Admin New entry Up load All archives

    Tsuruki Jun<鶴木遵>の原風景 《絶対零度》

    鶴木遵の本、新しい挑戦、趣味である競馬、将棋の駒、男の手料理、めだかやミジンコ飼育、犬猫のよもやま話、など四季折々に感じたことを発信していきます。

    世相を妄想してみた 

    JT

    世の中、いろいろと騒がしく、アンフェアなことに憤ってみたり、暑さ故のまとわりつく汗のべたつきにイラついたり、厚化粧且つだて眼鏡の58歳のカン違いオバサンに呆れてみたりして、なかなか平穏な心で毎日を過ごすのは難しい。

    で、ついでだからいろんな事を妄想してみた。

    K学園問題。核心を守るための様々な都合の良い嘘が積み重なっているだけに、嘘をついた側の論理破綻は、今でももはやおかしさが露呈しているが、やがて決定的に明らかになるだろう。世の中には、それなりの良心や義侠心は存在しているものだし、それがすでに大きな固まりとなって不信の世論ともなっているのだから、もう誤魔化しや言い逃れはきかない。

    この際だからK学園グループの系列大学を調べてみた。岡山理科大、倉敷芸術科学大、千葉科学大。らしい名前が付いているが、いずれも偏差値45ほどで合格できる大学らしい。偏差値45で千葉科学大は薬学部に入学できるが、国家試験に合格して薬剤師となれる人数は本当に少数で、2015年2月19日、文科省が発表した大学の新設学部、学科を対象に行った「設置計画履行状況等調査」では、「大学教育水準とは見受けられない」「学士課程に相応しい授業内容となるよう見直す」と、報告されている。
    英語は、be動詞の活用や過去形あたりから、数学は百分率や分数の計算から教えてくれるそうだから、凄まじく丁寧なカリキュラムというか、あるいは大学の名に値しないカリキュラムというべきか、入学したこともないので、ちょっと判らない。
    同じ系列となれば、岡山理科大にしても似たりよったりということだろう。(敢えて触れておくが、すでに通ってそれなりに頑張っている学生たちには、自身の夢の実現に向かって一層精進して欲しいと願うばかりだ。自分を磨くのは、誰でもない自分自身なのだから)

    そのグループが、国家戦略特区という大義のもとに今治に獣医学部を創設するという。所謂石破4条件を満たして、世界に通用する獣医学部が誕生するのだという。グループ系列大学がbe動詞の活用や分数の計算から大学で教える現状であるのに、岡山理科大獣医学部だけは、並み居る日本の獣医大学を凌いで世界最先端レベルの獣医学部を目指し、その水準にある獣医師を養成するのだという。ヘェーッと感心するしかないが、「駄馬は調教しても駄馬」と最後に書き遺した亡き父のメモを思わず想い起してしまった。こういうのを、世の中では「捕らぬ狸の皮算用」とか「鬼も笑い転げる勝手読み」とかいうのだ。


    さて話は飛んで、すでに超特急のスピード進行で「共謀罪」の法が施行された。確か277の犯罪に適用されるのだという。
    法律の専門家ではないから、ここから先は個人的な妄想が始まる。

    もし仮に、国家や地方自治体から、資産や予算を奪おうという資金略奪テロを、権力を有するとあるグループが計画して、謀議を積み重ね、それを実行したとしたら「共謀罪」は適用されるのだろうか?いやいや、共謀罪適用は、共謀時点での事前捜査を可能にする法律なのだから、実行された時点で別の刑法によって裁かれるのだろうか?

    いやまあ所詮妄想だから、法の専門的知識は敢えてふっ飛ばして、妄想を続けよう。

    とある極東某国の出来事である。かつて中南米にはゲバラという革命戦士がいたが、極東某国の首相は、ゲリバラ首相と密やかに囁かれていた。(本当のことを言うと、この私自身も脊髄を病んでからは、その影響で深夜早朝のゲリバラ過敏症候があるので、その辛さは理解しているから触れたくはないのだが、心を鬼にする。多くの場合ストレスが関係していると実感している)
    そのゲリバラ首相は、ある日、数十年来の友のために、国家資産や自治体予算の収奪を計画して、実行に移し始めた。首相になりたての頃はこうるさい大臣もいたので、それでもまだ遠慮がちだったが、何回か選挙を重ねるたびにオレ様だから勝ったのだと増長して、周囲にお世辞を言うお仲間だけを寄せ付けるようになり、瞬く間にそれまで隠していた人格を顕わにするようにもなって独善化した。そうなると手がつけられない。誰も押さえつけることはできない。諫言すれば、人事権を忍術のように使って報復されるからだ。でも黙って従ってお愛想笑いをしていれば、それなりの待遇も時には付届けの贈り物さえ届きもした。この辺はぬかりなかったのである。

    手先となって家庭内別居しているゲリバラ夫人までもが、せっせせっせと「私人」の振りをして5人の公務員秘書を伴って、まるで極東のイメルダ夫人のごとく動き回り、官房長官を筆頭に、官房副長官から内閣府の役人から所轄官庁の大臣までが醜く蠢いた。曰く「最高権力者のご意向」と。勿論その周囲には、民間政商や民間の振りをした似非インテリ人たちも跋扈した。

    栄耀栄華は極まったかに見えたとき、そんな権力の砂上の楼閣は、これまで「こんな奴ら」と人格さえも与えていなかった多くの人々の反感・反発の前に、突如として崩れ落ちた。跡形もなくだ。失政というよりは(いや勿論極まった失政なのだが)、それ以上に人として信じられない!という憎悪のような感情の反発が、巷に溢れ返ったのである。

    そして「共謀罪」適用によって官邸の周りには、誰もいなくなった。多くの高官たちは罪を減じる司法取引制度を活用して、言い逃れを画策し、内部分裂も甚だしかったのである。
    後には、もはや廃墟となった官邸が古びたお化け屋敷のように残っただけだった。

    やがて顔を浮腫ませ、か弱き1個の動物になったゲリバラ元首相は、最先端治療を受けるため四国今治の国家戦略特区に向かい、他でもない生物として獣医学的な診療治療を受けたが、その後どうなったか消息は明らかにされなかった・・・。

    こんな茶番の、喜劇にもならない笑劇を妄想するほど、本当は暇ではない(そう言っておくことにする)のだが、思わずそうしてみたくなるような憂鬱な湿気混じりの暑い夏と、極東某国のあるがままの姿が曝け出されている。
    嘆かわしいにもほどがある・・・。






    スポンサーサイト

    category: 世相を読む~極私的注目のままに

    CM: 0 TB: 0   

    「こんな人たち」と「お仲間たち」 

    JT

    「こんな人たち」の輪ががうねるように叫んだ。「退場!」と。

    名指しされて糾弾された人物は、人の輪に向かって指をさしながら、ムカついた感情を発露した。「こんな人たちに負けるわけにはいかない!」と。

    このシーンこそ、今の日本の悲劇と喜劇が同存する危機的状況を、まさにシンボライズする光景だった。

    「こんな人たち・・」と絶叫したのが、狭量な同時に反知性主義(幼少期にしつけが怠られた根本的に無教養という意味で使っている)の権力者であり、指さされたのが、おそらく政治的に動員されたテロリストや運動員ではなく、揺れ動く大波のようにその場に集った普通の市民である。「退場!」の叫びは、彼らのせめてもの自己表現だった・・・。

    ボスにはボスの度量というものがある。これまでの歴史を紐解けば、それは一目瞭然とも言える。とある国や組織が疲弊するはのは、多くの場合、ボスが自分以上の力量を許容・理解することができず、周辺に自分以下の(自らの安泰が保証される)人材しか集められない歪みがやがて矛盾として表面化することにあるのだ。

    そう言えば、「こんな人たち」と指さした権力者は、忠実な「お仲間たち」の処遇は手厚いらしい。薄気味悪いほどだ。M学園や、K問題も、そうした構造の中で国有財産が私的に流用され、国や地方自治体の予算も分不相応に投入されようとした。一方で「お仲間」の分裂が始まり、一方の当事者は「お仲間」を相互扶助するかのように沈黙のまま権力の岩壁に隠れて身を潜めている。

    また忠実なしもべの様な「お仲間」ならば、レッドカードをも、何と法律までも無視して、レッドカード行為すらないものとして守られる。「こんな人たち」の良心はいささかも顧みられることはなく、一切は、御用新聞を読め、印象操作だ、丁寧な説明や審議を心掛ける、多くの原因は決められなかった前政権の所為だ、オレ様は立法府の長だなどと不勉強な物言いで、全てを自己都合で丸め込もうとする。

    もうひとりのこれもまた忠実な番頭役は、陰険老獪且つ醜悪な能面顔で、「あり得ない」、「全く問題ない」、「指摘は当たらない」と、記者会見の記者の質問を絶えず遮って、それ以上の質問の幕引きを図るかのように高圧的に嘯き続ける。

    ここ4年半も続いて普通になったこんな光景が、今のこの国の本当の危機なのだ。

    それを許してきたのは、この間に行われた数度の国政選挙の結果である。無党派とひとくくりにされる人たちが、冬眠状態のままで起きず、結果的に実態が検証されることもなく雰囲気だけの組織的投票が有効化したからだった。

    しかし4年半。支配する官邸の恥を知らずに強権的な手法も、ついに金属疲労を起こしてひび割れが始まった。
    限度を超える恥知らずな横柄さに、さすがに多くの人たちが覚醒したのだろう。我慢強い民人の住むこの国には、お上の立ち居振る舞いが許容の限度を超えたとき、一揆などの蜂起がおこった歴史がある。

    7月2日の都議選は、まさに民衆一揆の様相で、その中身はまだまだ不確かだが、首都東京の権力構造は一新した。

    8%ほどの投票率アップ。無党派の中の2割か3割の人たちが「こんな人たち」と指さされることに怒りを覚えて立ち上がるだけで、今の状況や景色は一変するのだ。このことを忘れてはならない。

    同時に、本来受け皿にならねばならないどこかの党も、いまだユダの様な戦犯元首相が過去を忘れたかのように幹事長を勤め、カリスマ性も存在感も発信力も無い党首と、本当に闘う覚悟の無い姿を曝け出している。あの「コンクリートから人へ」という希望に満ちたメッセージ以上の言葉をひと言も発することもなくだ。

    となれば、もう一度受け皿の再編が必要なのかも知れない。しかしそれとても度量あるボスが、私心なく理念のもとに人々を集め活用できるか否かなのだが、まだそれほどの存在が見つかってはいない。

    「こんな人たち」の声をまとめるボスが生まれ得たとき、見せかけの権力交代ではない新しい日本が生まれるのだろう。

    私自身も、しがない「こんな人たち」の一員だが、(いやその瞬間に秋葉原に行っていないので単なるシンパでしかないが)、そんな「こんな人たち」に、せめても生きる夢や幸福感を与えてくれる本物のボスが現れてくれるのを、ジリジリしながら待ち望んでいる。






    category: 世相を読む~極私的注目のままに

    CM: 0 TB: 0   

    大根を縦に切るか、輪切りにするかという形而上学? 

    syou6-cyuu1 08-09 116 (3) コンビニの、おそらくほとんどの街のお店でも、おでんの大根は、ほぼ輪切りだ。ホクホクとして、歯応えもある。それなりに出汁もしみて美味しい。

    あるとき、縦に幅1㎝ほどに切り落として煮込んでみた。すると歯応えが柔らかくなり、また別の大根の味がした。そしてこれもおいしかった。個人的には、縦切りの方が好みとなった。

    一つの同じものでも、アプローチの仕方によっては別物になるということなのだろう。

    今日未明、安保法制が、集団的自衛権を認知する形で参議院をも通過した。降りしきる雨の中、国会前に集った民衆の声は、永田町の傲慢な選民意識の中の良心に届くことはなかった。

    そもそも昨年12月の消費税を問う形で解散された総選挙で、欺かれて多数を与えた民衆の側が甘かったと言うしかないのだが、それとても作為的に作られた株高をデコレーションして詐欺的手段で騙しぬいた側に、より罪は大きい筈だ。選挙マニュフェストにほんの少しだけサラッと流した項目が、半年後には大々的な国家的課題のように変わっていったのだから。

    結局、その目的とは何だったのだろうか?
    仕組まれた株高(好景気演出)、閣議決定、秘密保護法制定、ガイドラインの指示を受けてのいつもお定まりの対米追随、騙まし討ちのような総選挙、積極的好戦主義のような従順な相手にはお金に物言わせバラマキ、対立国家とは敵対して周辺の危機を煽り立てる外交、憲法を頂点にする立憲主義否定、内閣法制局やNHK(最高裁判事などその他おそらく隅々までの)人事介入、強権的圧力をかけてのマスコミコントロール、福島の現実を無視しての川内原発再稼働、民意を踏みにじる辺野古移転強行等々・・・。全ては、どこかで決められた下手糞なシナリオ通りに進んだ結果である。こんな弾圧恐怖政治が、あっという間に近代国家日本の政治風景になってしまっている。選挙で数を与えると、こんな、とんでもないことになることを、私たちは教訓として学ばなければならないのだ。

    「国民の命と平和を守るために」と、何度も紋切り型で立憲主義の意味すら理解できない愚鈍の裸の王様のような首相から繰り返されたが、このとき言われる国民とは、決してあなたでも私でもなく、愚鈍の権力者に媚へつらうお友達だけが彼のイメージする国民だったのだ。そう考えると、いろんなことが納得できるというものだ。

    今、幼子を育てる多くの母親たちは、いつか戦場に送り込むことになるかも知れないと、これからは言い知れぬ不安を抱えるだろう。これまでは、専守防衛を理念として掲げてきた憲法9条が、すべての法案の土台となっていた。しかし、これからは好戦的な兄貴分アメリカの不条理な意を受けるまま(今のアメリカは理念ではなく利に走るだけの物欲主義的存在となっている)に、集団的自衛権の行使を認める新安保法制が原点の土台となってあらゆる法が作られていくのだ。放って置いたらすぐに社会の風景は別なものになるだろう。

    どこやらの首相には育てる子供がいるのかいないのか、私には定かではないが、もし子供がいないのなら、私たちやあなたたちの子供たちの未来への不安は、一片の配慮すらない貧しい想像力の中で決まったとも言える。

    専守防衛と平和主義を掲げた現憲法の理念を失うことは、戦後70年間に渡って私たちが世界と対峙する術としてきた最高の(他者には持ち得ないという特権を有していた)形而上的攻撃的兵器を失い、貧困と対立とそれ故にこそのテロの土俵に自ら進んでのめり込んで行くことなのではないか?何故今、そんな選択を敢えてしなければならないのか?不思議なことだ・・・。

    今、私の眼の前には、ホカホカと湯気を上げる輪切りの大根と縦切りの大根が別々の皿に盛られている。どちらも和風出汁が効いて、おいしそうだ。

    もしそこに、突然闖入者が現れて、「大根はアメリカ的料理法こそが正義であって美味しいのだ。それはあなたを守る集団的自衛権行使だ」などと言われても、うるさいハエを払うように追い返すだけだ。

    そうか。この和風出汁の味わいを守るには、違憲立法審査会か次の選挙での1票の権利行使しかない訳だ・・・。そのときを首を長くして待っているしかないのか・・・。でも、必ずその日は来るのだ。

    ああ、待ち遠しいと思うと小腹が空いて、私はホクホクの大根を、フウフウ言いながら平らげたのである・・・。






    category: 世相を読む~極私的注目のままに

    CM: 0 TB: 0   

    民意の反映~大新聞《不買運動》の提案 

    JT

    8月30日、国会周辺に市民が集った。その数、主催者発表で12万人。警察発表では3万5千人。どちらの計測が正しいかは定かではないが、いずれにせよ10万人近い市民が、意を決して集ったことは確かである。

    同時に全国各地での小集会も盛況だったという。

    戦争に参加拒否する意志を持った市民は、戦後70年の間に、かくまで育っていたのである。

    それはそうだろう。戦勝国となった連合国側によって、その戦争責任を問われた東京裁判の被告以外、原爆投下を含め、あれだけの犠牲者を出した戦争責任を問われなかったこの国の体制のいい加減さを知れば、他国から仕掛けられたか自ら仕掛けたかを問わず国家による戦争に、例えばかつてのように「赤紙一枚」で加担させられるのは、愚挙そのものだと、心の底で知ってしまっているのだから。

    同時に、今回の安保法案提出まで(堂々と選挙公約にせず騙すように隠して勝った選挙結果)と、その後の現憲法を無視した閣議決定から、法案提出後の訳の判らぬ法案説明のずさんさの経緯を見れば、まるでオレオレ詐欺のようないかがわしさを、もう多くの市民が知ってしまっているのだから。

    この国の市民は、ジリジリと忍耐を重ね、最終最後の段階までは我慢する愛らしさを持っている。

    が、権力が傲慢に最後の一線を踏み越えたなら、百姓一揆や打ち壊しや米騒動などを体験してきた血を体内にほとばしらせているのだ。あまりに舐めて見下していると、強烈なしっぺ返しがあることを、政官財の上に立つ者たちは知るべきである。

    そこで私は、こうも考えた。ここ数年、大手新聞やTV各局には、本来持つべきジャーナリズムが失われて久しい。市民を見ることをせず、権力を仰ぎ見てきてもいる。本当のあるべき姿を追いかけて、真実を明らかにしようとはしない。

    ならばここで、せめて大新聞の《不買運動》を市民の間で大々的に展開してみたらどうだろうか?

    かつてはトップが800万の部数を誇った大新聞も、今や、ネットに押されて、それでなくても日々発行部数を減らし続けているのが大新聞の現状だ。

    30代の新聞記者がこう嘆いている現実もある。「今はまだいい。でもこのまま行けば、私たちが定年を迎える頃には、何の保証もないみじめな定年が待っているだろう」と。

    それまで待つ必要はない。
    ジャーナリズムの精神を失い権力の御用新聞となっている大マスコミの姿勢を根本から変えるために、今日から、彼らが発行する新聞の《不買運動》を展開するのだ。たぶん決定的なダメージを受けるだろう。ほとんどの大新聞は、発行印刷から配送までほぼ一体化のシステムを構じている。発行部数の減少は、予想以上の決定的ダメージとなるのである。

    どこかの政治家が、「意にそわないマスコミには広告予算を削れ」などと発言したが、売れなくなった新聞には、そもそも広告予算が付くべくもないではないか。

    傲慢増長して、市民を捨て権力になびく大新聞の姿勢を180度変えるには、《不買運動》の大展開こそが、おそらく最も有効な市民を守る手段となると信ずるのだが、さてどうだろうか?






    category: 世相を読む~極私的注目のままに

    CM: 0 TB: 0   

    戦後70年談話を聞いた 

    JT


    仰々しく始まった首相による戦後70年談話。昨日の夕刻のことだ。

    いやはや、いささか度が過ぎた口先芸を演じようとしたようである。だれが書いたものなのか、巧みな原稿が用意されていた。途中は原稿をそらんじて、あたかも自らの言葉のように演じていたが、発せられた言葉に力はなく、結局は、私の頭では、これまでの「最高権力者は私である」とか「すべて首相である私が決める」といった論調とはまるで脈絡がないようにしか感じられなかった。

    いったい、かくも仰々しく、これまでの彼が発した論調をも薄めて、オオカミが羊の如く振舞って、何を伝えようとしたのか、到底判らない。平和や未来を志向して、侵略を許さない国家を目指そうとするのなら、現憲法こそが世界に向けての最高の武器となるはずだが、現実は新安保法制を強行突破させようとしている。しかもほとんどの憲法学者が「違憲」を指摘しているのを聞かぬ振りをしてである。

    読み上げた原稿は、政府が選んだ「有識者会議」のまるでメッセンジャーボーイのようなものだった。つまり最高権力者は、その瞬間、自らのパラダイムを持たぬメッセンジャーボーイだったのだ。だから込み上げてくる意志が何もなかったのである。

    まるでいい子の振りさえすれば、国民は欺けるとでも、まだ思っているのだろうか?
    一度芽生えてしまった不信感は、そう簡単には消せないことすら理解できないのだろうか?

    「美しい国日本」を目指すならそれもいい。しかし、そのときは醜いほどの米国追随一体化はすべきではない。米国的経済社会の在り様は、彼らが建国以来気づいてきた方法であり、極東の島国日本の文化にとっては、やはり異質な文化なのだ。共有する基盤は必要だが、精神性さえも他者米国に売り渡して、同じ土俵に上がる必要はない。おそらくグローバリズムの限界はこの点にあるのだろう。

    何故、私たちは私たちの築き上げる国家を、現憲法を根底にして目指そうとはしなのか?現憲法こそ、戦後世界を我が物顔で自分流儀に染め上げようとする米国の、最高傑作の遺物なのだと、私には思えてならない。彼らが理念的に残した、今の彼らにとって喉もとに張り付いた棘のようなものなのだ。これを有効活用することが、たぶん私たちの未来を拓くのである。そう思う。

    今日は8月15日。敗戦の決定した日。少しばかり気を引き締めて、こんなことを考えていた。

    幾多の作品によって示されてきたように、戦争は悲劇的な結末となり、どの戦争でも犠牲となるのは、結局は武器を持たない市民なのだ。だから私は、戦争に加担することも、強制されることも、断固拒否する。もし戦うときがあるとすれば、それは、人間存在を否定し、生存権を脅かす敵に対してである。

    憲法学者が憲法を学び、宗教者は宗教の教義に生き、憲法の番人たる法制局は確固たる法理論を守り抜き、公僕は謙虚に奉仕の精神を尊び、市民が笑顔で明日を迎えられる社会など、実は虚構の中の理想かも知れないが、それでも、そうあるべきと一歩一歩歩んで行かねば、すぐに社会は増長と強欲の亡者の集団が大手を振って支配するものとなってしまう。そしていま私たちの生きる21世紀の日本は、そんな輩が加速度を増しながら増えているような気がする。

    8月15日。どんな形であれ、戦争で犠牲になられた方たちの、無念と悲しみを改めて想い起こして、同時に今も続く世界の戦争の現実をも思いやって、市民を犠牲にする戦争に、不戦の誓いを持つ記念日としたいと、そう思うのであります、ハイ・・・・。




    category: 世相を読む~極私的注目のままに

    CM: 0 TB: 0