Admin New entry Up load All archives

    Tsuruki Jun<鶴木遵>の原風景 《絶対零度》

    鶴木遵の本、新しい挑戦、趣味である競馬、将棋の駒、男の手料理、めだかやミジンコ飼育、犬猫のよもやま話、など四季折々に感じたことを発信していきます。

    真昼の決闘 

    DSCN2519.jpg

    去年の暮、近くの山道でつれ合いが1匹の子猫を拾った。男の子だった。
    空腹と不安からか走り寄ってきたのだ。痩せて鼻水がたれていたのが少し気になったのだが、濡れタオルできれいに拭き取って、餌を与えると、喉をゴロゴロと鳴らして少し元気になった。

    しかし、その小康状態は束の間のことだった。おそらくすでに「猫エイズ」を発症してしまっていたのだろう。数日で体調を悪化させ、病院に連れて行くまもなく、ある朝布団の中でつめたくなっていたのだ。その日は時雨交じりで寒い朝だったが、濡れるのを厭わずスコップで穴を掘り丁寧に埋葬して、そこにお線香を焚いた。

    呼べば返事をするし、人懐っこくて性格も良かったので、家の中は暗い気分でいっぱいになってしまった。

    しばらく猫を飼っていなかった。現在の猫ブームは、実は私には第2次ブームである。猫のブームは長毛の外来種が流行った80年代に最初のブームが訪れている。そしてその頃、私もヒマラヤン種のおっとりとした性格が気に入って飼い始めたのだった。3代目まで育てたが、私自身の入院や闘病もあってそこで諦めた。

    だから猫の習性も、飼い方も病気の対処法も、たいがいなことは理解している。何かをしようとしてミスったときに、間をつなぐようにすっとぼけて顎あたりを掻いたりするような動作など、何度もからかって笑ったことがある。

    わずか数日間の子猫との出会いが、久し振りにつれ合いの心の琴線に響いてしまったのだろう。年が明けたある日、家に新しい子猫が現れたのだ。聞けば、町のペットショップに託されていた(誰かに拾われたか捨てられていた子猫だろう)子猫を、賛助金を置いて手に入れて来たのだという。雌猫で、「猫エイズ」の兆候もなく元気そのものだった。先住民たる犬にもすぐに慣れて、旺盛な食欲を発揮するようになった。まあ、最初に風呂に入れたときには絶叫して飛び跳ねたが、それでもドライヤーをあてるときにはおとなしくなっていた・・・。

    あれから約半年。今や、11歳の犬をも手下にする女ボスになっている。

    これは真剣にじゃれ合う「真昼の決闘」。

            DSCN2516.jpg   DSCN2517.jpg   DSCN2518.jpg

    すでに後期高齢老犬の部類となった11歳の愛犬も、毎日じゃれ合う楽しみを覚えて、何となく若返っているようである。








    スポンサーサイト

    category: ワン・ニャン

    CM: 0 TB: 0   

    犬の歯磨き 

    JT

    2匹の犬を飼っている。

    もう9歳と8歳になるメスが2匹。寒がりで、寝るときも一緒に暮らしている。

    とは言え、今は猛暑の夏。犬は汗をかかないなどと言われるが、1週間もすれば何となく体がベトベトしてきて、体も犬臭くなってくる。

    そんなときは、一緒にシャワーを浴びることにしている。慣れてくると、嫌がりながらも我慢している。風呂桶で水をぶっかけられるよりはシャワーの方が良いことを、もう2頭とも理解をしているのだ。

    かつて長毛のゴールデンレトリバーを飼っていたときは体を洗って乾かすのも一苦労だったが、今の2頭は短毛種なので、洗い流してタオルで軽く拭けばそれでOKだ。

    シャワーのついでに、歯磨きをするのも習慣となっている。最初はどうなることかとも思ったが、やってみると犬たちもすぐに慣れて、今では、どうせ歯磨きもされるのだと、たぶん諦めているのだろう。無駄な抵抗はしないようになっている。シャワーのぬるま湯で最後に口をゆすいで、「よーし、よく我慢しました」と褒めてやると、単純なのか尻尾を振って得意気に胸を張る。

    ある程度人が使った歯ブラシを保管しておいて、それを使って歯磨きする。犬が使ったら、それは使い捨てだ。
    歯磨きもいろいろと試してみたが、どうやら、昭和の昔のwhiteライオンや、リンゴを齧ると血が出ませんかのデンターライオンが、刺激が少なくていいようだ。昭和の昔に開発されたオールドな歯磨きでも、犬にはそれなりに効果があることを実感する。1頭の歯は白くなったし、もう1頭はどうも歯槽膿漏の気配があったのだがデンターライオンのおかげか、歯ぐきからの血も収まったのだ。犬自身も歯茎が楽になったと理解しているような気がする。おとなしく歯磨きをやらせているのだから。

    とにかく何でもやってみるものだ。歯磨きをする私も、歯磨きをやらせる犬たちも、互いに慣れてくれば、チョチョイのチョイで健康的な身づくろいができるのである。

    シャワーと歯磨きを終えた夜。私のベッドは爽やかなリンスとシャンプーの香りでいっぱいになる。寝惚けると、まるで隣に黒髪の少女が眠っているようなそんな気にもなってくる。でも手を伸ばすと、そこには全身が毛におおわれた老犬2頭が寝息を立てているだけなのだが・・・・。









    category: ワン・ニャン

    CM: 0 TB: 0