Admin New entry Up load All archives

    Tsuruki Jun<鶴木遵>の原風景 《絶対零度》

    鶴木遵の本、新しい挑戦、趣味である競馬、将棋の駒、男の手料理、めだかやミジンコ飼育、犬猫のよもやま話、など四季折々に感じたことを発信していきます。

    恒圓書盛上げ~新作駒師由進 

    盛上げ駒 恒圓書  由進作

    自ら随処に手を入れた字母紙が公開されてしばらく経つが、ようやく完成した桂山こと水戸常丸の遺した書体「恒圓」の盛上げ駒である。恒=常、圓=丸と、桂山は書体名に自分自身を表した。そこに8代目駒権の「蜀紅」に対する意地が垣間見える。

    練馬の粋鏡庵席主が、昭和の終わりに桂山本人から許諾を得ていた製作を、遂に今年になって由進に依頼して実現した。あるいは自身の目に適った駒師の出現を、四半世紀もの間、ずっと待っていたのかも知れない。

    本来は、桂山が得意にした、それ故世間からも評価の高かった彫駒の書体であったが、途中幻の1作を経て,その出来具合と「恒圓書」に込められた桂山の意思を確かめ、由進は盛上げ駒として完成させたのである。

    大胆な、華麗ともいうべき迫力、桂山ここに有りというかたくななまでの意思が発揮されている。

    派手な木地ではなく、敢えて柾目で仕上げた由進の意図は、おそらく「恒圓」書体への敬愛精神なのだろう。

    由進は、7月中旬に再び上京するが、その前に仕上げておきたかった作業は、新進棋士I4段用の巻菱湖の盛上げを残してほぼ達成された。やるときにはやってのける由進である。お疲れ様と言いたい。

    由進が登場したいくつかのTV放送以来、ここ3か月、由進自身が公私に渡って忙しい時間を過ごしていたことは、風の便りと断片的なブログ記事、おいおい明らかになるだろうが笑い話と言えるようなよそからの不条理な干渉などで、私は察していたが、そこに家族の病による片道2時間の松山への病院通いや遠来のお客来訪も重なって、それこそ駒作りの心を準備するのも、なかなかままならず、文字通り大変だったのである。一人コツコツと駒作りを楽しむ余裕などあり得ない状況下で、由進は、とにかくまた、ここまで辿り着いたのだ。

    7月に上京する頃には、もっと駒や字母に関わるいろいろなことが明らかになるかも知れない。それが私には、さらに刺激を高める材料となるだろう。

    そう言えば、私が出会った群馬M市のIさんは、決意して由進と連絡を取り、どうせ注文依頼するのならと、何と好みの赤征の駒での製作を決断されたそうである。メールで教えていただいた。書体は、これから明らかになる江戸期安清。字母紙が出来上がった段階で最終決断をされるという。どんな駒が1年後に出来上がるか、見守る私も楽しみでならない。
    スポンサーサイト

    category: 将棋駒

    thread: 極私的将棋駒の快楽  -  janre: 学問・文化・芸術

    CM: 0 TB: 0   

    1年振りのわが宇宙 

    DSCN0344.jpg   DSCN0348.jpg

    ああ、およそ1年ぶりの我が宇宙よ。

    昨年夏、山を下りて田んぼから、我が日の本のクリオネ「豊年エビ」を住民に加えて以来のご無沙汰ではあったが、ちゃんと定期的に餌を天空から降らし、水を補給していることもあって、ヒーターを入れぬ常温のまま、我が宇宙は無事順調に3年目の夏を迎えようとしている。

    変化があったとすれば、メインの水槽からこの4月末にヒメダカたちを別場所に移したのだった。

    それが宇宙の一部住民のためには正解となった。

    まずタニシが元気な出会いを得て、2匹で絡み合っていた現場を確認し、ミナミヌマエビのメスが卵を腹に抱えていることも確かめた。 DSCN1311.jpg

    やがて知らぬ間に、卵胎生のタニシはガラス面にごく小さな数mmほどの子供たちを産み付け、それがだんだんと成長してきた。最初に産み付けられたたタニシは、もう拡大鏡で覗くと触覚のような髭もあって充分にタニシである。

    そして今日、やはり1mmほどのひものような形をしていたものが、さらに育って、エビとなって姿を現した。まだ2mmほどの大きさだが、ピクピクッと水中で跳ねている。

    昨年も親エビは卵を抱えていたから、孵化した瞬間に、ヒメダカの餌となってしまっていたのだろう。それでなくても、黒メダカと比較するとヒメダカはIQが低く、自分の産み落として孵った子メダカでさえも餌にしてしまうような鈍感さがある。日本産の黒メダカはそんなことはない。

    昨年導入したマツモが我が宇宙の住民たちとは相性が良く、だんだん大きくなってきたウィローモスも小生物には安楽場所を作ってくれているのだろう。

    とにかくエビの子供は、見ていて心がホッとするような、そんな存在である。

    エビの卵がいつ受精するのかはまだ定かではないが(腹に抱えている卵はもう受精しているのだろうか?)、タニシがヌメッとした体を絡み付かせて頑張っている姿を目撃したときは、うーん、ちょっとばかりHな雰囲気だった。そう思う・・・。

    ともあれ、この夏は、誕生した子供たちの成長を見守り、ついでにあと2週間ほどしたら、田んぼに行って豊年エビを探してみよう。ミジンコも掬ってこようかな・・・。

    DSCN0529.jpg DSCN0574.jpg

    category: メダカ・ミジンコ・ミナミヌマエビ・マツモの宇宙

    thread: 異化する風景  -  janre: 学問・文化・芸術

    CM: 2 TB: 0   

    ゴールドシップ再び~宝塚記念 阪神2200m 

    20130623宝塚記念①(写真提供:石山勝敏)


    2分13秒2.上がり4F(800m)50秒4。3F 38秒。

    時計だけ見れば、エッ、条件戦?という印象だが、いや競馬の中身は十分に楽しめる内容だった。

    スタート直後から、酒井学シルポートが大逃げを図り、内田博幸ゴールドシップは出ムチをくれて何とか好位4番手にとりついて、岩田康誠ジェンティルドンナも、蛯名正義フェノーメノも、武豊トーセンラーも、ほぼ好位の一団となってレースは流れた。

    ゴールドシップは、最終追い切りの走りが、春天皇賞とは明らかに違っていたし、その変化を見せつけるようにパドックから返し馬でも、あの嫌な感じのモッサリとした重々しさが抜けて、すっきりとした馬体を誇示していた。

    これならおそらく勝てると、私は信じた。ドバイ帰りのジェンティルドンナと、フェノーメノとトーセンラーの天皇賞の激走に、今日は最高潮の体調ではないのではないかと、少しばかり心にわだかまるものを感じたので、この結論に誤りがあるとは、少しも思わなかった。

    勝負どころの3コーナー過ぎから、内田博幸は何発のムチを振るってゴールドシップを励まし続けたろう?しなるムチからはパチッパチッと音が響いてくるようだった。でも、そのムチの痛い励ましに、ゴールドシップは応え続けたのである。

    4コーナーを廻って、グイッと強気に他馬から抜け出し始めたとき、もう今日の勝利は決まっていた。

    それは、強いゴールドシップの姿だった。

    ゴールインした瞬間、内田博幸は、「ヨシッ!」とばかりに、右手を握り締めて、その拳を軽く振ったが、それは会心の騎乗ができた自分自身と、春天皇賞の悪夢から甦るように快走したゴールドシップを称えるものだったに違いなかった。
    20130623 宝塚記念②


    勝利騎手インタビューで、内田博幸は、きちっと言い切った。

    「天皇賞では、ファンの皆様にご迷惑をおかけしました・・。でも馬は生き物なんです。次の瞬間何があるか判らない生き物なんです。レース当日、馬が走る気になってくれなければ、騎手がいくら手綱を押しても動いてはくれません・・。でも今日は、最終追い切りに乗った感触から、多少前につけて行っても大丈夫と思っていました・・」

    この言葉に、宝塚記念で何とかリベンジを果たそうとした内田博幸の本音が込められていた。ゴールドシップの名誉のためにもである。

    勝者がほぼ決まった後の、2~4着馬の直線の攻防を、私はゆっくりと同時に興味深く楽しんだ。

    2着川田将雅ダノンバラード、3着岩田康誠ジェンティルドンナ、4着蛯名正義フェノーメノ。彼らは、その昔の英国のトップジョッキーであるP.エデリーのように、腰を振って馬を追う騎手である。おそらく日本人騎手として、最初にJRA競馬に持ち込んだのは岩田康誠であり、すぐに自ら採り入れたのが川田将雅だ。ここしばらくの間に、何と蛯名正義も少しづつ採り入れようとしているが、外部から見た正直な感想を言えば、どことなくぎこちなくて、のどかに感じてしまう。かつてエルコンドルパサーと共に、世界の頂点レース凱旋門賞に挑んだ頃の蛯名正義の柔らかなフォームでは、もう通じないと本人が考えているのだろうか?私には、決してそうは思えないのだが・・・。

    ともあれ、ゴールドシップは再び復活した。重ったるい馬ではなく、本来の軽やかな姿で甦った。これでまた競馬が面白くなる。

    それにしても種牡馬ステイゴールドはすばらしい。でもそれだけではなく、ゴールドシップは、だんだん母の父であるメジロマックィーンに似てきたような感じもある。それがまた、何とも言えぬ趣を醸し出してくれるのだ。


    20130623 宝塚記念③

    category: 競馬

    thread: 演劇的競馬論  -  janre: 学問・文化・芸術

    CM: 0 TB: 0   

    由進の駒音 

    DSCN0807.jpg

    何となくバタバタとした1週間が過ぎて行った。それも由進の駒が主役の1週間が。

    こんなことはそうあることもない。私にとって密やかな最大の関心事は、昨日カメラマン石山勝敏と共に出向いた某編集者たちとの打ち合わせだったのだが、(それがどんな結論になるにせよ、かつて最強コンビと呼ばれたチームの復活がもしあるとすれば一部ではそれなりの反響を呼ぶだろう)その前に、まずは由進の駒のことで対応しなければならないことが生じていた。

    お二人の「駒師由進」本購入者から、メールで「ぜひ由進の駒の実物を見せて欲しい」と依頼されたのだ。一瞬どうしようかと迷ったが、読者であり同好の士の頼みごとなら受けないわけにはいかないと考えた。と言っても、私が今手にする4組の駒で希望に適うかどうかは定かではなかったが、参考までにということなら、お役には立てるだろうと踏ん切りをつけた。

    一人は、群馬M市在のIさんだった。NHK「おはよう日本」の画面で出会った由進の駒に妙に魅かれてから、ネットで検索して本を購入。それだけに止まらず、私にメールをくださった。3年前に公務員を無事定年退職され、ご自身の言葉によれば「今はサンデー毎日」の悠々自適の生活だという。お座敷がかからねば二束三文のその日暮らしの原稿書きからすれば、羨ましい限りだ。でも38年間の人生の時間を組織の中で無事に過ごせる自信も、どうも私にはないのだが・・。

    Iさんは、自宅から何度も私の住む秩父辺りに来たことがあり、私よりはずっと周辺に詳しいようだった。だから私の時間に合わせて秩父に来られるという。北関東、関越自動車道、寄居バイパスを使えば、1時間半でおつりがくる。で、私とIさんは、秩父某所で、ささやかな密談をとり行うこととなった。

    Iさんはすでに所有する40年前に自ら天童に行って買った香月作薩摩黄楊錦旗盛上げ駒や、その後に手に入れた富月作島黄楊根柾菱湖盛上げ駒、同じく富月作赤征水無瀬彫埋め駒、江陽作島黄楊柾目巻菱湖などを、参考になればとわざわざ持参してくれたし、碁盤師吉田寅義の著書を手元に2冊あるとしてプレゼントしてもくれたし、「名駒大観」は必要ならお貸ししますと言ってもくれた。ついでに群馬の辛口の地酒「赤城山」をもお土産として下さった。全ての駒は、奥山正直作の平箱に収められていた。

    恥ずかしながら私はといえば、由進の古流水無瀬、巻菱湖、宗歩好の3作を持参しただけだったが、それ故、その後2時間以上、Iさんの意見にも耳を傾けながら、丁寧に私の考えつく駒の魅力を語り続けたのだった。喋り過ぎて、アイスコーヒーをお変わりするほどだったが、最後に店からアイスクリームデザートが差し入れされて、予期せぬこれには喋り疲れた体が癒された。

    私たちはそのまま別れたが、翌日、
    「実物を見て、由進の駒の確かな腕と魅力を改めて知りました。まだ、由進師がわずか5年のキャリアだとは信じられません。折を見て、直接に由進師に連絡をしてみます」
    というメールが届いて、私はまた一人確かな由進ファン仲間が誕生したことを喜んだのだった。



    それから3日後の昨日、午後に打ち合わせがあった私は、朝8時に家を出て、まずは新宿に向かった。

    御苑前にある青山碁盤店。古くからある老舗の碁盤店だ。開店早々の10時半に、私は店主青山恵昭を訪ねた。彼もまた、とある機会から、「駒師由進」本を2冊購入してくれてもいた。駒師由進に関心を抱いてはいたが、まだ由進の駒を実際に手に取ってみたことはなく、この日たまたま打ち合わせに東京に出向いた私が、実物を手に取って見てもらう役目を務めることになったのである。これも偶然が生み出した出会いだった。

    やはり古流水無瀬と巻菱湖を広げながら、私たちは、3時間もいろいろなしかも真剣な駒談義に没頭したのだった。店主として、青山恵昭は言った。

    「お客様にはいろんな方がおられますが、うちには昔から結構辛口な方が来られます。コピー作品は要らない、私がこの目で認める本物の作品が欲しいとか言われて。そんなお客様には、思眞作の駒が人気です。思眞さんは、たまに気が向くと作品を持ってフラーっと店に現れるんですけどね。最近も長禄書をHPに載せていたんですけど、載せるとすぐに駆けつけて購入されるお客様がおられるんです」

    「先代が店主だった頃から、ずっと竹風さんにはお世話になっていますが、初代竹風さんは苦労なさった方で、戦争で中国に行って脚に銃弾を浴びてもいるんですよ。店に来られた時なんかに、私の父と戦争の話で盛り上がっていましたもの。それを隣で良く聞いてました」

    「以前に静山さんの何の変哲もない板目交じりの駒を置いてましたけど、この駒はじっと見つめていると、何故か心が安らいでくるような感じがありました。本当に不思議だったんですけどね。そんな印象が、由進さんの駒にもあるんです。じっと眺めているとホッとするようです。私は、この古流水無瀬に魅かれます」

    「2代竹風さんの巻菱湖と由進さんの巻菱湖。より菱湖書体の千字文の原点に近いのが竹風駒なんでしょうが、こうして並べてみると、龍山形の由進作巻菱湖にも感じるものがあります。それが本物の匂いなんでしょうかねえ・・」2代竹風 巻菱湖 杢    y ryouko



    私は、この3時間の間に、店主青山恵昭から、隠れファンでもある初代竹風の、杢木地盛上げの初代独特の昇竜書体雛駒や黒檀に彫られた奥野錦旗の元となった昇竜書体彫駒をも手に取って見せてもらった。

    もう一つ、もし私と同じ初代竹風ファンがおられたら朗報がある。今青山碁盤店のHPを見ると、板目交じりの昇竜書彫駒が載っている。価格は2万9千円だ。木地は、板目交じりではあるが、ほとんどの駒が模様が面白い木口杢だ。使って磨けば、すぐに輝きを見せるだろう。この駒は、20年以上も前に納品された初代竹風の作品である。2度と手には入らない新品が、この値段で売られている。HPの写真より、実物の方がいいのは昨日この目で確認済みだ。興味ある方は、今すぐにチェックしてくださいませ。私には、隠れた掘り出し物と思えてならない。だから一組は、来月に上京する予定の由進と一緒に青山碁盤店を訪ねるまで、取っておいてくださいと予約をお願いしたのだった。だから残りは本当に僅かである。初代竹風 昇竜書彫駒


    この1週間、人との出会いの不思議さを改めて教えられたような気がする。Iさん然り、青山恵昭店主然りである。こんな出会いをきっかけにして、人は人との間を生きるのだろう。つまらない奴とつまらない時間を費やして接するのは無意味の極みだが、こんな出会いなら刺激が生まれるというものだ。

    今私は、意味や理由のない出会いはないのだと、そう思っている。それにしても由進の駒のことを改めて考えさせられた1週間だった・・・。


    category: 将棋駒

    thread: 極私的将棋駒の快楽  -  janre: 学問・文化・芸術

    CM: 0 TB: 0   

    由進・出世駒「淇洲」入手~横浜のHさんから 

    2013 6月 由進・淇洲   22013 6月 由進・淇洲

    今日は、朝から東京で打ち合わせ。先ほど帰宅したら、横浜のHさんから、先週末に入手したばかりの由進作「淇洲」島黄楊柾目盛上げ駒の写真が届いていた。ありがとうございます。

    このHさん、長男が4月から晴れて志望校に合格して高校に通い出し、心密かに将棋部にでも入ってくれたらなあと希望していたところ、一念通じたか将棋部に入部して、今は毎日対局をこなしているという。

    私が心配するのは、このまま若さゆえの柔軟な吸収力で、いっきに強くなり過ぎたら、お父さんの権威が保たれないのではないかと言うことなのだが、うん、たぶんそうなってしまうだろう。3年後には早慶を志望する予定の息子なら、まず間違いなく棋力は日々高まって行くに違いないからだ。

    それでは父の沽券に関わると、このHさんは、実は去年の段階から手を打っていたのだ。

    それは、出世駒とされる「淇洲」の盛上げ駒を、由進に注文依頼していたことだった。由進作盛上げ駒、源兵衛清安に続き2作目の注文だった。

    その駒が、父の日を目前にした先週末に完成して届いたのだ。島黄楊柾目の、きちんと筋の立った良い風合いの木地で、育てて行ったら楽しみの多い素質ある駒となって完成した。

    父の日に、父から息子へプレゼント(そうは言っても本当に息子の手に渡るのはまだ先だろうが)が用意されたのは、駒ファンならではの父性愛を感じてしまう記念すべき出来事だ。

    こんな駒を、家で身近に置いて将棋研究熱を高めたら、Hさんが長男から棋力の置き去りにされるのは早まるに違いないのだが、それもあるいは父としての喜びなのかも知れない。たぶんそうである。父と子の間に横たわる男同士の関係というのは、いつのときも緊張感が伴う複雑不可思議なものなのだ。

    それにしても、Hさんは良い駒を手にしたものである。この駒を使って、夏休みの間にでも、親子互いに威信を賭けた名人戦を家庭内で開催したら、どちらが勝者になるとしても(私は長男サイドに100$ベットしたいのだが)人生の記念すべきモニュメントになる筈だ。それもこれも由進84作の価値が生み出す賜物である。

    おまけにHさんは、こんな写真も送ってくれた。

    2013 6月 由進・淇洲4左に写るはのは、「駒師由進」本である。これを見たら、(負けるのを覚悟してでも)私はHさんへ100$ベットするのが、為すべき人の道なのかも知れない・・・。思わずそう思ってしまった・・・。

    category: 将棋駒

    thread: 極私的将棋駒の快楽  -  janre: 学問・文化・芸術

    CM: 0 TB: 0