Admin New entry Up load All archives

    Tsuruki Jun<鶴木遵>の原風景 《絶対零度》

    鶴木遵の本、新しい挑戦、趣味である競馬、将棋の駒、男の手料理、めだかやミジンコ飼育、犬猫のよもやま話、など四季折々に感じたことを発信していきます。

    2つの案内状(桂文生独演会と故大内九段を偲ぶ会) 

    もうずっと太陽の姿を見ていないような気がする。

    照りつける陽光、透き通るような青い空にムクムクと聳え立つような白い入道雲。8月の夏の記憶は、私にはそれが全てであるのに、止まぬ雨故に湿気混じりの日々が続いている。

    湿気は私の体調維持には大敵なのだが、どうしようもない。自然の力には為す術などないのだと、諦めの日々で、ただただじっと時の過ぎるのを待っておとなしくしている。「ひよっこ」と「やすらぎの里」と、「竜星戦」「銀河戦」に週末のGCの「競馬中継」をひたすら友にするような生活態度は、世間様からから見れば、実に非生産的な愚かしい姿に見えるのだろうが、身体がだるく、それでなくても冴えない頭も働かないような現状では、気だけ焦っても如何ともしがたいのだ。

    そんな折、2つの案内状が届いた。

    DSCN2601.jpg ひとつは、第1回桂文生独演会。8月26日午後6時開演の池袋演芸場。

    78歳の文生が「一人酒盛り」と「転宅」のふたつの噺を演じ、助演は、弟子の桂扇生が「千両みかん」、桂文雀が「尼寺の怪」
    をかける。
    これはもはや、桂文生の遺言の様な高座になると思い、行くことに決めた。(いえ、勿論半分本気で半分はジョークですから)

    興味のある方がいらっしゃれば、ぜひ池袋演芸場でお会いしたいものである。(ちなみに当日券は2500円です)

    そう言えば、今は亡き大内九段が、桂文生の噺を国立演芸場で楽しんで、
    「いやぁ、さすがでしたよ。文生師匠の噺は本物です」と、嬉しそうに眼を細めて言っていたのを想い出した。


    もうひとつの案内状は、
    DSCN2600.jpg その「大内九段を偲ぶ会」の案内だった。

    9月6日一ツ橋「如水会館」。
    優しく、厳しく、人情には厚くも一言居士だった故大内九段の人となりに、ここ6年以上もの間身近に触れることになった私には、駆けつけても行かねばならぬ会だろう。明日にでも、出席のハガキを投函しようと思っている。

    4五歩と指せば名人となっていた。1975年第34期名人戦第7局。しかし大内9段は読み切っていたのに、魔性の何かに取りつかれるように5手先に差すべき7一角と指してしまっていたのだ。名人位に限りなく近づき、ほぼ手中に収めた瞬間に、全てを失った大内九段。そのときの話を、大内九段自身の口から聞くことができたのも、今となっては私自身の大きな財産である・・・。


    私自身が今こうしている間にも、世の中は少しずつでも動き続けている。多くの人々を乗せて走る列車のようだ。病ある身故に、ある時から私はそんな列車に乗り遅れてしまった。しかしそれでも、ハァハァと喘ぐ吐息で、何とか追いつくようにと最後方で踏ん張ってはいる。だから、この夏の終わりのふたつの会には、ぜがひでも出席したいのだ。





    スポンサーサイト

    category: 日々流動

    CM: 0 TB: 0   

    怒涛流・大内九段逝く 

    DSCN2442 (2)<怒涛流彫り駒>

    成田屋市川海老蔵夫人小林麻央が闘病の果てに逝ったと同じ6月23日、将棋界でも、もう一つの貴重な命が失われていた。
    昭和の風情を身をもって現していた大内延介九段が逝ってしまったのである。

    5月の連休のとき神楽坂でお会いしたのが、私には最後の機会となってしまった。ここしばらくの間に体調を崩されていたのが私にもはっきりと判り、同行者と共に少しばかり驚きを覚えてならなかった。いつもの気風の良い江戸っ子気質が消えて、大内九段らしさが伝わってこなかったのだ。

    私が、縁あって大内九段と身近に出会ったのは、確か6年ほど前だった。その関係が続いていたのは、物事の是非をはっきりと口にする大内九段に魅力が溢れていたし、棋士として積み重ねた人生経験に根付くその人物評も、的を得て正確で、同じような性格である私とも気脈が通じて止まなかったからである。だから会えば、いつも楽しく話も弾んだし、教えを受けもした。

    まだ訃報を知って間もないので、ただただ合掌するのみという心境である。21世紀の鬼才棋士として日々成長を遂げている藤井聡太四段がデビュー以来の負け知らずの29連勝記録を達成した今日、大内九段の7月17日のお別れ会の予定が連盟から発表された。75歳だった。

    ひとつだけ胸を張って言えるのは、先月お会いしたとき、ある若手駒師が製作した大内怒涛流の2組の新作彫り駒をお渡しできたことだ。
    そもそもは、1年ほど前に大内一門の期待できる若手孫弟子の生涯の研究用の駒として作ってみたらどうですかと提案したことからこのプランは始まったのである。私は、大内九段が師匠土居市太郎から贈られた無銘だったが水無瀬の彫り駒を生涯の研究用の駒として身近に置いて愛用していたことを知っていた。それは明らかに若き影水が自ら作った駒だった。
    だからこそだろう。大内九段も「いや、それは楽しみですねえ・・」と乗り気になってくれた。
    それがようやく完成して、上京した若手駒師が直接に届けたのである。大内九段がおそらく生涯最後に手にした新作駒となった。
    しかしその駒が、2か月も経たないうちに大内九段の遺品となってしまうとは・・・。寂しく哀しい物語になってしまった・・・。

    今はただ、大内九段のご冥福を祈るばかりだ。

                DSCN2444.jpg
                <怒涛流彫り駒>清征作~彫りの蜂須賀直伝の教えをも受け、成長株の駒師である。






    category: 日々流動

    CM: 0 TB: 0   

    写真家浅井秀美 写真展~皆野・ムクゲ自然公園内「森の美術館」 

    ダービーの頃、中野「廣」の会の参加者でもある浅井秀美から案内の封書が届いた。

    秩父・皆野ムクゲ自然公園内の「森の美術館」で写真展を開催中とのことだった。すでに5月20日から始まっていて、6月4日までの予定である。

    私の住む山中から、ムクゲ自然公園までは、車でおよそ20分の距離だが、これまで国道140号から皆野・寄居バイパスを通過することはあっても、ムクゲ自然公園には行ったことがなかった。で、地図を頼りに土曜の6月3日に行ってみたのである。

    ムクゲ自然公園は、140号から皆野・寄居バイパスに入る右隣にあった。が、私には未知なる領域で(山暮らしをしていても、異邦人の私は地元のことをあまり知らないのだ。(他所から来て、地域外に出向く仕事しかしてこなかったのだから、当然と言えば当然である)恥ずかしながらこれまで一度も訪ねたことはなかったのだが、今回初めて自然公園の存在を知った。

                  DSCN2498.jpg

    写真家浅井秀美は、1970年頃から中央競馬会のカメラマンになり、その後「三井フォト」を設立して代表取締役となり、専属カメラマンとしても活動してきた。
    JRAのレースに関わる写真が必要な場合、多くのマスコミが写真提供を相談する窓口が「三井フォト」であり、浅井秀美自身もおよそ半世紀に渡ってゴール前を撮り続けてきてもいた。競馬を記録し続けてきたカメラマンである。

    いやそればかりではない。最近刊行された「東京下町日和」なる浅井秀美の写真集(これはモノクロ300点の時代証言だ)を見ると、彼のほのぼのとした優し気なカメラ視線も明確になる。

                 DSCN2501.jpg   DSCN2502.jpg

    競馬写真は、こんな具合だ。     DSCN2503.jpg

    「森の美術館」は広かった。浅井秀美は、展示準備に3日間を費やしたと苦笑混じりに言ったが、おそらくその通りだと思えた。

                           DSCN2499.jpg   DSCN2500.jpg

    ゆっくりと展示写真を楽しんだが、かなり根気が試される枚数が展示してあったのである。

    見終えてから、浅井秀美と、地元吉田地区(花祭りや農民ロケットで今や著名となった秩父吉田である)在住の絵かき「さもじろう」と歓談したのが、楽しい時間となった。「さもじろう」は、市内影森で生まれて若いころの4年間ほど東京・練馬で過ごし、その後地元に帰って、今は吉田に住んでいるという。アナログ的なほのぼのとした作風が、実物通りの雰囲気を醸し出している絵かきであった。仲間に紹介されて東京で浅井秀美と知り合い、その後長い付き合いを重ねて、今回の写真展も中心となってヘルプしたのだという。持つべきものは、気の合った仲間ということなのだろうか。浅井秀美自身もまた、「さもじろう」の原画を50点ほど蒐集しているとも聞いた。

    こんなほぼ手作業の写真展も、出会ってみればなかなか良いものだと、知らされた土曜日だった。









    category: 日々流動

    CM: 0 TB: 0   

    5月5日こどもの日、大内9段と ~at kagurazaka 

    DSCN2446.jpg

    5月5日こどもの日。
    山を下りると、町なかには朝早くからどこから集うのか観光客が溢れていた。さほど広くはない道々では12月の夜祭り以外にはあり得ないほどの車が渋滞模様になっている。都内近郊から荒川の上流に、美味しい空気や花々に溢れる景色や清流の景観を身近に楽しむには、さほど遠くはないからいつもこの季節は賑わうのだ。でも観光に無関係な生活者とすると、うっとおしい渋滞でもある。

    そんな中、私は観光客らとは敢えて逆方向に、東京神楽坂に向かった。
    昼過ぎに、確かJC以来久し振りに大内9段と会ったのである。

    前夜から少し体調を崩されていて、あまり食欲もない体調だったのに、それでも以前からの約束を守っていただいて、ありがたく好意に甘えてしまった次第だ。
    それでも、いざ話し始めると、いつもの江戸っ子気質の大内9段だったのでひと安心。
    その後約2時間。いろんな話をした。

    私の同行者は私以外に一人。まあ、謎の人物としておこう。その彼に参考資料として預け放しにしておいた初代竹風作の彫り駒が、久し振りに戻って来た。ついでに盛り上げ駒しか作ってはいない作者の「大内怒涛流」の彫り駒の根付と、駒師蜂須賀作(これも以前にご本人から送っていただいたものだ)の「菱湖」雛駒サイズの玉将の根付も戻ってきた。久し振りに手元に戻ってきた蜂須賀作の根付を改めて見直すと、「彫りの蜂須賀」がこだわる字母世界が浮き上がってくる。流れるような線の勢い。ときに細く、時には大胆に太く。筆のタメと撥ねの勢いが、小さな根付であっても伝わってくる。この字母には、木地師杉亨治が所有する傑作の影水「菱湖」を土台にして「彫りの蜂須賀」が彼流に施した手法が込められている。現時点で人気も高い完成した字母ともいえるのだ。完成するまでのプロセスでは、おそらく書に詳しい荒川晃石も参加していたのではないだろうか。
                                   DSCN2445.jpg

    ともあれアイスコーヒーを飲み、タバコを吸いながらの楽しい2時間。
    将棋界にまつわる話題では、大内9段は言った。
    「いや、これからはちゃんとマネージメントできる外部の方のお力を借りなければいけません。外部の方たちと親交がある理事でなければ、そんなお力を借りることもできません」
    御蔵島の黄楊も話題となった。
    「いやその昔に大山先生に御蔵島に行こうと誘われたんですよ。でも行かなかった。で、この歳になっても残念ながらまだ御蔵島には行けてないんです。心残りですねぇ」
    このとき大内9段は、板木地から駒の1個単位に加工されて更なる乾燥と仕上げの加工を待っている駒木地たちの箱を覗いて匂いを嗅いだ。
    「木はね、匂いを嗅ぐと乾燥の度合いも測れるんですよ」
    いや、この仕草は経験がなければできないものだと、感心せざるを得なかった。

    この場を締めたのも大内9段だった。3組の彫り駒の作品を見ながら言った。
    「棋士の棋譜にも、こうした手造りの作品にも、作る人の人間性はきちんと表れるんですよ。棋譜だと、その瞬間に相手のミスを期待していたなら、その何処か卑しい心持ちまでずっと残ってしまうんです。作品というのは怖いもんですよね・・・」
    私たちはそっと頷いていた。

    そう言えばこの私も数年前に、高邁な文化を語りながらも、その実態は?という人種に出会って、心がいっきに冷めたことがある。
    「一途で人が良いだけだと、人物判断を誤りますよ」
    そう諭してくれたのも大内9段だった。
    かつて10年ほど密に取材を重ねた敬愛する伊藤雄二元調教師にも心に残る教えを受けたことがある。これも忘れられない言葉である。
    「何か事が起こった場合、おおかた感情を高ぶらせる側にね、何か後ろめたい部分があるんです。何もなければ普通にしていればいいんですから・・・」

    こんな人生の先輩方の経験に富んだ言葉は重く響いてくる。

    同行者と別れて、帰宅したのは夜8時前だった。その時間にはさすがに観光客の姿はなかったが、近くの国道の渋滞は依然として続いていた。





    category: 日々流動

    CM: 2 TB: 0   

    いやはや、春の雪 

    DSCN2398.jpg
    昨夜、午前0時を過ぎた頃に、GC(グリーンチャンネル)のライブでドバイワールドCデイを見始めた。
    UAEダービーでルメール騎乗のエピカリスが、ゴール直前に差し切られて惜しまれる2着だったのは、録画中継だったが、ドバイターフ(芝1800m)から、ドバイシーマクラシック(芝2410m)、1着賞金600万US$のドバイワールドC(ダート2000m)まで、馬券は買わなかったが楽しんで、アッという間に時間が過ぎていった。

    ドバイターフは、モレイラ騎乗の日本の4歳牝馬ヴィブロス(去年の秋華賞馬だ)が、外から差し切って勝利した。後方に控えて直線でアウトに導き外から差し切ったのだから、モレイラの自在な騎乗は特筆ものだった。

    だが何といっても圧巻だったのは、ドバイワールドCのマイク・スミス騎乗のアロゲート。スタートで出遅れて最後方。そこから終わってみれば圧勝なのだから、馬の強さは圧倒的だった。このレースには日本馬4頭が出走していたが、辛うじて武豊騎乗のアウォーディーが5着となったのが精一杯で、世界の壁の厚さを再認識する結末だった。

    午前2時前に横になって、今度は以前に録画しておいた銀河戦の真田vs青島戦を眺めながらウトウトし始めて、ついにはそのまま寝入ってしまった。

    で、朝目覚めて外を見ると、何と3月後半の春の雪。山は一面の雪景色で、白い化粧をしていた。

    いやはや、何としたことか、予想もしていなかっただけに言葉も出なかった。

    昨日とはうって変わって寒さを感じるが、風邪に気をつけて、午後3時40分の中京・高松宮記念を観守ることにしよう。
    それにしても、まだドバイの興奮が冷めやらぬから、何となく変な気分なのだが・・・。

                            DSCN2399.jpg







    category: 日々流動

    CM: 0 TB: 0