Admin New entry Up load All archives

    Tsuruki Jun<鶴木遵>の原風景 《絶対零度》

    鶴木遵の本、新しい挑戦、趣味である競馬、将棋の駒、男の手料理、めだかやミジンコ飼育、犬猫のよもやま話、など四季折々に感じたことを発信していきます。

    囲碁将棋チャンネルと将棋連盟HP 

    由進作 勝運駒

    最近TV画面で見るのは、スカイパーフェクトTVの2つのチャンネルだけのことが多い。

    民放TVなど、ああでもないこうでもないと相撲界の話や半島関連の話を聴き疲れてしまっているからだ。

    だから結局は、GC(グリーンチャンネル)と囲碁将棋チャンネルを眺めてしまうのだ。深夜に、ベッドの中で布団にくるまりながら、竜星戦や銀河戦の再放送をかけっ放しにして、そのまま眠ってしまうこともあり、家族からは怒られている。いや、もう諦められているのだろうか。

    その放送の中で、例えば将棋には「めざせプロ棋士」という番組がある。棋士になるための最終関門となる奨励会3段リーグの対局を解説付きで見られるのだ。

    何度も見ていると、だんだん判ってくる。3段ともなると、ほぼ全ての戦型(相掛り、横歩取り、角換わり、矢倉、各種振り飛車等々)を身体で理解してみなが勝負に挑んでいる。

    半期に2名がプロになることを許される現場で、そんな彼らが、最終最後に何を試されているのかと思うと、実に興味深い。

    あるとき、ふと思った。最終段階にある彼らは、最後の関所で将棋の強さだけを試されているのだろうか?と。

    すぐさま私は「いや、たぶんそうじゃない」と、否定した。
    確かに強さや切れ味は、必要条件である。日々精進して積み重ねて来たものの集大成が強さだとすれば、3段ともなれば強さの発揮は当然だろう。
    しかし強い彼らが最後に試されるのは、そのことだけじゃないのではないか?半年に2名がプロ棋士として選ばれるシステムを考えれば、最終関門を何とか通過した若い彼らが、それからの10年20年30年を棋士として日々戦い抜くだけの「勝負師としての粘り」
    「勝負師として生きるための粘着力」あるいは「棋士であるための覚悟」といったようなものを、おそらく最後に問われているのではないだろうか?強さだけではない粘りの心が、棋士となるための十分条件で、それらを合わせなければ、プロ棋士は誕生しないのだろう。

    どんなジャンルでも勝負師たるものの勝負強さとは、技術と素質に裏付けられた切れ味と、簡単には諦めない忍耐の粘り強さであることは理解できる。
    石の上にも3年というが、粘りの人生の中で、ある瞬間に閃いて最善手となる妙手を見つけることは多いものだ。生き抜くということはそういうものなのだろう。

    そんなこんなを、TV画面から見抜きだして、今日も囲碁将棋チャンネルやGCを眺めている。

    ただ、見ていて見苦しく感じることもある。晴れて最終関門を突破して棋士となった彼らが、わずか数年のうちに解説者として登場する。と、聞き手である女流棋士が「先生」と呼ぶ。まだ○○4段や✕✕5段でいいのではないか?「先生」などと浮ついた言葉で呼ばれるのは、タイトルホルダーか、熟年以上の年齢の8段9段でいい。段位で呼ばれることこそ、彼らに対する尊称ではないのか?

    まだある。聞き手役であるのに、解説までしゃしゃり出てくる自己顕示欲の強い女流棋士ら。TVに出演する以上、聞き手に徹してエンターテイメントをして欲しいものだ。

    まだまだある。これは将棋連盟のHP。「本日の対局」や「対局結果」「対局予定」に棋士の顔写真が使われているが、これがLPSA所属の女流棋士やアマチュアだと同一画像にして写真は無し。奨励会3段も同じ扱いだ。身近に顔を知ることでファンは親近感を抱いて応援できるものなのに、いまだ改善する気配もなし。あまりにも失礼この上ない話だ。

    紫綬褒章に国民栄誉賞、新永世竜王誕生に、中学生棋士の世間を賑わす大活躍。去年の今頃の暗さからすると、せっかく明るい朝日が注いでいるのに、いまだに傍若無人な失礼さが闊歩している。いや鈍感さが体質なのかも知れない・・・。




    スポンサーサイト

    category: 異化する風景

    CM: 0 TB: 0   

    師走に思うこと 

    sakura3.jpg

    早くも師走。
    2017年もあと1ヶ月。何かを成した事実もないし、相も変わらずその日暮らしで、時間は追い立てるように過ぎていく。手をこまねいていて、気づけば1年が過ぎている感覚。生きている残り時間はそれほどないのに、抗う術もないようだ。黄昏に包まれて、ただただ儚い未来を前にして今日の危うい時間を綱渡りしている。危ういと言えば危うい・・・。

    世を見渡せば、20歳そこそこの若者が、50年後の年金受給者たることをを強いられ縛られている。国家財政の都合だ。若かりし者にとって、50年後のことなど想定すらできないのにだ。私もそうだった。

    10代後半から20代は、それこそその後の自分の人生を考え、大いに迷い惑う時間だと思う。20歳そこそこで、お前はこういう生き方をせよと、国家のタイムスケジュールで迫られる社会なんて、ある種異常な状況なのではないか?せめて30歳までは考えるモラトリアムの時間が許容されるべきだろう。

    若いうちだからからこそ、失敗も教訓としてやがてに活かせるのに、国が決めたタイムスケジュールに外れたらもはやチャンスはないと、経済的にも締め付けられるのは、どう考えてもおかしい。

    高校を卒業して、例えばケーキ職人になりたいと専門学校に入学して資格を得ようとしてみても、やってみなければ、それが本当にやりたいことか、自分にとって本当にやり抜けることなのかは判らないものだ。でも気づいたときには、すでに高額な入学金や授業料なるものが背負わされてしまっている。職人型職業は、実は専門学校の教育より、実務経験値の評価を重要視すべきだろう。

    大学の専攻にしても、現在のように様々に多様化した学部があれば、何をどう学んでどうしようかなどとは、受験期の時間の中では正しく見極めることも大変だ。

    現在のように、教育の形をとって、それをピンからキリまである教育産業の稼ぎのネタにするようなシステムでは、本人がやっと適性を考えて他の道に転身しようとしても、すでにそのときには高額な返済型奨学金などに縛られて身動きすることさえできなくなってしまっているのではないだろうか?どう考えても、こんな若者の現実はおかしい。

    多くの進学校や予備校のシステムにしても、受験技術が金で買える方法論が主流となっている。要領を金を支払って買う者が優遇されている。本来の学問は、その発想力や創造力も想像力も、自力で身に着けて武装していくことでしか身にならないのにである。だからそんな社会では、出世する人間が実に薄っぺらく深味や重厚感など微塵も伺えないのだ。要領だけが巧みな歪感が無作法に不快感を伴って発散されることになる。

    思えば、国公立大学の授業料は、1970年代半ばまでは月額3000円だった。早稲田だって文科系なら月額10000円ほどだった。
    それでも大学側が授業料値上げを強権で実行しようとすれば、学生たちは体を張って抵抗を見せたものである。

    その後、ある時点から「行政サービスは有料化する」という方針が許容され、決定的には「ゆとり教育」という名の教育産業保護政策が実践されて現在に至っている。ゆとり教育というのは、週休2日のゆとりの時間にせっせと予備校通いでお金を使えという実態となったのがお笑いである。(ただこれは私の記憶だから、今となっては多少曖昧だが・・)

    結局、全ての出来事は、20代の若者から夢と冒険の自由を奪い、経済的支配の実効化が企まれていったのだ。

    20代の時間こそ、おおいに失敗し、挫けず何度もチャレンジして、本当にやりたいことを掴み切る燃えるような初夏の季節だろう。
    大志を抱いて飛躍に備える時間ともいえる。羨ましいほどに活力に漲った躍動感ある時間なのだ。

    今は、暗く凍えるような忙しい師走を迎えたが、若い力はその満ち溢れるエネルギーで、常に初夏から真夏を生きて欲しいと願うのだが、どうだろう・・・。





    category: 異化する風景

    CM: 2 TB: 0   

    第6感の重要性 

             DSCN0371.jpg(勝負感も知に基づいた第6感である) 絵:N.Akira
     
    人には、閃いて働く「第6感」がある。

    感覚には、視覚、嗅覚、触角、味覚、聴覚を指して「5感」の感覚があるが、それらが機能して働くとある一瞬に、人はある種の動物的本能で「第6感」を機能させるのだ。

    そのためには「5感」を駆使する普段の訓練が必要となる。おそらくそれは、鍛え抜かれたた忍者が皮膚で感じる気配のようなものでもある。

    こんな風にも言えるかも知れない。例えばアスリートがグランドですばらしいファインプレーを実現する瞬間。狙ってやれることではなく、気がついたときには肉体が反射的に動いて、できてしまっていたという結果が後から実感できるような瞬間だ。

    「5感」を鋭く機能させる日常鍛錬がそんなファインプレーを支える。

    現代人は、おそらく「5感」を動物的に働かせる前に、何気なく指先を動かして便利に(しかし動物的には明らかに退化であろう)目先の情報を得てしまっている。時間は節約できるのだろうが、何か大事なものをおろそかにしてしまっているのではないか?

    例えば道に迷って、今自分がどこにいるのか判らなくなってしまっているとき、その問題を即座に解決するには、スマホで地図や現在位置情報を探ればいいのだろうが、敢えて迷いながらも自力で解決してみることに意味はあるのだ。時間と太陽の位置から方角を探ってみることなどから、解決の道は開けていくだろう。

    もし無人島に行ってサバイバル生活を始めるとなったとき、あるいは戦火で焼け出されて難民生活となったときなど、補充電源が失われた1台のスマホより、1本のナイフの方が頼りになるに違いない。
    そんなときは、生半可な情報より、水の在処や食べられるものかどうかの動物的判断の方が有効だ。

    洗濯機の実現は社会的に大きな貢献をしたとは思うが、ボタンのプッシュ操作一つで何でも実現できるような文化的生活は人間の退化を早めるものになると思えてならない。センサーを頼りにする自動運転、自動ブレーキの車も然りだ。

    アナログ人間種族かデジタル種族かの違いは、機械は壊れるものと予知するか、機械の安全神話を信仰するかの違いだろう。

    私自身は、機械はいつか必ず劣化して壊れるとしか思えないので、アナログ種族である。
    でもだからこそ、人の「第6感」の重要性を理解している自負を抱いている。





    category: 異化する風景

    CM: 0 TB: 0   

    「名を捨てて実を取る」ということ 

    由進作 勝運駒 勝つか負けるか?

    最初は、目標実現のための大まかなる「大同団結」かと思った。

    分断された細かな固まりが、とりあえずひとつに固まって、より大きな集合体となる。後のことは、固まった中で徐々に整理整頓していけばいい。最初から前提の条件闘争にはやる教条主義には、発展性はない。おおらかな懐の深さこそが、集団を強化しより大きな人々の固まりとなることを保証するのだが、やはりそのことを理解する度量は伺い知れなかった。

    止揚(アウフヘーベン)という言葉が使われたが、私のつたない学習経験だと、止揚とは、確か弁証法的には、AとBという対立する軸が、真摯な議論によってCという新たなパラダイムに発展するという作用のことである。対立を抱え込まなければ、そもそもアウフヘーベンすらできないのだ。

    そう考えていくと、どこやらの女性新代表は、(レヴェルの低い取り巻きを含めて)すでに排除の論理で限界を示してしまっているし、それなりの資金と数を持っていたはずのどこやらの男性代表は、かつて偽メール事件でそうであったことを再現するかのように、またも詰めの甘さを吐露してしまった。「名を捨てて実を取る」前に「名も捨てて実も母屋も取られてしまう」状態になっている。嘆かわしいものだ。

    今回の喜劇の裏側を勝手に妄想推測すれば、それなりに浮かび上がってくることがある。どこやらの何とか会議が、モリ・カケ私物化首相のやがての失脚に保険をかけるように、結果的に野党第一党を解体・乗っ取りの形で女性新代表の作った新しいグループに肩入れを図ったと考えると、様々なことが納得されるのだが、果たして真実はどこにあるのか?山暮らしの中では、遠い永田町の景色の実態は見えず、勝手に想像を逞しくするしかない・・・。

    アッ、今、気づいたのだが、そうだ、自然と同化する今の私には、摩擦を呼ぶ対立軸が(自分の心の思いと置かれた現実以外には)生まれ得ないので、結果的に私は社会的にはアウフヘーベンしない奴になってしまっているのだ。まあ、それはそれで良しとするしかないのだが・・・。







    category: 異化する風景

    CM: 0 TB: 0   

    8月26日 落語協会特選「桂文生独演会」~池袋演芸場 

    DSCN2617.jpg     DSCN2618.jpg

    8月26日 午後6時から「桂文生独演会」が始まった。満席で通路にまで折りたたみ椅子が並び尽くした。

    開口1番は、前座・一猿の「寿限無」。

    次に、2番弟子(いや文生一門には、もう一人同じころに弟子になった文ぶんがいるから、正確には3番弟子か)文雀の「尼寺の怪」。
    暑気払いにみんなが集まって怖い話をし合って、ゾクゾクとしないような話だったら、みんなにたらふくの酒をおごらなければならないことになった若い魚屋が、和尚さんからその昔の怖かった尼寺での話のネタを聞きつけて、これならいけるとみんなの前で披露して、結局はこけてしまう噺だ。

    そして中入り前の文生最初の登場となる。
    待ってましたとばかりに、客席の拍手の音が増し、「転宅」が、酒の噺やあまり飲めない小三治の話題を枕にして始まる。
    以前に太夫だった妾宅に忍び込んだ間抜けな泥棒が、逆に妾となった太夫に財布の中身をからにされてしまうという噺。
    下げに向かう頃には、文生の明るいフラのある顔が、間抜けな泥棒の顔と一緒になってしまう感覚になってくるのが不思議だ。

    そして15分ほどの仲入り休憩。

    1番弟子扇生の「千両みかん」。
    真夏に、艶々しくしかもみずみずしく薫り高いみかんに恋して、ひどい恋煩いに堕ちた若旦那を助けようと、一肌脱いで真夏にみかんを探して奮闘する番頭の悪戦苦闘の噺だ。

    ここまで噺を聞き終えて、ふと私は思った。文生は、自然と顔全体の筋肉を使いこなして、あの飄々とした特有のフラのある表情を作っているのだと。
    そう思うと、前座・一猿は、まだまだ少しも眼元の楽し気な表情を浮かべる余裕のないのが判るし、すでに相当の実力を備える文雀や扇生にしても、もしそのことに気づいて実行してみたなら、さらに色気や艶が漲ってくるのになと感じた。

    文雀は眼尻の表情は使えているが、眼元の筋肉の表情をまだ使い切ってはいない。眼尻ではなく眼元の表情がまだもうひとつかたくなな印象で、そこに文雀自身の自負や自我が意志が漂っている。ここを自然体で崩してしまったら、さらに数段化ける可能性を感じた。ついでに言うなら手先の説明がうるさい部分もある。力のある芸人だけに、ぜひともドーンと構えて欲しいものだ。

    扇生は、江戸の端正な職人の風情を自然と持ち備えている。これは武器だ。この武器を生かす形で、時にメリハリのある大きな目の表情を効果的に作って巧みに間合い(客との駆け引き)を図ったなら、観客はその端正な扇生自身とのギャップにより引き込まれて、古き良き江戸の噺家の味わいをもっと堪能していくだろう。

    おそらく仲入りの間に、文生はなみなみと注がれたコップ酒を1・2杯豪快にあおったのではないか?
    そう思えてならないほど、文生の「一人酒盛」は名人芸に満ち溢れていた。

    とっておきの良い酒は、良い酒だからこそ舌で舐めるのではなく、ゴクゴクと飲み干して喉で味わうのが酒飲みの嗜みと思い知らされた観客は多かったろう。

    自分自身の酒の強さを、ある意味処世の術としてまで活かしきって、先人の名人芸の噺家たちから可愛がられもしてきた文生の、凄味ある噺を聴いた感がある。

    この夜の文生は、かつての名作漫画「寄席芸人伝」の主役キャラを演じられるほどの世界を披露した。

    「(酒の飲めない)留の奴は、酒癖が悪い」と下げを決めたとき、文生に対して、観客席の後方からワーッと歓声が上がった。

    78歳の文生を、池袋に集った観客たちが、まるでアイドルのように迎え入れた瞬間だった。
    芸の力が場内を圧倒したと言えるのかも知れない・・・。






    category: 異化する風景

    CM: 0 TB: 0