Admin New entry Up load All archives

    Tsuruki Jun<鶴木遵>の原風景 《絶対零度》

    鶴木遵の本、新しい挑戦、趣味である競馬、将棋の駒、男の手料理、めだかやミジンコ飼育、犬猫のよもやま話、など四季折々に感じたことを発信していきます。

    JC観戦記についての指摘 

    syou6-cyuu1+08-09+013_convert_20111024181600.jpg

    あれは確かシンボリルドルフやオグリキャップの頃だったろうか?カメゾーこと油来亀造と知り合ったのは。

    いつも一緒にいたわけではないが、年に数回電話で話したり、競馬場で会えば(最近はG1戦以外は行っていない)挨拶したりする腐れ縁が続いている。茨城出身で独特なトーンの口調は、今も変わってはいないが、その昔慶応在学中の長髪の頃には、学園祭でギターを抱えて聴衆の前で歌を披露する男だった。ナルシシズム的傾向はあるが、以前からその文章力は評価している。そう言えば、タイに目覚めたときは、きちんとタイ語を習得し、タイチェンマイの日本人街では、彼の地の縁台将棋で敵なしだったなんていう話も聞いたことがある。噂では、チェンマイ一番の強さだったらしい。

    その彼が、私のJC記事を例に挙げて、亀造ブログ「競馬抄録玉」の中で語っていた。(※どうやら今は消されているようだが)

    内容はそのブログを見ていただくとして、私の立ち位置だけは、はっきりさせておく必要があるのではないかと考えた。

    岩田ジェンティルドンナが狭いところに突っ込んだのは事実である。
    池添オルフェーブルがだからこそインに締め付けて行ったのも事実である。

    そしてその攻防がゴールまで続き、観る者を酔わせた。

    私は、そこに私自身が求めて止まぬ競馬の劇(ドラマ)を感じた。

    それ以上でも以下でもない。

    私は、競馬評論家でもないし、競馬ジャーナリストでもない。ターフライターなどと名乗ったこともない。
    単に競馬を描くしがない物書きでしかない。

    だからこそその自由さにおいて、体験したドラマを、今この瞬間のドラマを、自分なりに書きとめておきたいと願うばかりなのだ。

    あの瞬間の出来事を、もし私が改めて文章にするならば、一瞬外に弾かれた池添謙一が、まるで逆襲するようにインに締め付けようとして、それでも岩田ジェンティルドンナに敗れ去った無力感だろう。それだけあの日のジェンティルドンナは偉大だった。

    こうして書いていると、かつて聞いた勝負師たちの印象的な言葉を思い出す。

    騎手田原成貴は言った。「馬はね、斜めに走らせた方が伸びるんですよ」
    調教師境勝太郎は言った。「不利を受けた?バカヤロー!不利を受けるような処にいる方が悪い!!」

    競馬は、否あらゆる勝負事は、基本的に格闘技である。勝つことによって、他者の幸福を奪い取る真剣勝負なのだ。ルールの範疇における勝負への巧妙な狡さも、その意味では技術であるとさえ思っている。

    そして裁定は、ルールに則って下され、輝かしき勝者は、岩田康誠ジェンティルドンナとなったのである。

    私は、岩田康誠の間隙突破も、池添謙一のインへの締め付けも、自らの勝利を求めた確信犯だと思っている。トールポピーの頃とは違い、今の池添謙一が真っ直ぐに馬を誘導できない騎手とは、思っていない。

    これからも私は、こんな観点から自分なりの競馬を語っていくつもりである。
    スポンサーサイト

    category: 競馬

    thread: 演劇的競馬論  -  janre: 学問・文化・芸術

    CM: 0 TB: 0   

    再会予定~駒師由進 

    201211 中将棋安清   201211 篁輝   20120927由進 水兼誠 新作


    12月3日。半年振りに上京する駒師由進と再会する。

    この予定は、2週間ほど前に急に決まった。これからの由進にとって意義ある旅となるはずである。

    ちょうどその前後から体調不良に見舞われ、何もできずに、単なる粗大ごみで過ごさざるを得なかった私だが、幸いにして、今日あたりからは、まだまぶたが熱っていて、体の芯の力が戻りきってはいないものの、何とか動き出せる状態が戻りつつある。

    脊髄を傷めてから、年に2度ほどはこうした状態に見舞われてはいるが、いつも回復には1ヶ月ほどかかるので、今回はまだ早いほうだと得心している。ただ予定していた事柄が、何一つ進行していないので心がめげるばかりだ。

    3日後に由進と会う前に、改めて駒師由進の最近の仕事を確認してみた。

    すると、ふと気づいたことがある。

    夏の水兼成から、篁輝、そして昨日出来上がったばかりの中将棋安清字母を見ていくと、ある種の事実が浮かび上がってくる。

    それは、一つ一つの駒字に、意識的にか無意識なのか、見る者の視線の重心バランスが明確に配慮されるようになっていることだ。

    均一な秀作では、実は見る者の視線は、一瞬見る手懸りを失ってしまうことがある。

    どこかに視線をリードする比重が置かれた場所があると、視線は自然とそれを手懸りにして作品世界に誘導されていく。実はこれは、アートの基本原則でもある。

    遂に駒師由進は、偶然にも(或いは駒作家人生において必然の出会いだったかも知れない)そんな地平に辿り着いたのだ。

    最強の武装が作品に保持されたと言っても良いだろう。

    何かがグルグルと巡っていた2012年の駒師由進にとって、その技法の習得こそが、得体の知れぬグルグルの正体であったのである。今、そう信じている。水兼成、篁輝、中将棋安清といった温故知新の作業に、そんな宝物が満ち溢れていたことは、興味深い事実である。

    3日後、私は、このことを伝えるはずだ。そのとき由進がどんな顔をするか、今から楽しみにしておこう・・・。

    category: 将棋駒

    thread: 極私的将棋駒の快楽  -  janre: 学問・文化・芸術

    CM: 0 TB: 0   

    2012JC~弾けた3冠牝馬と弾かれた3冠古馬 

    埴輪馬

    JCの日の昼下がり。

    長くノーザンファームに所属する古い友人と、久々に話をする機会を得た。この日、20人以上のチームで北海道から出張して来たのだという。

    当然、JCの話になった。

    彼は、牧場に流れた話を教えてくれた。聞けば、世界のオルフェーブルは当初JCには出走させないで欲しいという希望があったという。牧場としては、今回は若き3冠牝馬ジェンティルドンナに大きな期待が持たれているという。トーセンジョーダンは、裂蹄の回復が海外から装蹄師を呼んで特別な方策が施されたけれど、まだ昨年の絶好調の域には戻りきっていないという。

    でもこんな話を聞いた私は、経済原則から考えると、すでに頂点に立ってしまった3冠牝馬であるジェンティルドンナがもたらす収穫よりも、サンデーサイレンス牝馬に配合できる新しい種牡馬候補生が誕生するほうが、グループ全体としては、得られるものが大きいんじゃないのか?ダービー・天皇賞・JCは種牡馬を選択する日本最高のレースだろうし。そう考えると、候補生の候補は絞られるし、オルフェーブルがいる以上、ステイゴールドの産駒は、さしあたり必要もないだろうし・・・。などと、知ったかぶりで答えてしまっていた。

    だんだん勝負の時が迫ってくる。

    地下に降りてパドックに行ったときには、もう人でいっぱいで、精鋭たちの姿は見えないほどだった。
    地下通路からパドックに入る馬たちの姿を、何とかこの眼にとどめて、諦めた私はすぐに8階の部屋に戻った。

    ジェンティルドンナが少しピリピリしているように感じた。
    オルフェーブルは、この馬としては落ち着きすぎているように思えた。
    天皇賞馬エイシンフラッシュは、激走からの2戦目というファクターが、やけに心に引っ掛かったが、敢えてそれを考えないようにした。
    ルーラーシップも、ダークシャドーもいい状態と判断したが、フェノーメノは今日は軽視しようと決めた。
    春の天皇賞馬ビートブラックがどんな逃亡をするか、それがこのレースの格調を決めると注目もした。

    ゲートの後ろでレース前の輪乗りが始まろうとするとき、C.ウィリアムズが敢えてルーラーシップと共に軽く4コーナー方面に向かってギャロップで最後のウォーミングアップをした。それは、この日に賭けるウィリアムズの真情だったろう。

    前半5F(1000m)60秒2の逃亡でJCの幕は開いた。
    勿論、逃げたのは、石橋脩ビートブラックだった。スローに近い平均ペースなのに、どの人馬も絡んで行こうとはしない。

    第3コーナーを廻って、石橋脩ビートブラックは他馬との差を開き始めた。

    ここで本当の勝負が始まったのだ。

    第4コーナーを廻ってホームストレッチ。残り200mほどの地点。

    池添謙一オルフェーブルが先頭に並びかけ、正攻法に安全な確かな足取りで抜け出そうとした。

    とそのとき、直後のインにいた岩田康誠ジェンティルドンナが、インを狙わず敢えて、オルフェーブルとビートブラックの狭い間隙に突っ込んだ。岩田康誠は確信犯だったろう。馬の闘志を最大限に引き出すためには、ぶち当たっても怯まぬ根性と状態の良さを、他馬にぶつけていった方が効果的なのだ。勝負の鉄則だろう。

    ここからは、2頭の3冠馬の歴史的な勝負のドラマが繰り広げられた。

    ゴールまでジェンティルドンナは3度オルフェーブルに体当たりを食らわせた。
    当たられたオルフェーブルは、それでもじわじわとインに締め付けようとした。
    それは、騎手岩田康誠と池添謙一の意地とプライドに満ちた代理戦争だった。

    そのまま並んでゴールイン。

    ハナ差の微差で、3歳牝馬ジェンティルドンナが、パリ帰りの世界のオルフェーブルを斥けていた。

    2頭の3冠牡馬牝馬の歴史的な闘いに、場内の興奮は静まらなかった。観る者全ての頬が、高潮感に朱に染まっていた。それは、これから先ずっと語るべき名勝負を体験した興奮であった・・・。

    今、競馬が久々にドラマを取り戻しつつある。菊花賞や天皇賞での騎手の技、秋華賞やマイルCSや今日のJCで示された格闘技とも言うべきギリギリの勝負への気迫。多くのファンが待ち望んでいた勝負のエキスが、ようやくターフに取り戻され始めたと言えるのではないか。これをまた失くしたら、もう競馬に未来はない。

    私の体からは、まだ本当には風邪の状態が回復していなかった。この日の興奮が、一瞬私を元気にさせたが、夜遅く家にたどり着いて現実に戻ったときから、またぶり返して、2日経った今日も、まだ薬を飲み続けている。夕方には医者に行かねばならない。

    でもひょっとしたら、この脱力感と熱っぽさは、JCの歴史的名勝負の余韻かも知れません・・・。




    category: 競馬

    thread: 演劇的競馬論  -  janre: 学問・文化・芸術

    CM: 0 TB: 0   

    本の打ち合わせに 

    DSCN0743.jpg   DSCN0745.jpg

    ここ5日ばかり、明らかに風邪気味で、体の節々が痛く、頭もボケッとして体に力が入らず、だらけた薬漬けの生活をしていました。まだ今朝もダウン気味です。

    先週半ばまでに終える予定の打ち合わせが、まるで進まず、苛々感は募るばかりで、これでは心が参ってしまう状態でしたので、覚悟して昨日東京に向かいました。とにかく話だけでもしようと。

    昼過ぎのレッドアローに乗り、3時過ぎのレッドアローで帰るようなありさまで、打ち合わせの最中も集中できなかったんですが、それでもフラフラになりながら刺激を得てきました。

    私が寝付いている間に、電話では、皆さんからの反響や手応えを伝えてあったんです。その上に立って、新しい提案がされました。

    何と写真のように、カバーを作ってみませんかと。どうせレトロな雰囲気の特殊仕様の本なら、ここまで徹底する方がいいでしょうと。

    経験を積み上げれば、アイデアは簡単に生まれますが、アイデアにはコストがかかります。これが厄介なんです。

    私と編集者の間では、何とか定価1500円で抑えたいという話をつけていましたが、それでも現段階では、コスト割れ状態なのに、写真のようなカバーをつければ、1冊2500円の豪華保存版になってしまいます。

    こんな時代のゲリラ戦だから、単価を抑えるように工夫すべきだ!
    こんな時代だからこそ、特化させた形で、今どこにもないものを作った方がいい!

    まるでどこかの駒師が、さてどんな駒を作るかというときに遭遇するような会話が続きました。

    でも体調の悪い私には、昨日の時点で、やはりこれで行くんだ!!という決断ができませんでした。

    そんな訳で、2刷り実行にはもう少し時間がかかります。ご理解下さいます様、お願い申し上げます。

    もし皆さんのお知恵をお借りできるなら、ぜひ風邪が吹き飛んでいくようなコメントをお寄せ下さいませ。

    category:

    thread: 異化する風景  -  janre: 学問・文化・芸術

    CM: 2 TB: 0   

    懐かしい光景~武豊 マイルCS・京都競馬場 

    埴輪馬

    以前には余りにも日常的だった光景が、いつの間にか、積年の金属疲労や肉体の劣化によって、記憶から忘れ去られた遠い光景になってしまうことがある。

    G1戦における常勝騎手武豊の勝利も、あれよあれよと思っている間に、そんな遠い光景のひとつになってしまっていた。

    まる2年、JRAのG1勝利から遠ざかっていたからだ。2年前のローズキングダムとのJC勝利も、確かブエナビスタの降着による繰り上がりのものだった。

    かつて私は、日本の競馬を背負って頂点に君臨した武豊に、原稿でこんなことを書いたことがある。
    「勝つことでトップに躍り出たあなたは、勝てなくなったらただの人です・・・」

    この2年間、まさに武豊の現実はただの人だったと言える。最盛期を同時代に生きた者の記憶として知る私には、それは不可思議な超常現象とさえ思えるほどだった。

    その武豊が、久しぶりに復活した。しかも若返ったように荒々しく。

    騎乗したサダムパテックは、昨年の皐月賞で1番人気に支持されて2着だった馬である。3冠馬オルフェーブル以上にこの時点では評価された素質馬だった。岩田康誠やウィリアムズの騎乗でG2にはたどり着いていたが、G1への道は、適性がマイル辺りの中距離であったこともあり、他馬の壁も厚く大きく、なかなか険しかった。

    この秋、天皇賞から武豊が、前任の騎手からお下がりを受けるような形で騎乗したが、それが人馬ともども復活のドラマとなることを、私を含めてまだ誰も予想だにしてはいなかった。

    騎乗2戦目が、このマイルCSとなった。おそらく武豊に「負けられない1戦!」とか「勝たねば・・」という意識はなかったろう。秋天皇賞で把握した「バテない差し馬で、しかしいざ行き始めてから緩急をつけると一瞬他馬に置かれてしまう癖がある」という馬の個性を活かした騎乗をやり抜く意思だけを、ただただ固めていただけだったろう。

    スタートして1枠1番の枠順を利しての中団イン待機。レースは前半5F35秒の平均ペースで流れた。

    第3コーナーを廻って京都独特の坂の下り。ここから武豊は、緩めることなくサダムパテックのギアを上げた。

    加速度が増して第4コーナー。ホームストレッチがフラットであるだけに、ここでいっきに馬群を捌いて進路を確保しなければならない。ギアはさらに高められた。

    コーナーを廻り切ったとき、わずかな隙間が武豊の視界に入った。迷わずそこに突っ込んでいった。

    そのときすぐ左隣にいた人馬が、同じようにその間隙を狙っていたが、武豊の気迫に負けたか、一瞬の加速に負けたか、自らの進路を確保できずに左へと弾かれた。それは数頭の馬たちにドミノ倒しのように伝播した。この瞬間こそ、実は競馬が格闘技であることを知る勝負の瞬間なのだ。そしてそれは、いつも脚を残している側が、ひるんだ相手を弾き飛ばす結末になる。エクスキューズのない厳粛な勝負の掟である。

    不利を受けた馬たちの中に、この日最強だったはずの内田博幸グランプリボスがいたことは、ゴールでのクビ差という着差からしても、勝者に幸いしたといえよう。

    勝負の濃厚な味わいを残して、武豊は2年振りにG1勝者に返り咲いた。

    こんな勝負を、コアなファンはいつも待ち望んでいるのだと、アピールするかのように。


    あと2歳牡馬のチャンピオン決定戦朝日杯を制すると、武豊は、JRAのG1完全制覇の偉業を達成する。

    category: 競馬

    thread: 演劇的競馬論  -  janre: 学問・文化・芸術

    CM: 0 TB: 0