Admin New entry Up load All archives

    Tsuruki Jun<鶴木遵>の原風景 《絶対零度》

    鶴木遵の本、新しい挑戦、趣味である競馬、将棋の駒、男の手料理、めだかやミジンコ飼育、犬猫のよもやま話、など四季折々に感じたことを発信していきます。

    ♪明日はダービー うれしいな・・・♪ 

    JT

    ♪ 走れ 走れ ○○○
      明日は ダービー うれしいな ♪

    明日は、競馬の祭典日本ダービー。

    3歳馬の頂点に立つサラブレッドを決めるレースだ。

    生涯一度のチャンスをものにするのはどの馬か?興味は尽きない。

    1周前の追い切り、今週の最終追い切りをGCのVTRで確認し、私自身の結論はほぼ決まっている。が、私は予想家として生きている訳でもないし、その結論が流言飛語となったときには責任の取りようもないと考えるので、ここではまだ明らかにはしない。そんな謙虚さは持っている。

    ダービーのような本当のビッグレースは、人の予想を参考にするより、やはり好みの馬に1票投ずるのが、ファンとして正しい道だろう。スポーツ紙や専門紙でも、記者やトラックマンの誰かが的中しやすいように、言葉を変えれば誰かが当てて的中と広告できるように、予想も本命、中穴、大穴予想と役割分担している場合もあるから、やはり関心興味があるなら、人に乗るのではなく、自分自身で見極める態度こそがいいのである。

    最終追い切りまでの気配の良さが、私には際立っていたように感じた4頭の馬がいる。今夜にはその中から軸馬を最終決定するつもりだが、果たしてどんな結末が待っていることやら。

    例え悔しさに地団太踏んだとしても、或いは歓喜で脳内快楽物質が爆発したとしても、いずれにせよ大いに楽しみだ。近未来を真摯に予測することは、そのことだけで想像の力が漲ってくるように思えるのだ。つまらない日常性とか予定調和のある種の義務感から、己を開放する一瞬の喜びが待っているようだからなのだが・・・。

    以前、トレセンを取材で訪れていた頃、3月になると騎手の間では、毎年のようにこんな話が沸き起こっていた。
    「今年のダービーは、あいつが取るさ。もう今から目つきが違っている」
    「今のあいつは、妙に真剣なんだよな。狙ってるのかなあ・・」
    そうなのだ。ダービーは3ヶ月も前から、騎手をも狂わせてしまう魔力と魅惑に満ちたレースなのだ。

    だから、まだもし迷っている方は、最終的にダービー本番を迎える騎手の表情を読み取ってみることをお勧めしよう。もし狂惜しい眼をして、それが輝きを放っていたら、その騎手は必ずいい仕事をする筈である。間違ってはいけないのは、緊張に怯える眼と、狙い澄ました眼は明らかに違うということだ。そこは見極めていただきたいのだが・・・。

    明日は、ダービー。私も東京競馬場に向かう予定である。







    スポンサーサイト

    category: 競馬

    CM: 0 TB: 0   

    Oh!! タニシの交尾と5月の花々~自然の躍動感 

                              DSCN1311.jpg

    ふとメダカの甕を覗くと、何とタニシが愛の交歓の真っ最中。何とも艶かしく絡んでいました。ねっとりと絡まり合って、羨ましい程激しくです。やはり元気でなけりゃ、自然の中では生き抜いていけないなと妙に感心しました。

    と、隣の池を見やると、去年は8月に咲いた蓮の花が、これも元気にまた花の蕾を広げています。

                              DSCN1313.jpg

    それならと、カメラを持ち出して、さして広くもない庭を巡ると、そこら中で花々が元気に咲いていました。花盛りです。

    残念ながら、それほど詳しくはないので、正確な花の名前はお調べくださいませ。

               DSCN1314.jpg          DSCN1315.jpg       
               ツユクサの花                  ビオラの花
               DSCN1316.jpg          DSCN1317.jpg
                矢車草の花                   ツユクサの花
               DSCN1319.jpg          DSCN1318.jpg
                ザクロの花                    紫ランの花
               DSCN1320.jpg          DSCN1321.jpg
                オダマキの花                   ミントの花 
               DSCN1322.jpg
                どくだみの花
                                      
    もっと早くに気づいて置けば、「山の四季」「毎月の山に咲く花」などと、1年の移り変わりが記録できたはずですが、身近で慣れてしまっていると、逆に気づかないものですから。これからはボチボチと身近な周りを観察してみようかと決めました。

    それにしても、花って凄いと思います。エッ?何故って?だって、雄しべと雌しべを考えると、花は純粋に性器なんですよね。自分の性器を堂々と晒して、ミツバチや蝶を誘い込んで、それでも綺麗なんて言われる存在なんですから。

    これには、どんな素晴らしいAV嬢も、ストリップ小屋の踊り子もかないませんもの。ね、そうは思いませんか?

    ダービーを週末に迎える前に、心を澄まして自然に触れてみた今日でした。








    category: 日々流動

    CM: 0 TB: 0   

    オークス~無念ハープスター 

    14オークスゴール前 ハープスター (写真:石山勝敏)  www.ishiyamakatsutoshi.com/

    ハープスターが、どういうレースをするかは、これまでの戦績を見ても明らかだった。

    競馬ファンなら誰もがそう思っただろう。第4コーナーを廻って、ホームストレッチを迎えて、ただ1頭大外。そこからさらに加速に勢いが増し、後はハープスター物語の華麗なる第1章が完結すると。

    この期待が誤っているなんてことは、レース前には考えられなかった。

    唯一心配があるとすれば、桜花賞の1600mからオークスの2400mに距離が伸びたとき、おそらくレースの流れがスローになる可能性が高いことだった。桜花賞は前半5Fが57秒のハイペースだった。ハープスターが中団より前にポジションを取る馬なら何も問題はなかったが、最後方から追い込む豪快さが身上の馬で、それがたまらない魅力となっている。せめて前半5Fが59秒そこそこの平均以上のペースで流れたなら、それはおそらく杞憂であったのだが、出走馬を見渡しても、早い流れを作って活路を見出す様な先行馬が見当たらなかったのは事実である。

    パドックに現れたハープスターを見て、私は、そんな気懸りに拘っていることを恥じる思いがした。素晴らし肉体、魅力ある気品。最高峰にある牝馬の姿とは、こういうものだと教えられる思いがした。心配などどこかに飛んでいってしまったのだ。それほどハープスターの状態は良かった。

    1405125オークス パドック ハープスター


    しかし直前の10R芝1400mフリーウェイSで、内田博幸コウヨウアレスが、前半5F59秒2のスローペースで逃げ切っていたことが、実はオークスを迎えるためには、大きな意味を持っていたのである。

    オークスのゲートが開いたとき、逃げたのはその内田博幸が騎乗するペイシャフェリスだった。
    先週のヴィクトリアマイルでヴィルシーナと共に逃げて復活の勝利を遂げた内田博幸である。コウヨウアレスで見られた様に、少し力が足らないと判断すると微妙にペースを落として活路を開こうとする。
    オークスもそうだった。内田博幸ペイシャフェリスの作ったペースは、前半5F60秒7。G1オークスとしてはスローペースと言わざるを得なかった。そして明らかにスローな先行ペースとなったとき、それに絡んで行く馬はどこにもいなかったのである。

    おそらくハープスターに乗る川田将雅も、この流れは判っていた筈だ。こうなれば残り4Fからの瞬発力勝負となると。だからと言って、無駄に動けば自滅の道につながると。腹をくくって、ハープスターの末脚を信じるしかないと。

    それは、半分は正解で、半分は不正解の結末が待っていた。直線大外から追い込んだハープスターの残り3Fの推定タイムは33秒6。出走馬中唯一の驚異的な末脚だった。

    しかし、クビ差栄光のゴールには届かなかった。

    坂にかかって馬群の中団から、今日は真っ直ぐに追い上げた岩田康誠。坂を上り切ってヌーヴォレコルトを先頭に導き、最後までたれさせずに持たせた技ありの勝負を決め打ったのである。岩田康誠ヌーヴォレコルトの残り3F推定上りタイムは34秒2。ギリギリ持てば活路が開けるという一発勝負だった。

    大外から、前半のスローペースをものともせず追い込んだ川田将雅ハープスター。だが、ゴール地点ではクビ差勝者に届かなかったのである。

    14オークスゴール前ヌーヴォレコルト


    内田博幸の作ったレースの流れが、勝敗に決定的に影響したと言える。流れを利して自らを有利にした勝負に出たのが岩田康誠。流れを意識しながら活路を開けず不運に見舞われた川田将雅。

    レースの流れが、時として最も強い馬を勝者にさせないという教科書のようなオークスとなった。競馬が勝負であるだけに、不可思議なレースの魔力が働くことがあるのだ。

    しかし桜花賞1着・3着馬がオークスでも1・2着を占めたことで、クラシックレースの権威はきちんと保たれたと言える。
    好位からインを突いて北村宏バウンスシャッセが3着。皐月賞に出走して牡馬にもまれた経験が生きたのだろう。

                              14オークス バウンスシャッセ返し馬


    ハープスターは負けて強しだった。強がりや同情ではなく、最強牝馬の輝く称号は、この馬の頭上にあると、私は今も信じて疑わない。
                              14オークス ハープスター返し馬

    ヌーヴォレコルトも岩田康誠の一発勝負に耐えきった。力がなくてはできない芸当である。その評価はきちんと与えなくてはいけないだろう。この馬がいたからこそ、オークスという勝負の記憶がより鮮明になって、数年後には大切な想い出となる筈である。

      14 オークス ヌーヴォレコルト返し馬 14オークス 岩田康誠

    勝利騎手インタビューで岩田康誠は言った。
    「・・・自分の不甲斐ない騎乗で、後藤騎手を怪我させてしまった・・・そのことを背負ってこれからも乗っていきたい・・・今は後藤騎手の早い復帰を願います・・・」
    それは勝利騎手の喜びの弁というよりは、反省の弁のようだったが、岩田康誠がきちんと騎手としての節度を持っていることを明かしていた。

    ちなみに先週のヴィクトリアMでも騎乗停止から復帰した岩田康誠は、心を入れ替えたようにこんな後方確認をしている。
           
                     14ヴィクトリアM 騎乗復帰岩田康誠 後方確認(5・18ヴィクトリアM ホームストレッチ)


    騎手岩田康誠は、この日の勝利で史上7人目の5大クラシック(桜花賞・オークス・皐月賞・ダービー・菊花賞)制覇騎手となった。過去の達成者は、シンザンの栗田勝、モンキー乗りを日本にもたらし、調教師としてもトウショウボーイを育てた保田隆芳、テスコガビー・カブラヤオーの菅原泰夫、武豊、河内洋、オルフェーブルの池添謙一である。

    5大クラシックに、春秋の天皇賞、JC、有馬記念を加えて、9大レースが、今の日本の競馬の基軸レースだろう。岩田康誠には、ぜひこんな事実を届けたい。

    9大レースの全てを2勝以上制覇している騎手がいる。武豊だ。この記録の凄さを、敢えて今日、知っておいて欲しい。今日のオークスには不在したが、上には上がいるものであると。

    真っ直ぐに堂々と騎乗馬を誘ってこそ、騎手岩田康誠の世界がこれからも開けて行くのだ。同時に日本の競馬を背負う覚悟をも明確にして欲しい。もはやそうあらねばならぬ騎手存在なのだから。

    それにしても今日はおめでとう。・・・ハープスターを負かしやがって、本当にどうもありがとう・・・・。あー・・・。

                       14オークス ヌーヴォレコルト 闘い済んで

    ※オークスを終えて数日後、ハープスターの左前脚の蹄鉄が外れて、ぶらついていたという事実が明らかになっている。それでも上り3F33秒6の強烈な追い込みを見せたのだ。運がなかったとしか言いようがない・・・・。







    category: 競馬

    CM: 0 TB: 0   

    復権と王権譲位~名人位交替劇 

    JT

    森内名人が、ここ3年間保持していた棋界頂点の名人位を、昨夜失った。

    完璧なまでの勝利によって奪い取ったのは、羽生善治である。当たり前のことだが、投了の意志を示したその瞬間から、敗れた森内俊之は前名人となり、羽生善治はちょうど丸3年振りの復位をはたして新名人となった。

    この二人の間で為された3年間の将棋勝負のドラマを、片隅からではあるが、ずっと見守れたという幸福感が私にはある。桜が咲き誇ると二人の頂上決戦の季節となっていたのだ。4年連続で同じ組み合わせの名人戦が見られるなんて、奇跡だろう。挑戦者となるには、A級順位戦を勝ち切らねばならないし、そもそもB1以上の順位戦は、選ばれた将棋の天才と将棋の魑魅魍魎の巣窟であるのに、それでも圧倒的に抜きん出て挑戦権を確保し続けた羽生新名人の姿には、頭が下がると同時に凄味を覚え続けたものである。

    森内前名人は、そんな挑戦者を3年間破り続けていたのだ。とは言え、ここ12年間の名人位は、二人だけの独占状態にあったのだが・・・。

    昨年は、確か矢倉戦の頂上決戦となり、今期は相掛り戦のそれとなった。二人の闘いが、実はそれぞれの戦法の後世に残る教科書のように思えてならなかった。

    結果は、去年は森内俊之の圧勝劇。森内名人は、秋になって渡辺明竜王の牙城を攻め込んで滅ぼし、新竜王位までも手中にした。格付け順位戦の最高位と最高賞金位の覇権を同時に戴冠したのである。幸福の絶頂感にただ一人浸れる煌びやかな権威者として君臨したということだ。

    1勝4敗という屈辱的スコアで敗れた羽生善治にとっては、超一流棋士としての自己存在に関わる事態だったろう。接戦の敗退なら、勝負のアヤとしてしまうこともできるが、勝負にもならない結末だったのではないだろうか。

    しかし勝負事には、本当に流れというものがあるものだ。流れの勢いといってもいい。まるで水が上流から下流に流れて海に向かうように、抗えない流れである。そしてこの流れを決めるのが、勝負師の「気」なのである。平常心、集中心、明晰なる洞察力、敵を飲み込む威圧感・・・一切が揃ったときはじめて「気」が姿を見せる。

    名人戦のここ3年間、羽生善治に勝ち続けた森内俊之は、今回それに負けてしまったのだと思うしかない。頂点にいる二人の間には、技術の隔たりなどで勝負が決着するはずもないのだから。たぶん技で考えて答えを得られたなら、4連敗は無かっただろう。それ以外の何かが一方的な勝負の結末を呼び起こしたのだ。そしてこの1か月半の間に起こってしまったことを理解して納得するには、もう少しの時間が必要となるだろう。勝負の女神に招き寄せられなかった現実を受け入れるということは、そういうことだ。

    両者は、すぐにまた棋聖戦で王位を賭けて激突する。果たして森内前名人に、心を癒して再び自己肯定できる時間的余裕があるやなしや?というのが、名人戦を見守り終えた今日の私の最大関心事である。

    それにしてもだ。それにしても、競馬の勝負と将棋の勝負は形は似て非なるものだが、内実はとても共通項が多いと、改めて思い知らされている。本当に勉強になる・・・・・。

                         95水無瀬虎杢連盟(出石作龍山形水無瀬・虎杢)






    category: 異化する風景

    CM: 0 TB: 0   

    5月18日ヴィクトリアマイル 東京1600m ② 

                 20140518 ヴィクトリアM ヴィルシーナ③(写真:石山勝敏 www.ishiyamakatsutoshi.com/ )

    早朝に石山勝敏にメールしたように、私の結論はほぼ決まっていた。

    2枠の2頭から、ディープインパクトの仔へと。

    ただ、それでもすっきりと絞れた訳ではなかった。

    今回、人気を背負う蛯名正義ホエールキャプチャに、何となく(これは経験的な直感である)食指が動かなかったように、武豊スマートレイアーにも、何となく前走の好走が目一杯で上昇度は低く感じたし、密かに楽しみにしていた福永祐一ウリウリも大外枠が仇になりそうな予感があった。田中勝春エバーブロッサムもまだ仕上がり途上だと思えた。

    では、昨年から今日に至るプロセスの中で、高レヴェルのレースはどれだったかと考えると、牝馬を意識しても、JCや秋華賞、エリザベス女王杯としか考えられない。中距離戦だろうと、そこで走った馬なら東京マイルを駆け抜ける底力は漲っているだろう。勿論、仕上がっているならという条件付きだが。

    相手に考えた、ディープ産駒は、最後に2頭残った。ラキシスとヴィルシーナである。

    ラキシスは、使われ方を見れば、明らかに2000m以上の中距離専用馬だった。それが功を奏してエリザベス女王杯の2着好走に繋がったのだ。マイル戦などに自信があれば、すでにどこかで結果を出している筈なのではないかと思えてならなかった。

    さてヴィルシーナだった。言うまでもなく、昨年のディフェンディングチャンピオンである。しかも人気薄。力は足りるが人気がないときは、本来なら絶好の狙い目なのだが・・・。

    そのとき改めて出馬表の成績欄を見てしまった。昨年のヴィクトリアマイル制覇から、ウィリアムズの騎乗で安田記念参戦(8着)、秋には岩田康誠に乗り替わって、京都大賞典、エリザベス女王杯、JCに参戦して惨敗を続けていた。さらに今年になって再び内田博幸の手綱に戻って、マイルの東京新聞杯(11着)、1400mの阪神牝馬S(11着)と見せ場をも作れないレースを繰り返していた。これでは例え出走馬中マイルのベストタイムを保持していても、走る「気」が戻っていないのではと疑ってかかるしかなかったのである。

    人気薄の実力馬は、人々が忘れた頃に上位にやって来るから狙い目ではあるが、それには騎手に勢いがあるとか、前走の何処かでアレッと新境地開拓と思わせるレースをやってのけたというような変化の兆しを示しているものである。
    しかし騎手内田博幸も、昨年後半から少しも輝いていなかったし、馬自身も最高の姿を発揮するようなアクセントのある使われ方もされてはいなかった。

    この瞬間に、私の周りには、「復活」を奏でる蝶々が乱舞していたのだが、同じ復活でも別の復活劇を期待する決断をしてしまったのである。

    「直感で何となく来ないような・・と思うなら、武幸四郎メイショウマンボと浜中俊デニムアンドルビーの1点でいいじゃないか」と。

    メイショウマンボは大阪杯のブービー敗退からの復活、逃げたドバイで10着に終わったデニムアンドルビーはあわや勝利のJCへの復活ではないのか。

    このとき、私は我ながら潔い結論だと胸を張る思いだった。

    ところが、ところがである。

    地下道から本馬場への通路で、馬上にある内田博幸はやけに「気」が入った表情をしていた。何かを考えているなと読み込んだが、それはスタートで明らかになった。

    内田博幸は、好スタートでターフに飛び出したヴィルシーナと共に逃げたのである。まさに気合いの逃亡だった。同時に、忘れられた人気薄の気楽さか、これで負けたらしょうがないと開き直って見せたのである。こんな内田博幸の姿は、ある種追い詰められていた昨年の宝塚記念以来久々に見るものだった。まるで苦しみの果てに不死鳥の如く甦ろうとしているようにも映った。

    レースは、内田博幸の気合がヴィルシーナにも乗り移ったような流れとなって決着した。

                          20140518 ヴィクトリアM ヴィルシーナ①



    武幸四郎メイショウマンボは、5番手程の好位のインから、直線さらにインをすくって追い上げたが届かず2着。まだもう一つ体調を上げたならと思わせる2着だった。今日は、武幸四郎は内田博幸の気合に負けた印象だが、メイショウマンボが昨年秋の状態を取り戻したら、次には気合で勝る筈である。

    後方4番手から直線大外を追い上げたデニムアンドルビーは6着。順調に秋を迎えれば、ブエナビスタやジェンティルドンナの域にどんどんと近づいていくように思えた。

    この土日の2日間、私の周りには「復活」の羽模様の蝶々が飛び回っていたのだが、鈍感にも私は、別の「復活」の糸を手繰ってしまったのである。だが負け惜しみではなく、直感自体は働いていたし、そのまとめは大筋で誤りではなかった。頭の中の鈍感という靄を晴らせば、そのときには何かが変わると思えてならないのだが、どうだろう?
    その日が、6月1日の日本ダービーだったら最高なのだが。いや、その前にハープスターのオークスもあるではないか。諦めず、何とか脳内快楽物質を増やす日々を送るしかないな、こりゃぁ・・・・。

                            20140518 ヴィクトリアM ヴィルシーナ②(闘い済んで日が暮れて)
     





    category: 競馬

    CM: 0 TB: 0