Admin New entry Up load All archives

    Tsuruki Jun<鶴木遵>の原風景 《絶対零度》

    鶴木遵の本、新しい挑戦、趣味である競馬、将棋の駒、男の手料理、めだかやミジンコ飼育、犬猫のよもやま話、など四季折々に感じたことを発信していきます。

    初仕事・水替え  金魚を飼おう⑰~ランチュウの成長・1年と6か月 

                      DSCN2654.jpg

    今朝、どういうわけか気温が上がっていた。雨上がりの朝で南の温かな風が吹き込んできていたのかも知れない。
    で、これ幸いとランチュウたちの水替えをした。

    これが体を使った今年の初仕事。もう慣れたもので、15分ほどで完了。

    頭を使った作業は、東西の金杯(中山・芝2000m、京都・芝1600m)から、中山のフェアリーS(芝・牝馬1600m)、京都のシンザン記念(芝・1600m)で動き出していた。まだ鼻詰まりが残っているから休み休みの状態だったが・・・。
    結果は、中山金杯は横山典ダイワキャグニーを軸にして惨敗、京都金杯は軸にした幸レッドアンシェルが3着で相手に狙った武豊ブラックムーンが勝ち、浜中クルーガーが2着で縦目を食らって暗い年明けとなったが、翌日曜日の昼過ぎに買っておいたフェアリーSが軸にした戸崎プリモシーンと相手馬太宰スカーレットカラーで決まり的中。結果は夕方に知ってひと安心。3日開催の最終日の昨日は、中山カーバンクルS(芝・1200m)を横山典ナックビーナスと大野ペイシャフェリシタの結果に満足したものの、シンザン記念は軸にした戸崎アーモンドアイは完勝だったが、相手に狙った浜中カシアスが粘り切れず3着になって、膨らんだ気持ちも萎んでしまった。しかし何と言ってもフェアリーSの馬連が30倍を超えていたので、不満はなかったのだが・・・。

    最近の流れが少しばかりいい方向に向かっている理由は、私なりに判っている。GCで見る最終追い切りの気配の見分け方が、思い込みではなくより冷静になっていることと、JRAの改訂された式別オッズ投票が私には便利なものとなってくれたからだ。これまで細かなオッズを見ないことも多かったが、オッズを見ながら投票すると最後の瞬間にもうひとつ冷静になれるのである。まあ、それでも勝負事だから縦目も、1着3着も、不利なアクシデントも起こるのだが、それでもまるで見せ場もない馬を応援することは明らかに少なくなっている。

    ともあれ、今朝は可愛がっているランチュウたちの水替えの話だ。

    少しづつだが確実に大きくなっている。病気もせずに順調で、気がつけばもう1年と6か月目に突入した。簡便な原始的な飼育方法で、水替えのときににがり成分の入った塩をひと握り混ぜてやるだけの管理だが、どうやらそれがかえって良いらしい。
    餌は1日1回でやり過ぎないようにはしている。生餌ではなく金魚用のドライフードだけだ。それでもきちんと成長してくれている。
    安上がりの道楽だが、エアポンプからの水音や水の中の真っ赤な姿に癒されることも多い。

    どこまで成長するか判らないが、大きく太らせて立派に育ててやりたいものである。

    DSCN2655.jpg      DSCN2659.jpg(この子は1匹だけ残ったお気に入りのオランダ獅子頭だ)











    スポンサーサイト

    category: 金魚を飼おう

    CM: 0 TB: 0   

    金魚を飼おう⑯~ランチュウの成長・1年と4ケ月目 



    今日は、金魚の水替えの日。

    エアポンプと小さなフィルターだけのこんな原始的な環境で育てているが、これが逆に金魚たちにはいい環境となっているのか、去年の秋以降、大きな病気もせずに順調に育っている。

    過度な装飾を施したガラスの水槽飼育より、贅沢は敵だとばかりに清貧質素なたらい桶飼育の方が結果がいいことを教えられた1年だった。(でも、私自身は贅沢はステキだと思う我欲は失ってはいないのだが・・・)

    DSCN2646.jpg   DSCN2648.jpg

    今回はエアでランチュウたちの姿はクリアーに見えないが、ときにはこんな写真も風情があるのかも知れない。

    これからの季節は、多少餌を減らしていくのだが、居間に置いているので午後になって水温が上がると、餌をねだる動きも活発になるのでつい甘くなってしまう。お腹が空いたのかいと、つい情に負けてしまうのだ。

    だから結局、週に一度か10日に一度の水替えは、どんなに寒くても手を抜けないことになる。
    まあ、いいか。立派に太らせてやるのも道楽だ。このたらい桶には、ランチュウ3匹とお気に入りのオランダ獅子頭が1匹。雄雌の区別は判らないが、いずれ交配のしぐさを見せるようになったら別々にしなければいけないかも。
    それまでは、このまま飼っていようと決めている。







    category: 金魚を飼おう

    CM: 0 TB: 0   

    金魚を飼おう⑮~ランチュウの成長・1年と3か月目 

    DSCN2628.jpg

    夏が過ぎて、順調に秋を迎えた。ランチュウ3匹。
    また一段と体重を増したことが、今朝の水替えで判った。すくうと網が重く感じる。

    最近は、餌を自分からねだる様にもなって、近づいて水桶をトントンと軽く叩いて合図を送ると、スッと浮き上がって口をパクパクと開けて、「早くちょうだい」という仕草を見せる。沈下性の餌の方がいいのがあるのだが、浮遊性の方がコミュニケーションという意味では有効だ。

    まだまだどれだけ大きくなるか、楽しみにしている。

                        DSCN2627.jpg   DSCN2629.jpg






    category: 金魚を飼おう

    CM: 0 TB: 0   

    金魚を飼おう⑭~ランチュウの成長・1年を超えた‼ 

    DSCN2603.jpg       DSCN2612.jpg

    丸々太ったランチュウを飼い始めて、2回目の夏。
    毎週の水替えと、ただエアを送るだけの簡易なフィルターのマット替えに追われた1年だった。

    最初は外で飼い始めたが、朝昼の山の気温変化が大きく体調を狂わせもしたし、深夜にはタヌキやハクビシンらが闇に紛れていたずらをしにもきた。早朝にはカラスも不穏な動きで様子をうかがってもいた。いちど水槽にしていた大きめの盥桶が荒らされ、オランダ獅子頭の稚魚が何匹かは何故かどこかに失踪し、何匹かは死んでいたことがあって、その後は住処を室内に移したのである。

    その後はほぼ順調に育ってくれた。そう、丸々と太って。

    今月の初め、一匹に危機が訪れた。私自身が、ちょっと水替えをさぼって3,4日遅れたときに、頬に傷でもあってそこから黴菌が入ったのか、頬の肉が腐るように崩れ始めたのだ。

    幸い、すぐに気づいて、即水替えをして、普段食用にしている塩(NaClの精製された食塩ではありません)を適量溶かし込んでやると、数日で治療完了して、ひと安心。
    写真の頬の白い部分が、その傷跡である。   DSCN2606.jpg(左隣は、ランチュウではなくお気に入りのオランダ獅子頭だ)

    危機を脱して、残った3匹のランチュウが、このままさらに大きく、さらに丸々と育つことを願いながら、今日も盥桶に餌をやっている。

                          DSCN2615.jpg








    category: 金魚を飼おう

    CM: 0 TB: 0   

    金魚を飼おう⑬~ランチュウの成長・1年 

    DSCN2562.jpg DSCN2556.jpg DSCN2560.jpg

    ランチュウたちを飼い始めてほぼ1年。頭の先から尻尾まで、約9cmほどに成長した。

    室内での盥飼育に変えてからは順調で、5匹の中で生き残った3匹は元気いっぱいで、背ビレの白いオランダ獅子頭と同居している。

    今朝、水替えのついでに写真を撮ってみた。やはり気温の上がる夏の時期には、室内に盥の水があるとどこか涼し気で、気分も洗われる感じだ。

    玄関ドアの外の陶器の甕には、黒メダカやミナミヌマエビが同居しているし、火鉢をヒメダカ専用の甕にもしている。睡蓮の花はもう何度か花開きもした。

    池では、例年のごとくここを故郷とする蛙が産卵し、今では脚を生やしたオタマジャクシが池の底や壁についた苔や汚泥を食べて綺麗にしてくれながら育っている。次の満月には旅立ちだろう。

    となれば、あの蛇たちもそろそろ姿を現すかもと思っていたら、ちゃんとあの以前に棒になった振りをした顔見知りのあの子が現れ、私の近づく足音を察して、今度は水の中に頭を突っ込んで動かず、今年は死んだ振りのパフォーマンスをしてくれた。とにかく演技派の蛇なのだ。

    とかく人の世は、欲望が渦巻いて醜悪だが、自然の中で生き抜く者たちは、生き抜くことを目標としてひたすらシンプルライフなのだ。それがかえって判りやすくて、心地がいいと感じる夏の朝である。

    DSCN2563.jpg DSCN2564.jpg

    category: 金魚を飼おう

    CM: 0 TB: 0