言うと、その彼が、病気のような暗い口調で話しだした。

    「ちょっと相談事があるんだけど・・・聞いてくれるかなあ・・・」
    「どうしたの?病気のような声じゃない?」
    「4月から医者に通って、薬を処方されているんだ。薬に頼らないともう持たない・・・」
    友人は、今年大学を出た長男がいて、強気な奥さんの尻に敷かれてはいるが、とりわけ問題があるような男ではなかったので、私の知人は、自分の置かれた状況を一瞬忘れて、話して見ろよと、相談に乗ってしまったという。

    聞けば、現在の職場で去年管理職が変わり、それからは、その相手と相性が決定的に合わず、相手もその気配を察してからは、毎日血祭りに上げるように、皆の前でミーティングに名を借りた罵倒を繰り返して止まらないらしい。お前がいい年をしてどんくさいから、チームの輪が乱れるのだとか何とか。友人の一挙手一投足をあげつらうのだという。周りの皆も、いつの間にか毎日の罵倒でマインドコントロールされてしまったのか、友人とも話さなくなり、それを知ると中間管理職は増長したかのように偉ぶって、さらにいじめを続けているのだという。

    元々義侠心の強い私の知人は、こんな話を聞くと、「それはパワハラじゃないか」と、思わず身を乗り出してしまったのだ。
    それが知人の大失敗の始まりだった。本来、今人生相談しなければいけないのは、突発的な事態に困ってしまった知人だったはずなのに、気の良い知人は、逆に人生相談のカウンセラーとなってしまったのだった。

    この類の電話は長くなる。家族に相談するわけにもいかず、誰にもなかなか明らかにできない心の問題だからだ。あれこれと聞き返したり、こうしたらいいのではないかと相談に乗っている内に、アッという間に1時間半が過ぎてしまった。

    知人が電話を終えて腕時計を見たとき、もう1時半近くになっていた。知人はそのとき、
    「いやはや・・・これもまた人生さ。こんな日もある」と、呟いたという。
    電話投票の口座に入ったなけなしの1万円は、馬券が買えなくなったこともあって、手つかずのまま残っていたから、知人の心には、まだまだ余裕があった。

    それが崩れたのは、電話を終えてトイレに行き、ついでに顔も洗って気分を変えて、改めて結果を確かめた瞬間だった。
    何と、知人が買う予定の馬券は、全て的中し、馬連で、札幌の新馬戦が6倍、福島の新馬戦が27倍、同じく7R未勝利戦が11倍の配当だった。1万円を3等分して、全て買えていたら、知人自身の突発的な人生問題はほぼ解決していた筈だった。

    結果を知ってから、人知れず知人の心は折れてしまったのだという。もう金曜夜のような欲目の無い冷静さや集中力は戻らず、何とか土曜はなけなしの1万円を減らさずに済んだが、日曜日には、ふとした瞬間にあれが買えていたらと、後悔のような思いが心の底から滲み出てきて、結果はメロメロになったらしい。

    翌日、知人は私に電話をしてきて、この話の顛末を泣きを入れるように語ってくれたが(本当に電話口で泣いていたのかも知れない・・・)、残念ながら私には慰める適切な言葉が思い浮かばなかった。

    落語に、長屋の人情噺で、食べる米の無い隣人に、自分の家にある米をくれてやって、その後に自分が食べる分がなくなったと知った職人がまた別の隣人へ米を貸してくれと駆け込む噺があった記憶があるが、私の知人もそんな世界にいたのだろう。

    でも情けは人の為ならずだ。欲を度外視したときの知人の冷静な集中力はたいしたものだから、きっと近々いいことがあるよと、私はやっとの思いで慰めを口にして、電話を終えたのである。

    とかくこの世は・・・いや、とかくこの人生はままならずだ・・・・。しょうがない・・・・。

    でも、ひとつのレースの裏側には、こんな噺がいくつもいくつも転がっているのである。




    スポンサーサイト

    category: 競馬百景

    CM: 0 TB: 0   

    同じ初作でも~22歳3番弟子の盛上げ前「淇洲」 

    昨夜午後8時。囲碁将棋チャンネルで、佐藤康光9段VS由進出石の飛車落ち戦が始まった。

    4月の収録時に控室でモニターを見ていたが、改めて攻めの由進の面目躍如たる力戦を確かめて、普段の人となりからは想像できない姿に面白みを覚えたのである。日常の由進は、人の良いオッサンなのだが、舞台装置が整えられた対局室で将棋に没頭していた由進は、別人だったのである。たぶん駒を作る瞬間にも、同じように由進は別人になっているのだろう。

    対局後に、解説者飯塚7段に佐藤9段がポソリと言った言葉が印象的だった。
    「吉岡さんて、あんなに攻める人だったっけ?・・・・」

    この勝利で、八幡浜で少年少女たちに将棋を教える先生由進は、何とか先生の権威を保ったと言える。子供たちからもこれまで以上に、頼もしい先生と、より慕われるのだろう。勝てて良かった、良かった。

    そんな日に、晴れて3番弟子となった22歳の若手大阪のH君から、写真が届いた。20140723 細見作 初作淇洲①

    初作が埋められて、盛上げ段階に入ったそうだ。ここまでしばらく時間がかかったのは、実はH君が漆のかぶれに弱いタイプだったからだ。その昔、漆の木の傍を通っただけでもかぶれるなどと言われたが、まさにH君はそのタイプで、今でも全身にかぶれが広がっているそうだ。でも本人は、慣れるしかないと覚悟して痒みに耐えている。かぶれた体験のある私もその痒みの辛さは理解できるが、どうしようもない。早く慣れるといいねと願うばかりだ。

    初作のレベルは、思いつきの手習いだった私の初作とは明らかに違う。雲泥の差と認めるしかないのが哀しくて切ないが、でもH君の資質を思えば嬉しいのだ。彫埋め段階では、微妙に縦線の揺らぎがあるが、それは盛上げ段階で微修正が可能だろう。本人は、それでも彫り跡が満足できないと嘆いていた。

    すでにH君は先輩清征と数度電話をし合っている。その清征の新作「天童楷書」彫り駒は、将棋会の会場となった粋鏡庵で対局駒として使用され、評判を呼んだ。だからH君には、清征の丁寧さを参考にしてくださいねと返信しておいたのだが、それよりも何よりも漆かぶれから解放されなければ、次の作業には入れないだろう。以前に私が原因で家族がかぶれたとき、静岡のSさんから「海水がいい」と情報を頂いていたので、H君には「夏だし、騙されたと思って海水浴に行ってみたらどうですか」とも書き添えたのだが、赤く膨れた肌で彼女と海に行くのも躊躇われるだろうなぁ・・・・。

                     20140723 細見作 初作淇洲②    20140719 細見作 根付

    由進は元名人との飛車落ち戦を制したし、1番弟子清征は新たに駒整形をものにしながら新作の構想を固めているし、2番弟子のM君は何と新書体を作っていると聞くし、3番弟子H君もこれから薩摩黄楊で3作目にチャレンジしようとしている。
    そんな勢いとは別に、弟子ではない私だけは、初心者レベルで戯れて自己満足している。ああ、この決定的な差はいったい何なのだろうか?・・・・・たぶん駒作りへの、才能と情熱の決定的な差なのだろう・・・・そうとしか思えない・・・・。




    category: 将棋駒

    CM: 0 TB: 0   

    自作一字彫り駒の顛末 

    DSCN1446.jpg

    ようやくここまで来ました。
    残りは、最後の磨きを丁寧にするつもりです。
    生涯2作目の一字彫り。眼を近づけて眺めると、下手くそなので、まだまだいろんな粗が目立ちます。彫りの不揃いやバランスとか。実は、彫りが簡単に思えると金や歩の方が実は難しいんですね。それは承知の助で、今回は、独力でやり抜くことがとにかく目標でしたので、最低限の自分を試すノルマは達成しました。ハァー・・・と、安どの吐息を漏らしています。

    もっと大写しでご覧頂きたいのはやまやまですが、謙虚なもので・・・・。遠目で眺めるのがよろしいかと・・・・。あばたも笑窪ですから、ハイ。

    個人的には、由進字母に味わいがあったので、何となく雰囲気のある一字彫りとなって助かったなと思ってます。勿論、由進字母が本来持った世界とは大きく隔たった未熟さは理解しています。でも自分用なら十分ですし、この先10年経ったとしても、2014年7月の10日間のことは、この駒を見れば想い出せるでしょう。

    それにしても、まだ印刀の正確な捌き方はものにしていませんが、これを習得できたら、駒作りは相当楽しくなることを確かめました。最初の1枚と、最後の1枚では、気分は大きく変わっていました。

    私自身は、早く結果が知りたくて、どうにもせっかちな性格性分が抜けきれないのですが、ここはひとつ修行して、じっくりと月が満つるのを待てるような人格を作ることも必要でしょう。でも、判っちゃいるけどこれが大変で、なかなか・・・・・。

    しばらくは休憩したいと考えていますが、まだ磨いて彫埋め状態になっている最初の「巻菱湖」も何とかしなければいけませんし、そのうち虫が騒いでくるでしょう。手習いとしては面白い世界ですし。

    我流で進めてみた駒作りですが、今の時点で改めて判ったことがあります。駒に対して、世の中には勿体つけたようないろんな風説が流れていますが、どれも半分正しくて、半分は疑ってみる常識ではないかということです。例えば、水や油分や紫外線。駒には、水は大敵と語られますが手入れされている駒なら水は弾いてしまうでしょうし、手垢のような指先の脂分なら良くて適量な椿油などでもダメとされる正しい根拠は実は曖昧だし、木地が変化するには紫外線は不可欠な外的刺激の要素でしょう。いずれも過度に走らなければという条件付きですが。

    今回、彫った駒のお化粧仕上げに、実は水が有効だと知りました。駒表面に少し水を塗ると印刀が鉋のようにも使えたのです。適量な油分も木地に潤いを与えるようです。木地も人肌と同じではないかと思っているんですけど、どうでしょう?紫外線が長い時間をかけて木地にいい影響を与えて風合いを醸し出すのなら、まだやったことはありませんけど、軽くコパトーンを塗って日焼けさせたらどんな変化となるか、一度は実験したいものです。ただコパトーンにも種類がありますから、どうしたものかと迷っています。今回の自作自分用の一字彫り駒なら、そんな実験も心置きなくいろいろと大胆にやってみることができるでしょう。せっかくのチャンスが生まれたので、使い切ってみたいと決意しています。

    エッ、駒銘は?って。まだそれは時期尚早でしょう。その日が来るかどうかは不明ですが、腕が上がったら、そのときに考えることにしましょう。本当は、あの場所に、小さな文字を彫ったり書いたりする腕が無いのですから・・・・。

    これで週末土曜の夜8時から、囲碁将棋チャンネル(今月のスカパーは、アニバーサリー企画で、手続きをすれば月額2300円位が上限の無料放送でしたので幸運でした)で、ゆっくりと佐藤康光9段vs由進出石の飛車落ち戦を見られます。熱戦であることは、4月の収録時に応援に行ったので、保証します。乞うご期待です。
                             
                           DSCN1445.jpg






    category: 将棋駒

    CM: 0 TB: 0   

    もう少し~一字彫将棋駒へのチャレンジ 

    突然、思い立って駒作りを始めてしまった私ですが、どうも波紋というか、皆々様の好奇心を湧き立たせてしまったようです。

    総じて、どうせ初心者の手慰みさとか、どうせ挫折するさとか、いったいどいう結末になるかというような井戸端会議レベルの好奇心なのですが、中には真剣にハラハラして下さる方もいて、印刀の砥ぎ方や、字母にあてがう角度の注意や、駒木地に対する字母の大きさ(バランス)への配慮などを、的確に指摘していただきました。ありがとうございます。

    駒木地に対する字母のバランスについては、とにかく練習用に由進から貰った薩摩黄楊の余り木地を、突然に何とか並べて揃えて(ですから王将が通常の桂の、そして飛車から香までが通常の香車サイズで、歩は歩の大きさなんです)始めたので、承知の上でのことだと記しておきます。

    で、現状はこんな状態になりました。      DSCN1435.jpg
    あと銀の表を3枚残しておりますが、何とか今日中には終わるでしょう。

    残り銀香の8枚に、目止めをして、乾いたらトントン錆を入れて、また乾くのを待って研ぎ出し。
    次に、全体を微凸面仕上げをしながら磨いたら、何とかゴールに辿り着きます。もう少しです。

    途中で、初心者の心配心で、錆を入れたり、砥いでみたりと余計なことをしましたが、どんな風に出来上がっているかまったく自信がなかった状況でしたので、それもしょうがないでしょう。たぶん、早く結果を覗いて見たいという子供のようにせっかちな性格も影響したのかも知れません。

    精神的には、本当に長い道のりでした・・・・。多少ホッとしています。写真つきで公開している以上、下手くそでもやり遂げなかったら、根性なしの姿をさらけ出すことにもなりますし・・・・。でもその方が、失敗劇の顛末としては面白かったかも・・・・。

    とにかくもう少しで、私自身のちょっと小振りな練習用一字駒が完成です。良かった、良かった・・・・。

                              DSCN1436.jpg




    category: 将棋駒

    CM: 0 TB: 0   

    進捗状況~一字彫 

    駒作りに見事に嵌まっています。

    40枚の駒を(今回は余り歩は端折っていますので)黙々と彫っていると、高い山を登って行くような、或いはその昔のシベリアの強制労働のような眩暈と疲労に襲われます。

    で、気分転換に彫れた駒にトントン錆を入れたり、それを砥いでしまったりして心を鎮めています。
    トントン錆とは、先に適量の生漆ととの粉を練り合わせ、最後にこれもまた適量の水を加えて再度練り合わして作るサビ漆で、この手法は古来より語り継がれている方法だそうです。由進によれば、生漆:との粉:水の配合は、6:6;2です。彫埋めの場合、この生漆を濾過して用意すれば、問題なくいい結果を得られるらしいのですが、今回はチューブからそのままの生漆にしてしまいました。

    学習して覚える事柄が、初心者である私には多いので、今はとにかくやってみることを優先して、由進から貰った薩摩黄楊の余り木地や、家にあった有り合わせの道具、手製の彫台で戯れているだけですが、下手でもだんだん出来上がってきて終着駅が見えてくると、それなりに楽しくなってくるのが不思議です。

    今日、こんな状進捗況になりました。       DSCN1433.jpg

    あと銀と香が裏表で合計8枚、歩の表が6枚残ってます。字母紙用のタイプ用紙が地元の文具店に売ってなかったので、コピー用紙で代用したんですが、慣れてないので厚みに苦労しています。巻菱湖のときは、清征がタイプ用紙に印刷された字母紙を最初に貼っていたので楽だったんですが、これ以上甘える訳にはいきません。

    歩は何とかなってきましたが、残る銀の裏表と香の裏面が難しそうで、慄いています。銀の表はすでに失敗しました。残念・・・・。

    でも、ゴールはもう見えていますから、これから1週間、頑張り通す決意は持ってます。

    最終最後に微凸面仕上げを施して、磨いたら、自作の練習用将棋駒が完成します。どんなもんだい・・・ヘヘッヘー・・・・。

                                  DSCN1434.jpg

    category: 将棋駒

    CM: 0 TB: 0