Admin New entry Up load All archives

    Tsuruki Jun<鶴木遵>の原風景 《絶対零度》

    鶴木遵の本、新しい挑戦、趣味である競馬、将棋の駒、男の手料理、めだかやミジンコ飼育、犬猫のよもやま話、など四季折々に感じたことを発信していきます。

    卒業アルバム 

    2年前に関東でも起こった線状降水帯発生による洪水被害はまだ記憶に新しいが、それが今年、北九州や岐阜県辺りでも起こった。

    温暖化の影響なのか、地球規模での気象現象は、今大きく様相を変えているのだろう。治山治水のインフラ整備は、想像以上の変貌を遂げている状況に、過去の統計数値も役に立たず対処もできずにいるようだ。もはや頭を切り替えて発想しなければ、命も保証されない時代が到来しているのかも知れない・・・。

    カラッとした暑さならまだ我慢も効くが、ムッとするような湿気混じりの暑さは、ただただ肉体から元気を奪っていくようだ。

    何も手付かず状態で、それならばと断捨離の心で書棚の整理をしていて、一冊の卒業アルバムを見つけた。
    高校の卒業アルバムだった。


    ページを開けると最初に「江原記念講堂」の正面写真。続くページには、あのときの歴史的事件が写真の証言によって再現され、その後におよそ300名の同級生たちの顔写真が並んでいる。

    改めて今、見直すと、このアルバムを作った製作委員会有志の気高い情熱や、このアルバムの存在自体を許容した学園側の度量の大きさや、流れる自由の精神を十分に感じ取れるというものだ。

    DSCN2568.jpg

                  DSCN2566.jpg   DSCN2567.jpg   DSCN2569.jpg

    1970年3月から始まった全学集会を経て、4月、突如として現れたY理事長代行(確か旅館業経営者で教育者の資格はなかったと記憶している)による、それまでの自由な精神風土を無視した暴政を(学園資産の独断的売却なども噂されてもいた)、全学集会などの学園正常化を訴える抗議活動を通しながら、翌71年11月に学園生によって遂に打倒したリベラルな抵抗運動の記録でもある。
    71年10月から11月まで、理事長代行は学園をロックアウトして対抗した。学園に生徒を寄せつけない姿勢には、やはり教育者の姿勢はなかった。

    11月15日夕刻、校庭で行われた全学集会はエスカレートし、集う生徒たちに追い詰められたY代行は逃げるように退陣を確約し、翌16日、生物の吉川涼新校長がY代行の退陣発表をして、ようやく事態は収束に向かったのである。

    1年半以上も続いたY代行による力づくの強権的手法は、自由自主の(しかし選択した結果責任は自分自身が負うという厳粛な厳しさがあるのだが)精神風土にはいささかも根付かなかったのである。

    多感な10代のときに体験したこの光景は、実に印象的だった。代行側につく醜悪な教師も眼にしたし、生徒側と真剣に討論した良識ある教師の存在に安心もしたし、ロックアウトの強制的な休日を心の何処かで喜んでしまっている自分自身の愚かさをも知り得たものだった。

    自由な精神風土とは、何物にも拘束されない自分自身だけではなく、もっと大事なことは、相手が邪ではない限り他者の自由を保障・許容することでもある。

    私自身は未熟者だったから、そのことの本当の価値を体得するまでには、まだまだ時間が必要で、見せかけの自由を謳歌して人生を狂わせてしまったが(苦笑しかありません、ハイ)、おそらく10代の多感な時期にその本質を理解し得た優秀な男たちもいるだろう。

    そう言えば、今時の人になっている前川喜平は、高1から高2の時期にあの光景を体感した。少し前の時の人古賀茂明は中3から高1のときに体感している。

    おそらく彼らに共通する力に押さえつけられないある種意地っ張りな感性は、おそらく初々しい10代に体験した本物の自由な精神風土が大きく影響しているのだろう。
    そう思えてならない・・・。










    スポンサーサイト

    category: 異化する風景

    CM: 0 TB: 0   

    さわやかな才能~囲碁・大西龍平2段 

                         DSCN1104_201703090920456c0.jpg

    いつのときも新しい才能が、新しい感性を伴って出現する瞬間は楽しいものです。

    最近、囲碁・将棋チャンネル「竜星戦」を見ていて、まだ17歳の大西龍平2段の囲碁にそれを感じました。

    資料によれば、2000年3月14日生まれで、まもなく17歳。12歳で文部科学大臣杯少年少女全国大会に優勝し、中1のとき院生となり、2015年に入段。2年目の昨年、16歳6か月で第41期新人王戦を制覇しました。
    小5のときから2年余り韓国で武者修行をした強者です。

    彼の打つ碁のどこに魅かれたかというと、その指し手が不思議なほど観る者の「知性」に訴えかけてくるのです。それは、17歳を目前とする若い大西龍平が囲碁に持ち込んだ新しい感性ではないでしょうか。

    過去には、武宮正樹9段の「宇宙流」に象徴されるように、確かな世界レヴェルの感覚を持ち込んだ偉大な才能がありました。
    勿論、現在の頂点にある井山9段の深い読みに裏付けられた硬質な囲碁(おそらく山下・河野臨らの碁も同じ土俵にあるのでしょう)が主流派なのでしょうが、大西龍平にはそこにしなやかな柔らかさを感じます。それが彼の特徴になっていると、私には思えてならないのです。

    知に響く囲碁。それが面白くて、ここ最近「竜星戦」の大西龍平に注目して追っかけをやっています。

    その意味で、将棋界にも現れた若き新星・藤井聡太4段にも、その感性の在処に早く触れ合ってみたいものです。来季の順位戦が始まれば、その本当の価値も明らかになるでしょう。新しい才能を大きく伸ばすには、浄化された環境を大人たちが用意する必要があるでしょうが・・・。

    現在、大西龍平ら囲碁の若手たちの台頭が目につくのは、伸ばすだけの土壌と進取の心に満ちた環境があるのかも知れません。





    category: 異化する風景

    CM: 0 TB: 0   

    感想 

    臨時総会(朝日新聞デジタル版より)

    2月27日。午後1時過ぎ。
    東京・千駄ヶ谷「日本将棋連盟」にて、正会員による臨時総会が始まった。

    午後4時半過ぎに流れた「常務理事解任決議」の結果は、現職理事3名の解任、2名の信任というものだった。
    午後5時10分頃からは、決議の結果を踏まえての会長記者会見が行われた。

    NHKの「しぶ5時」に始まって、このニュースは、TVのみならず新聞各紙やネットメディアから全国に流されたのである。

    多くの将棋ファンの義憤の心は、まだ将棋村に少しばかりの良心が残っていたことに安心感を得て、ホッとしたというのが実情だろう。

    でも、これからのことを思えば、これはようやく始まった最初の1歩に過ぎないのだ。「そもそも何故?」といまだに多くの謎が解明されずにある竜王戦挑戦者交代劇が、5か月も経って、真相に近づく契機を得た。しかし、何を目指してどのようにするかは、まだ何も決まってはいない。正会員が一致して了承できる、速やかなルール作りや倫理規定の制定が成されなければ、同じような問題はいつかどこかで繰り返されるだろうからだ。

    1票を有する正会員にとっては、今回の経験は大きなものだったろう。問題意識を集団で共有すれば、民主主義は独裁権力に勝てるし、主権者であれば逆に理事や会長であっても解任できる権力を持っていると確かめられたからである。

    選ぶ自由と選ばれる自由、選ぶ責任と選ばれる責任の、「なあなあ」にすまさない緊張関係があるからこそ全体の組織が機能するのだ。その意味では、今回の臨時総会は、村の三役が偉そうに支配していた将棋村にとっては、権力構造を変える出来事であったと言うべきだろう。

    もうひとつ、大きな教訓も得た。その場しのぎの「小さな嘘」が積み重なると、やがて時間が経てば「小さな嘘」をつく者はみごとに論理破綻に陥るということだ。方便は戦略があるが、その場しのぎの都合の良い嘘には戦略などないからである。

    事ここに至っても、まだ徒党を組んで「小さな嘘」を重ねて塗りたくろうとしている「裸の王様」のような現役棋士もいるようだが、おそらく今回芽生えたこの新しい流れを見ると、遅かれ早かれ自分自身が「裸」であることを思い知らされるのだろう。
    そのときは権力を振りかざした誤った判断で犠牲者を作った辞任・解任の理事たちの最終責任が問われるときでもある。

    たぶんそのとき初めて、昨秋からの異常事態が収束に向かうのだろう。その日の到来を待ちたい。

                            臨時総会結果




    category: 異化する風景

    CM: 0 TB: 0   

    そう言えば・・・ 

    錦旗 yosisinn

    そう言えばと、ふと思い起こしたことがある。

    あれは、昨年11月下旬のことだった。
    たまたま一緒になった、とある棋界関係者に、すでに訝しい騒動となっていた竜王戦対局者交代劇について質問したのである。
    「それにしても今何が起こっているんですか?」と。

    そのとき私は、つい先日に指宿「白水館」で行われた竜王戦第4局のときのエピソードを聴いていたのだ。心ならずも挑戦者の役を引き受けた丸山九段が、うな重とチャーシュー5枚入りのラーメンを同時に昼食にしたあの第4局の対局のときである。

    あのときどこかの酒席で、某連盟理事と某新聞将棋担当者が酔った勢いなのか人目につく口論となったこと。
    また長年棋界に関わって来たその担当者は、配置換えで某新聞の将棋担当を外されたらしいこと。

    私は、それほど詳しく内部情報を知る立場ではなかったので、そのときはまるで触角が働かず、
    「まあ、経験で言えば、一人前の担当記者を育てるのには、それなりの時間と経験が必要なので、それはもったいないことですよねぇ・・・」
    などと頓珍漢な答えをして、その背景にある重大性には少しも気づかなかった・・・。


    今日2月13日は、三浦九段の復帰初戦である。

    竜王戦1組の対羽生戦。4か月ぶりの対局の健闘を念じながら、ふとこんなやり取りがあったことを想い出してしまった。
    自分自身のピント外れを恥ずかしむと共に、すでに第3者委員会が動き始めて何らかの結論を持つに至っていただろうこの時期には、ひょっとしたら加害者側のある種の内部分裂が始まっていたのだと考えると、偶然聞いてしまった「事の重大性」が改めて浮かび上がってくる。

    何かを仕掛けた側にとっては、この第4局は運命を決めた「呪われた対局」だったのかも知れない・・・。







    category: 異化する風景

    CM: 0 TB: 0   

    進展 

    DSCN1268.jpg


    将棋界のここしばらくの運命を決めようとする2月6日が過ぎた。

    結果は、新会長に佐藤康光九段が、関西から井上慶太八段が常務理事に選出され、同時に千駄ヶ谷28士によるこれまでの常務理事解任決議案が請求され、改めて2月27日に正会員による臨時総会が開かれる運びとなった。

    翌7日には、これまで公開の場所には姿を現していなかった三浦九段が将棋連盟を訪れ、晴れて記者会見を行ってこの4か月の心の内を語り、同時に同九段が特集された取材記事が、<「どうしても言いたいことがある」 三浦九段が初めて語った騒動の内幕>というタイトルでIRONNNA編集部によるネット記事として配信され、夕刻からは将棋連盟での記者会見の様子も映像で配信されもした。
    深夜には、3か月も沈黙を保っていた渡辺明九段自身のブログさえも、新しく更新されもした。

    三浦九段復活の進行が、2月13日の竜王戦1組の対羽生戦を前に、表向きにはいっきに加速し始めた様相である。新会長の意向が反映されたのだろう。

    記者会見では、許せない相手として、K観戦記者の名が三浦九段の口から名指しで上げられもした。実は数年前に私は、神楽坂でK記者と一夜の酒席を共にしたことがある。そのときの印象では、ある種の熱情と正義感を持って、きちんと仕事をしようとする意志がみられ、私自身は後ろめたさを隠した書き手とは、少しも思えなかった。だからその後は、タイトル戦の中継などで、彼の風貌を見る度に、励んで観戦記者の道を突き進んでいるのだなと感心していたのだった。その彼が「黒幕」として名指しされるとは、意外という以外にないのだが・・・。

    昨年の夏から彼に何が起こっていたのかは、部外者である私には知る由もないが、初対面の印象と今回の名指し批判との落差には、何かもどかしいショックを受けたのも事実である。

    まだまだ真相を知るには、今少し慎重に事態を見守るべきなのかも知れない。

    桜の咲く頃には・・という心境だ。

    それにしても・・・・。





    category: 異化する風景

    CM: 0 TB: 0