Admin New entry Up load All archives

    Tsuruki Jun<鶴木遵>の原風景 《絶対零度》

    鶴木遵の本、新しい挑戦、趣味である競馬、将棋の駒、男の手料理、めだかやミジンコ飼育、犬猫のよもやま話、など四季折々に感じたことを発信していきます。

    金魚を飼おう⑬~ランチュウの成長・1年 

    DSCN2562.jpg DSCN2556.jpg DSCN2560.jpg

    ランチュウたちを飼い始めてほぼ1年。頭の先から尻尾まで、約9cmほどに成長した。

    室内での盥飼育に変えてからは順調で、5匹の中で生き残った3匹は元気いっぱいで、背ビレの白いオランダ獅子頭と同居している。

    今朝、水替えのついでに写真を撮ってみた。やはり気温の上がる夏の時期には、室内に盥の水があるとどこか涼し気で、気分も洗われる感じだ。

    玄関ドアの外の陶器の甕には、黒メダカやミナミヌマエビが同居しているし、火鉢をヒメダカ専用の甕にもしている。睡蓮の花はもう何度か花開きもした。

    池では、例年のごとくここを故郷とする蛙が産卵し、今では脚を生やしたオタマジャクシが池の底や壁についた苔や汚泥を食べて綺麗にしてくれながら育っている。次の満月には旅立ちだろう。

    となれば、あの蛇たちもそろそろ姿を現すかもと思っていたら、ちゃんとあの以前に棒になった振りをした顔見知りのあの子が現れ、私の近づく足音を察して、今度は水の中に頭を突っ込んで動かず、今年は死んだ振りのパフォーマンスをしてくれた。とにかく演技派の蛇なのだ。

    とかく人の世は、欲望が渦巻いて醜悪だが、自然の中で生き抜く者たちは、生き抜くことを目標としてひたすらシンプルライフなのだ。それがかえって判りやすくて、心地がいいと感じる夏の朝である。

    DSCN2563.jpg DSCN2564.jpg

    スポンサーサイト

    category: 金魚を飼おう

    CM: 0 TB: 0   

    金魚を飼おう⑫~ランチュウの成長・11か月目 

                             DSCN2505.jpg
    今朝は、早起きして金魚の水の入れ替え。と言っても、もう作業に慣れているし、水槽飼育ではなく大きめな盥飼育で簡易なフィルター装置だけなので、15分ほどで終わる。

    我が家の水道は、麓の浄水場からの配管が遥かに繋がって山を登ってくるために、消毒塩素がちょうどいい具合に消失していて、そのまま飲んでもおいしいし、金魚の飼育にもそのまま使って大丈夫なのだ。気分としては、山の水を直接いただいているようで、満足度も高い。偶然のたまものだ。

    盥に水を張って、フィルターを作動し、水がグルリと巡って落ち着く間に、ガッシリとした腹回りに成長したランチュウたちの近況を撮ってみた。
                             DSCN2511.jpg

    以前にそれぞれ名前をつけようかと思ったこともあるが、まだ実行はしていない。だから呼び名はいつも「お前たち」だ。
    金魚の方からすると、「吾輩はランチュウである。名前はまだない・・」という状態であるが、それでもそれなりのコミュニケーションはとれている。

    先月、順調に育っていたはずのオランダ獅子頭が原因不明の突然死をしてしまったので、今この盥に残っているのは、ランチュウ3匹とお気に入りのオランダ獅子頭1匹。
                             DSCN2514.jpg
    この仔も相応に立派になってきた。

    昨日梅雨入りして、サーモスタットを使わない飼育では、気温変化の波を受けやすい季節が始まった。ここしばらくは、要注意だろう。このまま室内飼育で行こうかと決めている。

                             DSCN2510.jpg




    category: 金魚を飼おう

    CM: 0 TB: 0   

    金魚を飼おう⑪~ランチュウの成長・10か月目 

    DSCN2448.jpg    DSCN2453.jpg

    今朝、連休明けの水替え作業のついでに、金魚たちの写真を撮った。

    確実に成長して、ドスーンと腹回りに貫録を見せ始めている。昨年秋から、室内の水盥を使用して真ん中にシンプルな濾過装置を置くだけで、餌やりの他は水替えのときにマットの交換するだけの世話しかしていないのだが、かえってそれがいいのかも知れない。

    水盥を覗くたびに、おお、立派、立派と、声を掛けている。
    サラブレッドは鍛えられた筋肉質の肉体を誇るが、家の金魚たちは優美な脂肪を誇っているのである。成人病には要注意レヴェルだろうが、それを金魚に説いてもわれ関せずだろう。まあ、しっかり食べて元気でいてくれよと願うばかりだ。

    これから日を追って暑くなるから、室内では水温対策も必要になるだろうが、そのときなったらまた考えるつもりでいる。

    外のメダカたちより手がかかるのは覚悟の上だ。今の時代、わずかな癒しを求めるのも、お金以外の善意の労働や、知恵を使った創意工夫など、何かとコストがかかるものと理解している。

                           DSCN2455.jpg






    category: 金魚を飼おう

    CM: 0 TB: 0   

    金魚を飼おう⑩~ランチュウの成長・9か月目に突入 

    DSCN2402.jpg    DSCN2403.jpg

    ようやく山も桜の季節を迎えている。

    昨夏から飼い始めたランチュウたちも無事に越冬して、ひと安心。例年に比べてそれほど寒すぎることもなかったので、冬眠状態にして餌断ちをすることなく、室内の気温の様子を確かめながら2日に一度は少量の餌をやっていた。それでも金魚たちはしたたかに成長を重ね、今や鼻先(?)から尾の先までの前兆が10㎝近くになり、ランチュウらしい肉瘤も大きさを増して、胴回りもデーンと相撲取りのような貫録を漲らせている。

    人間なら、そろそろダイエットに悩まなければならないところだが、この種の金魚は太目の方が愛らしいから不思議だ。

    昨日、10日振りに金魚の住処の水替えをした。新鮮な水に気分もリフレッシュさせて喜んでいたような気がする。

    その様を見て、ついでだからと私自身もリフレッシュしてみようかと決めた。去年の6月から伸ばしたアゴ髭を、いちど暮れの12月25日有馬記念の日に落としたが、それから再度約4か月伸ばしていて、引っ張ると長いところで4cmほどになっていたのだ。最近、どうも聖徳太子とお友達になれないので、せめて真似をするようにアゴ髭を生やして仲間に入れて貰おうかと、無理な笑顔で卑屈ににじり寄ろうとしてみたのだが、桜花賞の結果のように、いい処までにじり寄っても、どうも聖徳太子とは親密なお友達にはなれてはいない。で、それならまた再び気分転換をしてみようかと決めた次第。

    ハサミでカットしてからスッキリとシェービング。

    何だか若返ったようだ。それに何となくモヤモヤと重く感じていたアゴの辺りが軽くなった。髭もそこそこ重量があったのかと思うと、それも不思議でならなかった。そうさ、また人生の再出発だ。人生なんて何度でもやり直せるに決まってる。タバコだって何度でも止められるじゃないか。うん、そうだ、そうだ・・・。

    リフレッシュした別人の顔で金魚盥を覗いてみた。  DSCN2407.jpg
    お気に入りのオランダ獅子頭が近くに寄ってきて尾を広げてくれた。まるで「くじけないでね」と、言われたような気がした。

    しばらく、そうまた気が変わるまで、これから毎日髭剃りに励むとしようか・・・。








    category: 金魚を飼おう

    CM: 0 TB: 0   

    金魚を飼おう⑨~ランチュウの成長・8か月目に突入 

    DSCN2382.jpg

    ミレニアムを迎えたとき、希望の新世紀を楽観的に信じていたのが、愚かしくも懐かしい。
    ここのところ日々、滅びの終着点に向かって突き進んでいるような世相に怖ろし気な印象を持たざるを得ない。
    安保法制成立から今は共謀罪という新治安維持法の画策の段階に至り、知らず知らずのうちに憲法改正すら射程圏に入っている。

    挙句の果てに、現代日本版ヒトラーユーゲントとも言うべきM学園の存在も、金銭スキャンダルがらみで明らかになった。まだ判断力もない幼稚園児が帝国憲法下の法制である「教育勅語」を懸命に暗唱する教育手法に、これがかつて首相の語り掛けた「美しい国」の本質なのかと思うと、薄気味悪さしか覚えようもない。ならば待っているのは、次の東京五輪は、かの1936年ベルリン五輪の再来となってしまうのだろうか。

    それにもまして薄気味悪いのは、本来「思想」というのは理念であるはずなのに、某日本会議の幹部が運営するM学園の手法が、「思想」の名を借りたヘイトと政治人脈頼りの邪ビジネスという腐臭が漂っていることである。それは、現憲法が目指した人権尊重のフェアな社会からすると、真逆のアンフェアさであり、庶民の義憤を駆り立てるものだというしかない。残念なことだ。

    ファーストレディが支援者であり、つい最近まで寄付をも呼びかける名誉校長だったという。事態が表面化して、HPの記載が閉じられたと聞くが、公人としての存在を踏まえると、まるで漫画の世界だ。当初から、偉大な人「安倍晋三記念小学校」というプラニングさえあったともいう。それを、提案した側もそうだが、受け入れた側の節度の無さや厚かましさには、もはや呆れて言葉もない。

    それにしても、日常の生活に追われる中で、いつの間にか築かれてしまった格差と忠誠が強要される社会の息苦しさは、今を苦しむ子供たちや、大きなチャレンジの可能性を閉ざされる多くの若者や、家族を営むこともできない独身の中年層のことを思うと、結果的には国力低下にならざるを得ないと確信するのだが・・・・。

    こんなことを考えても、山の狭間の片隅で暮らす私では、文句にもならぬ単なる愚痴でしかないのは充分に判ってはいるのだ・・・。
    嘆かわしさに涙も枯れてしまった。

    で、追い詰められるように、ランチュウ飼育で気分をまぎらわしている。

    飼い始めて8か月目に突入。この冬は、昼間になるとサーモスタットを使わない室内の自然水温は16度ほどに上がっていたから、結局は餌断ちの冬眠はさせずに、2日に1回ほどの少量の餌を与え続けていた。フンが出るので、10日に一度は飼育桶の水替えも続けていた。

    で、痩せることもなく体調は順調で、頭から鼻あたり(金魚に鼻があるかどうかは別にして)の肉瘤も次第に大きくなってきたようだ。

    すでに3月を迎えているから、無事に冬を越して、これから水温の上昇と共にどんどん動作も活発になるだろう。手はかかるが、その分可愛さも増してくる。

    DSCN2386.jpg    DSCN2391.jpg

    このままランチュウとして立派な姿を完成させて欲しいと願うばかりだ。

    直径50cmほどの飼育桶に安価な小型のエアポンプと昔からある箱型のエアフィルターに餌と水を用意すれば、この小宇宙を醸し出す道楽は始められる。その小宇宙を自分だけの理想社会とイメージすることさえできる。住民は金魚だ。

    ときおり水面を覗いてのっそりとした泳ぎを眺めていると、いかがわしいこの世の在り様も一瞬忘れられる。そうまでしないと、この、何だか判らぬまま沸き起こってくる現在の逼塞感を抑えることができない気分なのだ。

    せめて本物と偽物を見分ける審美眼を、社会そのものが持ち得て、生きる人々が互いに笑顔で批評しあえる世の中になればと願うばかりの今日この頃である・・・。





    category: 金魚を飼おう

    CM: 0 TB: 0