Admin New entry Up load All archives

    Tsuruki Jun<鶴木遵>の原風景 《絶対零度》

    鶴木遵の本、新しい挑戦、趣味である競馬、将棋の駒、男の手料理、めだかやミジンコ飼育、犬猫のよもやま話、など四季折々に感じたことを発信していきます。

    石山勝敏写真館~2015春 G1 IN FOCUS その② 

    ≪5月:NHKマイルC:東京芝1600m≫ 横山典弘 クラリティスカイ
                   150510T11KI171.jpg    150510T11KI087.jpg
               
    ≪5月:ヴィクトリアマイル:東京芝1600m≫ 岩田康誠 ストレートガール
                   150517T11KI140.jpg    150517T11KI065.jpg

    ≪5月:オークス:東京芝2400m≫ 浜中駿 ミッキークィーン
                   R1R8190.jpg    R1R7990.jpg

    ≪5月:ダービー:東京芝2400m≫ M.デムーロ ドゥラメンテ 2冠達成
                   150531T10KI123.jpg    150531T10KI090.jpg    150531T10KI072.jpg

    ≪6月:安田記念:東京芝1600m≫ 川田将雅 モーリス 
                   150607T11KI038.jpg    150607T11KI063.jpg

    さてさて、サラブレッドの写真を通して、あなた自身のあの日あのときが甦ってきただろうか?
    そうなのだ。記憶に残るレースとは、あなたの人生の一瞬の絵日記となって心に刻まれていくのである。







    スポンサーサイト

    category: サラブレッド美の世界~by石山写真館

    CM: 0 TB: 0   

    石山勝敏写真館~2015春 G1 IN FOCUS その① 

    2015年。
    もうすでに、あっという間に1年の半分が過ぎようとしている。
    ここら辺りで、競馬ライブハウス石山勝敏写真館の2015春G1メモリー写真集をまとめておくことも必要だろうと考えた。
    2015年春の、あの日あのときを振り返ってみるのも一興である。

    ≪2月:フェブラリーS:東京ダート1600m≫ 武豊 コパノリッキー
                   15フェブ.S コパノリッキー    15フェブ.S ゴール前

    ≪4月:桜花賞:阪神芝1600m≫ 岩田康誠 レッツゴードンキ
                   150412H11KI118.jpg    150412H11KI027.jpg

    ≪4月:皐月賞:中山芝2000m≫ M.デムーロ ドゥラメンテ
                   150419N11KI091.jpg    150419N11KI034.jpg    150419N11KI026.jpg

    ≪5月:春天皇賞:京都芝3200m≫ 横山典弘 ゴールドシップ
                   150503K11KI006.jpg   150503K11KI047.jpg   150503K11KI025.jpg
               

    ☆明日は、後半の第2部をお届けします。




    category: サラブレッド美の世界~by石山写真館

    CM: 0 TB: 0   

    2013秋 サラブレッド 美の世界 ~石山写真館 その② 

    <マイルCS 1600m京都競馬場> トウセンラー with 武豊
                         
                         131117K11 マイルCS トウセンラー2


             131117K11 マイルCS トウセンラー4       131117K11 マイルCS トウセンラー3


    <JC 2400m東京競馬場> ジェンティルドンナ with ライアン・ムーア

                          131124 JC③


              131124 JC③      131124 JC①


    <朝日杯JF 1600m中山競馬場> アジアエキスプレス with ライアン・ムーア


                           R1R9266.jpg

                R1R9282.jpg     R1R9592.jpg


    残念ながら、カメラマン石山勝敏は、今年の秋天皇賞を撮れなかった。この週に異常気象の影響からか出現した台風の影響で、撮影スケジュールが狂い、天皇賞当日に重なってしまったからだ。自らの眼や感性を信じて撮るカメラマンは、身一つの現実を背負うから、同時に2か所の別場所を写真によって証言することはできない。書き物なら、やろうとすればできるのだが・・・。だから写真の面白さはライブ感覚が命なのである。

    ざっとこの秋を振り返ってみると、心を高めて見守った熱い日々が甦ってくる。その自然にわき起こる熱きエネルギーこそが、フィナーレ有馬記念を勝ち取る原動力となるに違いない。少なくとも私はそう信じる。そう信じて止まない・・・。そうでなければ、競馬に戯れることができないじゃないか・・・。結果はともかく・・・。



    ※写真は全て石山写真館の提供です。興味のある方、額入り写真入手ご希望の方は、リンク先石山勝敏HPへどうぞ。

    category: サラブレッド美の世界~by石山写真館

    thread: 演劇的競馬論  -  janre: 学問・文化・芸術

    CM: 0 TB: 0   

    2013秋 サラブレッド 美の世界~石山写真館 その① 

    有馬記念を前に、2013年秋サラブレッド美の世界を展示いたします。
    写真は、全て「石山勝敏写真館」の提供です。(興味ある方は、リンク先石山勝敏HPへお願いします)

    写真を通して、この秋の新しい想い出に浸って下さいませ。




    <スプリンターズS 9月29日中山競馬場> ロードカナロア with 岩田康誠


                          13スプSphot by Kishiyama   


    2013スプS-photbykishiyama     2013スプリンターズS phot by KIshiyama     Kishiyama2013スプリンターズS表彰式photby



    <毎日王冠 10月6日東京競馬場>   エイシンフラッシュ with 福永祐一


                        2013毎日王冠エイシンフラッシュ

                        2013毎日王冠


    <秋華賞 10月10日京都競馬場>  メイショウマンボ with 武幸四郎


                        2013秋華賞③phot by Ishiyama


                2013秋華賞②phot by Ishiyama    2013秋華賞①photo by Ishiyama



    <菊花賞 10月17日京都競馬場>   エピファネイア with 福永祐一


                        131020K11KI084.jpg


          131020K11KI029.jpg   131020K11KI036.jpg    131020K11KI076.jpg



    ※「石山写真館」さらに続きます。

    category: サラブレッド美の世界~by石山写真館

    thread: 演劇的競馬論  -  janre: 学問・文化・芸術

    CM: 0 TB: 0   

    2013春G1 石山写真館~その③ 

    『桜花賞 C.デムーロ アユサン』


    130407Ki01.jpg   130407Ki02.jpg 春クラシック第1弾を決め打ったのは、落馬負傷した丸山元気から急遽乗り替わったC.デムーロ。2着に、兄M.デムーロを引き連れていた。思えばここから「兄弟」のキーワードが働き始めたのだ。


     『皐月賞 M.デムーロ ロゴタイプ』

    130417Ki01.jpg   ロゴタイプ とにかく切れて弾けたローエングリン産駒ロゴタイプ。新しい力の躍動を見た。その強さは、センセーショナルな驚きに満ちていた。M.デムーロの騎乗にも少しの隙もなく完璧だった。



    『天皇賞 蛯名正義 フェノーメノ』


    130429KI01.jpg   フェノーメノ内田博幸ゴールドシップが沈んだとき、浮上したのはこの馬だった。蛯名正義と武豊。競馬学校3期生同士の1・2着はいつ以来のことだったか。G1戦2着が続いた蛯名正義フェノーメノ。ようやくこのコンビに笑顔が浮かんだ。


    おまけにもう一つ。

    『フェブラリーS 浜中俊 グレープブランデー』

    130217KI01.jpg   グレープブランディまた栗東の安田厩舎から新しいスターが生まれた。騎手は去年リーディングジョッキーとなった若き浜中俊。豪快な追い込みだった。4月初旬、山元トレセン工藤厩舎にいた休養中のグレープブランデーの鼻づらを撫でてきたが、馬舎ではおっとりとしておとなしい馬で、どこからあの迫力ある追い込みが生まれるのか、不思議な気がした。


    2013春G1の闘いは、また多くのドラマを創って、後は明日の安田記念を残すのみである。いやもう一つ宝塚記念があるか。でも盛り上がる4月5月の気分は、どうしてもそこまでは続かない。

    今日からは、もう来年のダービーを目指す2歳戦が始まる。

    競馬の季節を追いかけると、以前に伊藤雄二元調教師ともつくづく語り合ったことがあるが、人生の時間が瞬く間に過ぎって行ってしまう。勿体ない気もするが、その分、逆に濃密でしかも鮮烈な想い出が積み重なって行くとも言えるのだ。競馬の時間というものは、おそらく想い出の余韻の中で長くゆっくりと味わうものなのかも知れない。たぶんそうなのだろう・・。



    ※写真家石山勝敏の公式HP www.ishiyamakatsutoshi.com/ です。北海道ユルリ島の野生馬から、アーティスティックなモノクロ作品までが楽しめます。ぜひ一度ご覧下さい。

    category: サラブレッド美の世界~by石山写真館

    thread: 演劇的競馬論  -  janre: 学問・文化・芸術

    CM: 0 TB: 0