Admin New entry Up load All archives

    Tsuruki Jun<鶴木遵>の原風景 《絶対零度》

    鶴木遵の本、新しい挑戦、趣味である競馬、将棋の駒、男の手料理、めだかやミジンコ飼育、犬猫のよもやま話、など四季折々に感じたことを発信していきます。

    6月29日宝塚記念~阪神2200m 

    埴輪馬

    ゴール前から、横山典弘の顔には笑みが浮かんでいた。

    ゴールイン後には、その笑みは、「いやいや、これは・・・」という何とも言えぬ満足感と、呆れたような苦笑いに変わっていた。

    シーズン上半期の掉尾を飾る梅雨の季節のG1宝塚記念。12頭の出走馬だったが、中距離の実績馬が揃って、例年以上の中身の濃いレースとなることは、見守る誰もが予想し得たことだったろう。ただしそれは、梅雨の季節の雨の気まぐれが影響しなければという条件付きだったのだが・・・・。

    案の定、週末の天気は荒れて、どんな馬場になり、それがレースにどんな魔性の顔を見せつけるかということは、ゲートが開くその瞬間まで誰もが正確には掴み切れてはいなかったろう。

    水を含んで力のいる馬場。そして阪神のゴール前に急坂のあるコース。切れ味を発揮して実績を積み上げた馬たちにとっては、最も呪わしい鬼門とも言うべき状況が訪れていたのである。

    となれば、そんな馬場を底力で克服することを最も得意にするのは、鞍上に横山典弘を迎えたゴールドシップだと、競馬の経験値が高いファンならすぐに思い当たる筈だったが、それを絶対の結論とするには、昨年春以来の、気分を害すと自分でレースをいとも簡単に捨ててしまうような、気ままな気分屋ゴールドシップの姿を思うと、いかに天才肌の横山典弘の騎乗であろうとも、また騙されてしまうのではないかという疑心暗鬼を無条件に拭い去る訳にはいかなかった。それでも多くのファンが1番人気に押し上げたのは、逆にゴールドシップの余りに人間的な個性を支持したのだろう。

    騎手横山典弘にも、見様によっては気分屋の雰囲気はあったかも知れない。勝負にならないと見定めたときには、どちらかと言えば、馬のためにしゃかりきになって無理はしないタイプの騎手である。しかし勝負になると踏んだときには、いかにも動物的な感性で馬を導く天才的な勝負感を持っている。似たタイプには四位洋史がいるが、現在のNo.1は横山典弘である。武豊の論理性合理性とは異質な才能だ。

    その横山典弘とゴールドシップのコンビ結成は、圧勝か惨敗のどちらかしかないのは自明である。それが、レース前のハラハラ感となって、見守るファンの共通認識に高まっていた。

    レースの上り3F33秒の瞬発力ある切れ味を誇る馬たちは、世界のジェンティルドンナ、未冠の雄ウィンバリアシオン、2冠の踊り子メイショウマンボ、あわやのJC惜敗牝馬デニムアンドルビーと揃ってはいたが、今日の馬場に泣かない馬がどれかと言えば、それは走ってみなければ判らない状況としか言えなかった。重い馬場を本当に得意とすると断言できる馬は、この中にはいなかったが、気が向けば底力で走り切るゴールドシップだけは馬場には泣かないと言い得た。

    だから、G1レースの権威が保たれるためには、ぜひとも条件の揃った横山典弘ゴールドシップの圧勝劇を期待するしかなかったのである。

    ゲートが開いて、福永祐一ヴィルシーナが、前走ヴィクトリアMの復活を再現して逃げる態勢を作った。

    横山典弘ゴールドシップは、他馬と同じタイミングでゲートを出たが、そのまま後方に下がり、歓声の上がるスタンド前で馬がまた行く気を見せて好位に上がってきた。出たり入ったりする競馬は本来は勝負の負けパターンなのだが、横山典弘はあくまでも馬の気に任せる騎乗に徹していた。

    前半5Fは62秒4。やはり馬場の所為なのだろう、スローペースだった。

    気分を害されずに、言わば我儘を通して走るゴールドシップは、3コーナーを廻ると勢いを増して前に行こうという意志を見せ始めた。他馬と競争していることなどは超越して、満たされた気分で走る快楽に身を委ねているようだった。

    そんな人馬を見て、ふと私は思った。これは、父ステイゴールドの血の為せる技なのか?それとも母の父メジロマツクィーンの血の為せる技なのか?と。いやいや、どちらも激しい気性の馬だったなぁ・・・と。

    第4コーナーを廻って先頭に立ち、そのまま刻まれたゴールドシップの圧勝劇。

    2分13秒9。上り4F47秒4、3F35秒6。この決着タイムには、今日の宝塚記念の特徴が見事に刻まれている。やはり底力が必要な馬場であり、切れ味勝負の馬たちは、馬場に脚を取られて泣かされたのだ。そして高速馬場のレースではゴールドシップは気分を害すが、こんな時計の掛かって力が必要な馬場なら、ゴールドシップの独壇場なのだと。

    レース後の勝利インタビュー。横山典弘は言った。
    「今日はゴールドシップがちゃんと走ってくれました・・・大外8枠がいい枠でした・・・史上初の宝塚記念連覇?メジロライアンのときと同じくらい嬉しい・・・」

    宝塚記念は、ゴールドシップの為にあったようなG1レースとなった。多分これから先、私の記憶の中の絵日記には、こう記されていくだろう。2014年宝塚記念は、動物的な感性の天才が、狂惜しく我儘な天才に乗って、鮮やかに圧勝したレースだった。勝負の女神は、そんなコンビの為に力の要る馬場を演出して準備してもいたのだと・・・・・。





    スポンサーサイト

    category: 競馬

    CM: 0 TB: 0   

    第3の新人出現~由進3番弟子志願 

    話はゴールデンウィークに遡る。

    連休中に、突然大阪H市のHさんから、「駒師由進」本の注文があった。幸い手元に数冊あったので、何とか対応したのだが、話はそれだけには終わらなかったのである。

    実はこのFさん、駒師志望のおそらくは20代半ばくらいの男性で、一晩で「駒師由進」本を読み終えて刺激を受けたのか、あるいは駒師由進その人に興味を覚えたのか、すぐに私にメールをくれて、由進の盛上げ駒の入手を方法を質問し、そのまま即製作依頼をしてしてしまったのである。

    これまでいまだ面識のない駒師に直接製作依頼をしたことがなかったのだが、私が、「気さくな人柄だから勇気を持って連絡を」と返事を出したこともあって、ご本人もその気になってしまったということだ。

    ここで話が終わったなら、何の変哲もないよくあるお話だったが、物語は続いて行った。

    製作依頼が完了したとき、私はまたメールを受け取った。候補となった木地の添付写真の他に、「実は今後駒を作ってみたいと考えているんですけど、本を読んで感銘を受けた由進師に弟子入りを願い出るのは無謀でしょうか?」と記されていた。

    「いえいえ、本当にやりたいと思っているなら、もう一度勇気を出して志願してみたらいいんです。もう判っているでしょうけど、やる気にはやる気で答えてくれる人ですから」
    そう返事を出した。

    Hさんは、再び勇気を持って連絡をした。しかし奥床しいのかもどかしいのか、3番弟子志願のことはまだ言い出せなかったらしい。だが、その後も、スカイプを使っての3度のゼミナールが開かれた。話の中で、由進から勧められた「奥山治具」と「住谷治具」は即購入して、Hさんは、すぐに自分の第1作に取り掛かった。

    その頃、私は由進からの電話で少し様子を聞いていた。
    「まだ若くて30前じゃないでしょうかねぇ。いやいや、なかなか熱心で、私の言うことはすぐにメモしていましたよ。好きなんじゃないでしょうか、駒作りが」

    まだ私は、メールからの印象以外、ご本人のお顔も知らないので、断言はできないが、取り敢えずの印象では、もどかしい程に丁寧な対応を心掛けようとしているように思えた。だから知っていることはお教えしようと努めたのである。(丁寧な読者は大事にするのをモットーにしている)

    そんなHさんから、深夜にメールが届いていたのである。しかも記念すべき第1作の彫りの写真が添付されていた。

                         20140611 H 淇洲 飛車 彫 ①    20140611 H 淇洲 龍王 彫 ②(H 第1作 淇洲彫)


    第1作は、由進「淇洲」だった。もうすべての駒を彫り終えて、トントン錆を入れている状態だという。

                          92淇洲根杢連盟(由進作・淇洲)


    惜しむらくは、竜王の王の最終画が少し広く彫られてしまっていることだが、最後にバリ取りの仕上げをすれば、そこらにいる並みの彫師には負けない駒になっている。

    しかし素直な気持ちで「これが第1作なのか?」と思った私は、由進に、駒写真をメールしてから電話をして、大阪H市のHさんが、3番弟子としての弟子入りを志願していますよと伝えたのである。

    もはや師匠になってしまった由進は、電話口で頬笑みながら応えた。
    「あらら、第1作とは思えないほど上手ですねえ・・・3番弟子の件は遠慮なく申し付けてくださいとお伝えください。龍王の字の最終画は文字としての生命線なので、最初から字母の線上で彫りなさいと伝えた方が良かったかも知れません。いやぁ、それにしても・・・・」

    たぶんこの彫写真を見て、最も刺激を受けるのは、1番弟子である清征と2番弟子のM君だろう。とりわけ清征が次作にどう挑むのかは大きな関心を持った。1枚の彫りには、たぶんどれだけの力量を持った新人が現れたか如実に物語られている筈だからだ。これから始まるであろう相互の刺激合いが、相互の作品レヴェルを磨いていくに違いない。そんな競争こそが、駒作りの現場にはいない私には大きな楽しみとなるのである。

    この第3の新人であり3番弟子Hさんの次作は、由進流「龍山形水無瀬」だという。

                         95水無瀬虎杢連盟(由進作・龍山形水無瀬)







    category: 将棋駒

    CM: 0 TB: 0   

    龍山形水無瀬と水兼成~侍ジャパン1次リーグ未勝利敗退の日に 

    そう言えばと思って、3つの駒写真を並べてみた。共に出石(=由進)作である。

    95水無瀬虎杢連盟(龍山形水無瀬)        140328 水兼成(水兼成)     

    もうひとつ、王将戦で使用された書体と同じ水無瀬兼成。  20130417 萬寿の駒 水無瀬兼成(東京S氏所有駒)

    同じ「水無瀬」にしても、それぞれに違いがある。

    今朝、起きたときに、実は由進から、昨夜完成した「古流水無瀬」の最新作字母紙がメールで届いていた。おそらく徹夜作業でようやく出来上がったものだった。お披露目したいが、8月に最初の新「古流水無瀬」作品が誕生する予定だから、本人が先に公開しない限り、それまでは明らかにしないのが筋だろう。ただ一つ言えることがあるとすれば、細部は異なるものの「水兼成」との共通項を保って、面白い作品となっている。

    習志野のTさんは、打ち合わせの段階で字母を知って、
         旧「古流水無瀬」を《都会的で洗練された美人》
         新「古流水無瀬」を《素朴で活発そうな美人》
    と、表現して、新しい字母に共感を現わしている。待ちに待った人をも期待させる仕上がりになっていることは間違いない。

    今朝早くに、日本サッカーはコロンビアに惨敗して姿を消した。商魂たくましい広告代理店やマスメディアに誘導された幻想の化けの皮が実力相応に剥がれたのだろう。確かにスペインやイングランド、イタリアも1次リーグで敗退して姿を消したが、しかしここ4年間の批評のない日本のスポーツジャーナリズム、厳かに言祝ぐことを無視して、ただただ大騒ぎの祭りを作って民を誤誘導してまで稼ぐが勝ちといった御用代理店やメディアの在り方は、もう限界にきていると猛反省すべきではないのか?そんな気がする。
    賑やかして高く売らんがためのよいしょ記事ばかりで、批評のないところに、進化もないのだ。だからこその1次リーグ最下位敗退だったのである。
    ある意味で五輪より国家の威信を反映するワールドカップのような本気の勝負の場所は、着飾った厚化粧や整形顔の装いではなく、あくまでもすっぴんで勝負することが要求されるのだから。そしてすっぴんで勝負できなかったなら、それはそもそも実力の無さなのだ。

    その意味では、8月に発表される出石作「古流水無瀬」新作への皆さんの広い心での批評が、さらに出石=由進を進化させることは間違いない。たぶん期待に違わぬ作品が生まれるだろうが、そのときには、皆さんの声が、よいしょではなく批評として届いて欲しいと願うばかりである。



    category: 将棋駒

    CM: 0 TB: 0   

    こんな日はなくてもいい~東京ユニコーンS&函館スプリントS 

    JT

    久し振りに駒を作って盛上げの状態を確かめた昨日6月22日。梅雨の季節に素人が漆に手を出す危うさは、湿度を考えると予感はしていたが、悪い予感通りになってみると、やはり気分は重い。

    だから昨日は、変な日になるんじゃないかと心配していた。

    何が異変となるかと思っていたら、それは午後に見た競馬だった。まあこの程度で終わったなら良しとすればいいのだが。

    函館と東京のメインレース。両方とも圧倒的に支持された本命馬が出走していた。

    函館スプリントSは、G1戦高松宮記念とヴィクトリアMで3着を続けたストレイトガール。
    東京ユニコーンSは、2歳チャンピオンアジアエクスプレスが、皐月賞6着から出走してきた。
    能力と可能性を考えれば、中心馬と目されるのは当然の馬だった。

    しかし岩田康誠ストレイトガールは、好位の後ろのインを進んで、第4コーナーから他馬に締めつけられて行き馬を失くし、不完全燃焼のまま敗退。おそらくあの後藤浩輝の落馬加害がなかったら、岩田康誠は、他馬を弾き飛ばしてでも強引に突き抜けようとしただろうが、心を入れ替えたのかブレーキをかけて無理をしなかった。まあ、ローカルのG3の重賞である。誤解を怖れずに言い切るなら、それはそれで正解だったろう。本当の勝負はG1ならばこそである。この1歩譲った我慢こそ、さらなる成長の糧になる筈である。

    やはり好位の後ろから馬群の中を進んだユニコーンSの戸崎圭太アジアエクスプレス。第4コーナー手前から戸崎圭太の手は動き、手応えの無さを示していたが、直線でも全く伸びず、途中でレースを諦めて惨敗した。所謂2走ボケとしか考えられない。6着だったとはいえ、皐月賞の状態が究極の仕上げだったのかも知れない。こんな馬ではないはずなのだが・・・?原因不明である。


    この2頭の結果に、やはり気分の重い日なんだと納得して過ごした昨日が明けた今朝、由進から電話があった。

    「いやいや、見事に漆がシワシワですねぇ。あんな写真を見ると、駒作りの何も判っていなかった最初の頃を想い出して、懐かしくなりますよ(笑)」
    「だから、原因は判っているんです。私が下手くそで恥をかいておけば、皆さんが楽しめるでしょ?」
    「ハッハッ・・・」

    私の気分は笑い話状態ではなかったが、失敗したのは事実なので苦笑いするしかなかった。悔しい・・・・。

    今朝の要件は、この話ではなかった。私は、2つの新しい製作情報を得たのである。

    ひとつは、群馬のIさんが楽しみに楽しみにして1年待った赤柾「江戸安清」の盛上げが始まったこと。
    「赤柾の木地がなかなかのものだったので、予想以上の作品になると思いますよ」

                 新作安清用赤柾(江戸安清用赤柾)江戸安清 140623(江戸安清赤柾新作)




    もう一つは、習志野のTさんが、日々の社員昼食を定食から麺類に代えてコツコツと駒預金をやり遂げて、遂に昨年8月に製作依頼した「古流水無瀬」の新しい書体製作の件だった。最近、由進は、伝わっている「古流水無瀬」書体がどのように生まれたのか改めて考えたのである。「巻菱湖」以外の4大書体は、「水無瀬」から始まって、「清安」「錦旗」「源兵衛清安」に発展している。となれば、「古流水無瀬」にもそれらに通ずる何かがなければいけないのだが、これまでの書き駒から誕生したような「古流水無瀬」(これも以前に由進自身が修正を施しているのだが)には、そう考えると再度直してみなければいけない書としてのポイントがあるのだという。だから、習志野のTさんの依頼駒を製作するには、「古流水無瀬」の決定打となる書体作りから始める予定で、何とかこの6月中には書体を完成する予定なのだということだった。盛上げの完成は8月となる。

    これは習志野のTさんには朗報だろう。新しい挑戦の駒が出来上がって手元に来ることになるのだから。奥さんに内緒の、苦節した駒預金も報われたというものだ。

    今、私の手元にある旧「古流水無瀬」も、駒師由進の当初の情熱が込められているという意味では貴重だが、熟して巻き起こる新風もまた爽やかだろう。

    あれ?ひょっとして私が「古流水無瀬」の駒を作ってみた(漆に失敗した)と知って、由進はこんな話をしてくれたのか?
    だとしたらちょっと人が悪いかもしれぬが、まあそんなことはあるまい。だって思わずカラかってみたい程のレベルには、到底ない私の手慰みなのだから・・・・。それでも、正直に言えば、今朝方再度冷蔵庫に入れてみたんですけどね・・・・。どうなりますことやら・・・・・。

                         DSCN1039.jpg(由進作・旧古流水無瀬39作)


    そうか・・・・。今月の末新たに「古流水無瀬」書体が完成すれば、駒師出石(由進)作の水無瀬書体は、
    正当なる①「龍山形水無瀬」、
    そして正統なる②「水兼成」、
    さらに新作となる③「古流水無瀬」(これは何となく大橋宗桂をイメージしてしまう)
    と、オンパレードになるではないか。

    うーん・・・。はやく並べて見てみたいものだ。ときに1升酒を飲み干しても、やるときはやるという感じで、着実に仕事をしているようだ、由進は。たいしたものです。





    category: 将棋駒

    CM: 0 TB: 0   

    ああ、失敗・・・残念・無念。されど失敗は成功の母なり 

    一昼夜経って、取り出してみました。

    ああ・・・・。この梅雨空の天気で。やはり湿度の影響か、漆がシワシワになってました。

    残念・無念です。

    DSCN1333.jpg

    それにしてもアップで撮ると、細かな粗がまる判りです。怖ろしい・・・・。練習用にいろいろと使い回した木地なので余計に目立ちますね。

    原因は判っています。駒を置いたタッパの中に、乾燥材を入れるのを手抜いてしまった所為です。由進流の冷蔵庫保存の方法は、以前のブログで紹介されているように、やはり乾燥材の同時使用が必須なのでしょう。甘く考えていました。

    初心者としては、そこそこ満足できる(勿論、自分の手元に置いて楽しむレヴェルでという意味ですから)感じだったので、楽しみだったんですが、なかなか上手くはいかないものです。ただ黙々と練習を続ければ、いつか未来には何とかなるなとの感触だけは得られました。いえ、決して強がりではありませんよ、ハイ。

    しかし失敗は成功の元。もう一度漆をサンドペーパーで削り落として、天気の良い日に再チャレンジしましょうかねぇ。湿度気温の適した10月になれば、自然状態でも固まるようなのでそれまで待てば安心ですが、待てそうもありません。まだ希望は持ってますから。絶望に打ちひしがれてはいますけど・・・。

    完成したらご報告いたします。駒への挑戦は、その日まで、バイバイです。

    ああ、コンチクショウ・・・。

    でもねぇ、本家本元の「古流水無瀬」の王将・玉将は、こっちなんですよ。

                         DSCN1338.jpg

    やっぱり、未来はないと認めた方が良いのかも・・・・。ああ・・・・・。








    category: 将棋駒

    CM: 0 TB: 0